蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

週末のラガルトでいつも考えてる

土・日曜日は東京からセイカさんの家族全員が来てくれた。
倉敷、笠岡と展示を見たり観光に出かけたり。その間、僕がラガルト担当!

土は、いつもより早く倉敷へ。
備前焼の太田弘君の初個展と、金工の佐故龍平くんの個展を観に行ったり。
それから定時にラガルトオープン。

日も、いつもより早く倉敷へ。
大原美術館と有隣荘に「大原孫三郎 日本美術への眼差し」と「大原BEST」を観に行った。
それから定時にラガルトオープン。
こうして展示鑑賞に奔走する時期は滅多にない。楽しもう。そして本を読もう。

すでに美術館の個展を観て、あらためてラガルトに来てくれる人や
美術館から壁画「感覚サレルベキモノ」を経由してラガルトへ寄ってくれる人。
両日、そんなお客さんとゆっくり話が出来て楽しかった。



いままでも僕の展示を観てくれている人からは、
「今回の展示はむつかしいねぇ。龍三くんらしい展示が出来てない。」
照明にフェーダーすら無い状況での展示に、そんな労いを含んだ意見も多く頂く。
今回のような状況は初めて。ただただスマンとしか言いようが無い。

毎日考えただけで恥ずかしくて汗が出る。

美術館では照明電源はカットイン・カットアウト。広角に照らす照明のみ。
打ち合わせすらしてもらえないので、こちらから機材持ち込みも無し。

当初の目的のように作品群を博物館的に全体をしっかり見せながら陰影を浮き立たせるような展示。
シンプルに見せるための工夫もたくさん考えてたけど・・・殺されるしかなかったのかなあ。
ただ、この数を年代順に並べるようなことは、少なくとも県内ではもうやらないだろう。
作品数は多くても、昔からこだわり続けてきた「展示して人に見せる」という行為は
集大成どころか10代の自分にも及ばなかった気がする。
なんて風に、時々ナーバスになるんよね。反省してる。

これらは今の僕の問題。作品たちは悪くない。
その時その時の僕を表現しようと真っ直ぐに立ってる。ありがとー。

高校生の時から自分の作品の展示と言えば、飯すら食わず会場に張り付いて遠くから眺めてた。
以来、個展ではずっとそうして次の制作・展示方法を学んでた。
今回は会場に行くことすら、ほとんど無い。


けど、悔いも無く最後の仕事にする決心がついた。 何よりもそれが良かった!
[PR]
by ryuzo3net | 2010-11-07 23:20 | ギャラリー・ラガルト | Comments(2)
Commented by oimino at 2010-11-09 00:46 x
とてもわかります。今回わたしは今までの作品直接見れたことと、せいかさんにお話して頂いたりとても忘れられない日になりました。
作品それぞれでもわたしには圧巻でした、あっこれは『ryuzoさんの展示』見ねばなあ! とひとりで想像して楽しかったです。
ぜひまた見させてください。ありがとうございました。
Commented by ryuzo3net at 2010-11-09 21:10
oiminoさん、楽しんでもらえて良かった。
こちらこそありがとう!


これからも作品を作り続けようと思っているので
また、見てやって下さいまし!