蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

変化

◎3/11の整理整頓。
足踏み式オルガン、ばらばらのマット、2色のトレーニングパンツ、膨らむ地球儀

思わぬ報酬は、前から欲しかった怪獣のウンチのような塊。
鮮やかで透明なウンチも。光るものが好きなカラスの気分。


◎3/12の整理整頓。
真空管付の礼拝堂、ジェラルミンなタンス、ドアベルNo.6543、白鳥座の憎いあンちくしょう

2日間、想像以上の大きな変化だ。2人を電話で呼び出すことに。


◎3/13、ブラジル、べびいどおる、パッキン、5人で玉島界隈
b0052471_19151652.jpg
今朝は少し疲れか声枯れてる。

加瀬野さんに見せてもらった沙美海濱院のポストカードの写真を
青いクレヨンで80cmほどに拡大して写し取った。下は描きはじめ頃の写真。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-03-13 19:29 | 玉島マチヲ | Comments(0)

まず、同じサイズの額20個

今日は蔵に復帰、6号で作業。


最近描いているもののなかでは特に小さい平面の額(長辺41cmくらい)作り。
僕は数字にめっぽう弱いから、大ちゃんに計算してもらってテキパキ作業。
ひとつふたつ作ることはなんてことないのだけれど、
同じサイズの額を20個とかは、大ちゃんもはじめてという。

さいたまの会場で廃棄予定だった垂木を製材。
手間はかかったけど見違える額材として生まれ変わった。
大ちゃんもこういう材の使い方が上手いもんだ。

思いのほか短時間で面倒臭い部材製作は完了。
第一段階の希望個数に達した。あとは一つずつ丁寧に。

まだまだ描いた絵がたくさんあるから、追いつかない(今夜も増やすし)
けど、ひさびさの額作り楽しかったなあ。
b0052471_18234144.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-03-08 18:33 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

陶片集めてぶらり

高原さんが、プライベートビーチで陶片拾い集めてぶらり。
良いなぁ、そんな風な遊びに出かけてみたいなぁと思うこの数日だった。
プラス、セイカさんからの刺激物によって「描けばいいじゃん!」となるわけ。

今日の僕は、アトリエのテーブルの上で、ひとり陶片を集めてぶらり。
b0052471_19371828.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-03-07 19:30 | 玉島マチヲ | Comments(0)

10年アモリータ

夜、セイカさんと待ち合わせ髙田さんの工房へ。
髙田家の結婚10周年(3月3日)を祝い、髙田さんが尚子さんにサプライズパーリィ。

この機会に、尚子さんの肖像画を描きたいという髙田さんのお手伝いをするべく、
先週3時間限定で「KKK (川埜絵画教室の略)」を開設。
描くときに「写真を見るな!絵を見るな!目を閉じろ!」という僕の指導に耐え、
考える暇さえなく、思いを画面にぶちまけた陶芸家の髙田さん。
最後は、尚子さんの好きな色の服にAMORITA(バナナのブランド)をペタリ。

真っ先に子供たちが絵を見て喜んでいる姿に、僕も嬉しくなった。
絵ってすげーなぁと、こんなに気持ちが相手に届けられるものなんだなぁと改めて思った。
b0052471_12413593.jpg
バーベキューや鍋料理やパスタ、手作りのお祝い料理の品々、集まったみんなの手作りのプレゼントたち。髙田さん、尚子さんおめでとう。これからも良い日が続きそうだ。
b0052471_1241455.jpg


「玉島中央町界隈散歩」 2017-03-04 →→→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26698885/
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-03-04 23:41 | その他 | Comments(0)

玉島中央町界隈散歩

フラフラと玉島を歩く。
徒歩での玉島中央町界隈の感覚が少しつかめてきたら、
思いもよらない細い道、路地からの出入りがこれまでより気になり始めた。

なにかあるかな、と思うものの、この1日何があるか分からない。
予定を立てないでいることは、期日を避けてるわけじゃなくて予定が立たないことをしたいから。経験などほとんど要らんな。ひとりで歩けば歩くほどに自分の基準で興味が止まらなくて時間もかかる。過去のプロジェクトもそうだけど、サガ。本日も発見アリ。
b0052471_22105374.jpg

b0052471_22141549.jpg
夕方、カセノさんとフジサワさん2人の環境の異なる海話が面白かった。
ラガルト終わりのセイカさんと待ち合わせて髙田さんの工房へ。

「10年アモリータ」 2017-03-04 →→→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26702453/
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-03-04 19:09 | 玉島マチヲ | Comments(0)

室内となったアトリエで

起き抜けからハギオさん、セイカさん口を揃えてムッシュ。
そうなんだ・・「どうにかなるさ」聴きながら始まった本日の制作。

今日はここまで。まだまだ時間かかりそうだ。
今度、これを図案化してセイカさんに刺繍してもらうとか、もらわないとか。
b0052471_22282844.jpg
そうして、今夜は暖かい。
10月後半から使ってたアトリエ、ついに半屋外から室内になった(祝!)。
壁がある場所で絵が描ける、これが何て新鮮なことか!(もちろん屋根もある!)
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-03-02 22:36 | 玉島マチヲ | Comments(0)

ブラジルとフェイスカバー

今日は、パウハウスチームと髙田さんと玉島玉屋待ち合わせ。
作業を終え、社長と髙田さんとフラフラ散策。

銀座がアチコチにあるように、昔はブラジルもアチコチにあったということ。

書体がいい。
b0052471_22431280.jpg
レースと考えていたのにしっくりこなくて、
考えてなかったフェイスカバーがピタリと。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-27 22:52 | 玉島マチヲ | Comments(0)

1950年6月5日 Stasia Kos

オレンジハイムにストックした材料を使いたくて準備した横110cmほどの絵。
 
明日試すのを楽しみに、ダンボールに挟んだら本日は終了。
直感で手にしたものに、後から興味がわいてくる毎日。

( ↓ 部分)
b0052471_0183590.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-26 23:18 | 玉島マチヲ | Comments(0)

無職日和

パウハウスで昨日刷ったものが、翌朝には大月さんの手で
小さな作品たちになっているのをラボで眺めてから、高原さん家に出発。

道中、僕たち3人は少し気が散って、素敵なクマやバットやナベと出会ったりした。
b0052471_12292776.jpg
女性たちは前回とは違う方法で、味噌作り。
男たちは唾など不要な菌を飛ばさぬよう、少し離れて日向ぼっこ。
b0052471_02847.jpg
ヒマコさんのお稲荷さんが美味しい。
次にせまってる季節の食べ物の収穫時期を確認しながら、
なんて良い無職日和なんだろう。

薪を積んで、マエストロのワンダーランドへ移動。
b0052471_022036.jpg
この朝に出来たばかりという卓球台。壁に立てても立派な現代美術の顔をしている。
足元の木組も天板の勢いも、「こうでないといかん!」というカッコ良さ。
さすがマエストロというしかない。僕は興奮して下し立ての靴をドロドロにしてしまった。

夕食はフキノトウをたくさん積んで、アカリコ亭で天ぷら。
積みたてのヨモギやカラスノエンドウのテンプラも美味い。
b0052471_0225474.jpg

無職たち、これからもっと面白くなるよ。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-24 23:58 | お勧め等々 | Comments(0)

あたらしいプロジェクトには、あたらしいTシャツ

今日は児島のパウハウスへ。

IDEA R LAB の大月さんと新しい作品に取り組んだ。
版画用に昨年から塗っている平面や布に刷る。
b0052471_105653100.jpg
石川社長一家が入れ替わりながら作業場をのぞきに来てくれる。
社長には、イメージを形にしたり出来たものをすぐに展示出来る環境を与えてもらっていることに感謝しながら、今年はどれだけのモノを作れるか自分を追い込んでみたいと思う。
b0052471_10574381.jpg
撮影:大月さん(&アカリコちゃん)

セイカさん、アカリコちゃんも炉の周り大忙しでした。

そして、あたらしいシャツを刷る。みんな大笑い。
この作業というか、儀式というか。あたらしいプロジェクトには、あたらしいシャツが要る。

マチヲ

表裏、ある人物の苗字と名前が書いてあるだけ。
b0052471_10575437.jpg
撮影:セイカさん

帰りに大月さんと3人、ニューリンデンで夕食。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-23 22:56 | 玉島マチヲ | Comments(0)

玉島土産、ゾウとソウコ2

近頃、眠りも深くなっているようで、たまに変な時間に目が覚める。
今日は午前3時23分。就寝から1時間半で、かなりパッチリ覚めてる。
布団の中で少し我慢して3時50分、眠れず、絵を描きたくなって起きる。

作業着に着替えて、アトリエに入って、戸を閉めた後で気が付いた。
外からロックがかかってしまって、セイカさんが起きるまで僕は部屋から出れなくなった。
そんなこともあるさ、と思いながら絵を描くものの、ほぼ外だから寒かったな。

これはこれで、良い時間を重ねられた。
眩しいくらいの朝にセイカさんとも笑えたしな。
b0052471_22231174.jpg

b0052471_22182026.jpg
美術全集の中身を使い切ったあと、表紙には玉島のとある倉庫、同じものを2つ描いてみた。色を変えただけでどこの倉庫か分からなくなるものだ。真ん中の、頁を破った跡が気に入ってる。(↓写真、絵の表裏)
b0052471_22183553.jpg


玉島土産、ゾウとソウコ1 →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26667800/
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-21 22:45 | 玉島マチヲ | Comments(0)

玉島土産、ゾウとソウコ1

今日描きはじめたモノたち。
ここ数日の都合上、コンパクトな大きさ。
象が3匹、倉庫が2つ。これら、ぜんぶ玉島土産。

脚立の上には、乾燥待ち時間に絵の具を走らせ続けてる20枚。
b0052471_2301174.jpg
夜は、あたらしいプロジェクトのロゴの準備。

玉島土産、ゾウとソウコ2 →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26670138/
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-20 23:07 | 玉島マチヲ | Comments(0)

ウェークエンド玉島

玉島での週末。
滞在中、常に学ぶことが多い。毎回違うアプローチで自分勝手な出会いが続く。
そんな最中の、大月さんから届いた新鮮な魚情報が可笑しい。
b0052471_22245055.jpg

b0052471_2228298.jpg
週末のアトリエからの眺め。
今週は、社長一家と玉島、玉屋で過ごせたことも良かった。

想像したものは出来てしまうから、想像する前の欲求と瞬発力で。
とにかく作らないと、描かないと。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-19 22:31 | 玉島マチヲ | Comments(0)

MEN'S WEAR

昨日、玉島で見ていた看板。
2階くらいの少し高いところに在った。
店は無かったんじゃないかな。はたまた、僕には見えなかったのか。

ほとんど同じくらいのサイズで描いてみようかな、と思ったんだけど
測るなんてしてるはずないから、横1mくらいだろうというイメージで。
b0052471_20562355.jpg
「赤青鉛筆みたい」とセイカさん。
それで描いても良かったかもな。
おんなじ色、ヴァーミリオンとプルシャンブルーの2本のクレヨンで描いたんだから。

実物の看板見くらべたら、違うんだろうな。
絵は「節」が効いてる。 さて、夜は何を描くかな。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-13 21:05 | 玉島マチヲ | Comments(0)

フラフラ

10時くらいから、海に陽が落ちてくまでフラフラと。
ただひとりで玉島をゆっくり歩くだけなんだけど、今とても良い。

一週間ぶりの、今日の一部。
これで昨日まで思いもしなかった絵が描ける。
b0052471_22212535.jpg
b0052471_22213731.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-12 22:30 | 玉島マチヲ | Comments(0)

思いのまま

ある程度描きこんだところで、大小6枚の絵を
アトリエから外へ投げて、水とペンキとホーキで流して。
しっかり描いたもの全部消えてすっきり。
それも僕の思いのまま。夢中で上描きしてしまう。

そうしているうちに、次の制作風景を見つけはじめたところ。
頼まれなくても、好きなように、ずっと作り続けてる自分の事は信頼してる。
b0052471_21593332.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-09 22:24 | 玉島マチヲ | Comments(0)

2CHICKEN FLAVOUR CUBES

週に数度は、これから何を食べるのか考えなくても決まっている方がいい。
その方が、制作にも良い。

家ではセイカさんのアロス・コン・フリホーレス・ネグロス・・・
家ではキューバ定食という名前の黒い豆と飯。これは絶品の定番。
食べてすぐ、制作に力が出る。

今夜は突如、あるものだけでイカスミのスパゲティを作ってみた。
三鷹のパッパパスタ以来だから味覚の記憶がほぼ無い。
麺を湯がいてる間に、ペペロン風に少量の具、そこへ庭の冷凍バジルソース少々。
こないだセイカさんがピザで使った自家製トマト煮込んだやつの残り少々+イカスミ投入。
チーズが合う。麺はいつも2人で330グラム。
b0052471_2126483.jpg
「6CHICKEN~」と書いてあったんだが、今日は3つしか描けなかった。
鉛筆で下書きしたものを、これからペン入れ作業、してみようかな。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-06 21:45 | 玉島マチヲ | Comments(0)

欲しい人は、ラガルトで

ギャラリーラガルトの新しいリーフレット(A4二折)、残数わずかとのこと。
欲しい人は、ラガルトでどーぞ。
b0052471_22211442.jpg

b0052471_22212569.jpg
川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F
毎週土・日・月曜日 11:00-18:00
協力 倉敷ジーンズ、(有)パウハウス
ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-06 10:30 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

レンブラント玉島

b0052471_21233352.jpg
新しい環境での制作スタート、となる前にイヌ専の風邪か何かで手こずった。
寝ているのか起きているのか、浅い眠り幾晩か続いてた。
次の夜にグッスリ眠りたいから、昨日は寝ずに済ませた。

週末のレジデンス先、玉島で持ち歩くスケッチブックは72年に倉敷ジーンズ社長が購入した「レンブラント」にしてみた。開きやすさも抜群で、原色版だけペリッと剥がせばほとんど白い本になった。ずっしりの160ページ。
b0052471_21282994.jpg
場所が変わるだけで、持ち込んだ絵も、要素が新しく加わり印象が変わる。
そんなやりとりを風景と繰り返しながら、どんなもの作るのかなあ。

週に一度は、フラフラとしていて
あとの2日はアパートに引きこもって、だらだら絵を描いてると思うんで、
玉島のみなさん、どーぞよろしく。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-02-05 21:45 | 玉島マチヲ | Comments(0)

風邪のせい

昨日は注文前にワタナベ文具からボール紙10枚配達あり。
通販したことないから分からんけれど。注文前に届くというのはアマゾンより早いだろう。
年々便利になってきている。

そんな昨日は寝起きから喉はガラガラ、肩や腰も痛い。
口空けて寝てたのか、何か重いものでも持ったのか、と思ってたんだけど。
人との接触がほとんどない僕が風邪を引いたみたい。夕方に気が付いた。

この2日間は窓越しに冬の木を見ながら110cmほどの絵を描いてた。ときどき鳥が遊びに来る。

調子の良い時はそんな風に作るし、調子の悪い時はそんな風に作るだけだから
日々の制作が止む理由もないんだけれど、今日は風邪のせいでうっとおしい。
頭がボーッとしてるしスッキリしないから、白黒写真にしてみた(↓)
本当はカラーなんだけど。
b0052471_18525372.jpg
今のアトリエを片付けつつ、あちこち描きかけの絵を仕上げつつの一週間、ちょい寒かったかな。
まあ、風邪のせいならいいんだけどさ。
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-01-31 19:09 | 蔵④号日記 | Comments(1)

孔雀の仔1/4の2

昨日から150cmほどの絵、一気に進めてみた。
ちょっと手を加えにくくなったから、ひとまず終了かなァと
寝る前に重石してるスペースに移動して、またいつか。

繋ぎ合わせて大きくした紙が無くなったから、2つほど準備しとくかな。
ボール紙の全判10枚も無くなった。アマゾンより早いワタナベ文具に注文しなきゃな。

ほんとはもう少し青いんだけど、「孔雀の仔」1/4の2。
b0052471_220113.jpg
夕方、シスターさいとうさんが打ち合わせでアトリエに寄ってくれた。
ラガルトにはブラザーさいとうさんが寄ってくれたとのこと。
特に意味はないんだけれど面白い。

孔雀の仔1/4の1 2017-01-27 →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26588754/

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-01-28 22:17 | 蔵④号日記 | Comments(1)

孔雀の仔1/4の1

今日は、1月11日~13日にかけて描いていた絵を、壁からはがして床に寝かせ、
ガムテープやらカッターで、表面の色や紙を無作為にガリガリ剥がすところから。

一見すると完成に近づいていたし、きれいな作品だった。
充分に僕は鑑賞したから、思い切ってビリビリにしてみた。

傷んだ表面に紙を貼ってやって、ちがう描き方でもういっぺん。
「孔雀の仔」という絵、これで1/4部分。
b0052471_237018.jpg
百の眼に守られて、かろうじて生きている子供に見えた。

孔雀の仔1/4の2 2017-01-28 →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26590960/
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-01-27 23:18 | 蔵④号日記 | Comments(0)

新しいチャンネルが映るようになった、気分

鑑賞者5名の新作個展から、もうすぐひと月。
なんら変わることなく、さらに未完成を増やし、描きこんで、
床一面に広げた絵を踏みつけて押し合いへし合いしてる、今日も。

全集と同じサイズは化粧箱へ(左写真)、
継ぎ接ぎしたもの(右写真)は床で重石をかけて上に寝転がってる。
右写真は、直径140cmくらいの絵の裏側。裸婦の特集で出来ている。
b0052471_23192538.jpg
次のプロジェクトに向けて現場を掃除してイメージが少しわいたから、装飾になるようなものも描いてる。装飾というか、ただゴチャごちゃしてるというか、旅モノも楽しい。

先日の月曜、打ち合わせもありラガルトへ。
作品の入れ替えや追加などセイカさんにすべて任せていたので久々のギャラリー。

こういう感覚ってあるんだな、と思ったんだが、
この3カ月で自分を越えた気がはっきりとした。
なんか新しいチャンネルが映るようになったような、脱皮したような。
セイカさんも「最近の作品良いよね。」と言う。

これまでずっと家でグレーのパジャマしか着なかった僕が、
今は全身蛍光色のパジャマで制作しているところ・・・何かを越えた気がする。


「個展 「未完成の絵」」  2016-12-28 →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26510553/
[PR]
# by ryuzo3net | 2017-01-25 23:40 | 蔵④号日記 | Comments(0)

旅の記録-2007

美術全集もようやく5冊目に。
全集の化粧箱に収納してる絵は4箱になった。
貼りあわせたサイズの異なるものは、全部まとめてコンパネの下でプレスされてる。


探し物してると、
懐かしい、そんな僕らの旅の記録が出てきた。

いつも自分たちにしか出来ないことを探して、やり続けたい。
b0052471_20181396.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-01-22 20:28 | 旅日記 | Comments(0)

気分転換

相変わらず年末年始、だらだらと絵を描いてた。

昨年の12月18日あたりから断続的に描いてる海の中みたいな絵がなかなか進まん。
昨日はいろんなとこに手を入れたから全体的に変わったんじゃないか!と思ったら、
何が変わったか分からず、自分は一日寝てたんじゃないか・・・と疑ってしまったもんで、
合間に窮屈に並べられたサーカステントの絵を描いたり。

どの絵もそこそこの重さ(紙)になってるから、まァーいいか。

今日は隣の描きかけの大きな絵と入れ替えて描いてる。気分転換。
b0052471_2131423.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2017-01-10 21:43 | 蔵④号日記 | Comments(0)

個展 「未完成の絵」

10月末からの2か月の間、
それまで腹ん中に溜まってしまった黒い水を吐き出すように、蔵4号にも行かず、空き時間はひたすら「世界美術全集」を引きちぎって絵にならない絵を描いていた。ちょうど一カ月ほど経ったころから、やっと置物や人物も登場する絵が出てきたりした。今年は、過度な事務作業的メールや意味の無いやりとりに振り回されて、脳みそが腐ってきたようだった。プロジェクト発表に向けて、もっと作れるのに作れない悔しさばかり。

この2か月は、セイカさんとも別居してるくらい一人の時間を過ごさせてもらって、子供のころに戻ったように、わずかな時間も描きむしった。これが僕だと思った。完成など目指さず、戸を閉め切ってただ作業するだけ。そうは言っても、さいたまにも月に2回は行ってたし、用事もあったりする。でも今描きかけの絵がたくさんあると思うとワクワクするから、「もう帰りたい」が口癖のようになってた。

半分外と繋がっているような未完成の部屋で、
セイカさんと、さいたまに同行したキャラバンチームに向けて感謝を込めて個展を開くことにした。
正式な個展にしたかったから、ポスターを描きおろして、案内状も手書きの絵に手紙というスタイルに。
丸3日かけ、250本の画鋲を打つ展示作業中、セイカさん入室禁止。
この2か月にしたことのすべて。それ以前のものは無し。



川埜龍三 個展 『未完成の絵』
2016年12月27日、午後4時開場。入場者数は、僕を入れて6名で満員札止め。
オープニングレセプションではセイカさんのキューバ定食が振る舞われた。
1日だけの個展にみんなオシャレして来てくれて、僕はとてもうれしかった。

どうも、ありがとう。生きてるって気がする。
b0052471_19115941.jpg

b0052471_1912142.jpg

b0052471_19122531.jpg

b0052471_19123898.jpg

b0052471_19124938.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-12-28 19:13 | 展覧会 | Comments(0)

ど-も、世界1位

The Huffington Post より
b0052471_1403575.jpg

b0052471_13594252.jpg

American Art Awards の世界最高の具象彫刻家・・・・僕。
連絡はずいぶん前にもらってたんだけど、セイカさんが記事見つけたって。
世界40ヶ国から応募で25のギャラリーが審査なんちゃら。
アメリカで1位は世界で1位って、おもしろい。

向こうから「龍三くんは出品料要らないので出してぇ~」と誘われて、
「えーよー」言うて、資料送っただけのこと。
セイカさんが褒めてくれれば、それで充分なのです。


展示作業いそがねばっ!
画びょうが足らぬ。



The Huffington Post (ハフィントンポスト) →→→ http://www.huffingtonpost.com/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-12-25 14:20 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(4)

年末年始のラガルト

今日は絵を描くどころではなくて、
10月後半から描いていたものを床に並べてアレじゃないコレじゃない。
踏み場はないから絵の上を歩いて、壁に貼り始めてアーだコーだ。
今夜から数日は、セイカさんも僕のアトリエに入室禁止。

ラガルトが終わり、夜にセイカさんが帰宅して聞いたところ、
今日はさいたまからラガルト目指して来てくれたお客さんが。
名前を聞いて思い出した。最終日にサイに興奮気味の男の人と来て、犀乗りした女性かな。
途中、一度名前で呼ばれてたから覚えてた。さいたまBのハニワ本持ってた記憶がある。
うれしいなぁ。
b0052471_19491091.jpg

今年のギャラリーラガルトは明後日の26日(月)まで。
来年のオープンは1月7日(土)から。



川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F
協力 倉敷ジーンズ、(有)パウハウス

ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
ギャラリーラガルトFB → https://www.facebook.com/gallerylagarto

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-12-24 20:02 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

「神話の運命」の運命

朝、「神話の運命」(2005)の納品へ。

そこに訪れる人が観れるように飾る準備も整えて待っててくれた。
長期間展示するために蔵6号で制作された新しい額装と相まって、
興奮の展示作業となった。

そもそも展示をするためとか、販売するために描いてるわけじゃないから、僕は多くの作品をストックしている。「神話の運命」もそんな作品のひとつ。何年も思い続けてくれた声が僕に届いたことがうれしかったし、長い時間をかけてこの機会を準備してくれたマスターに僕は今も世話になっている気がした。

作品を預かるだけです、と新しい持ち主の方。
手放すことを優先しないで、苦しくても次々と作り続けることを選んできた先に、
こんな良い「運命」が待っていたんだと思う。
b0052471_1833136.jpg

b0052471_18333215.jpg
撮影:永岡さん
b0052471_18331532.jpg
撮影:蔵6号 大ちゃん

それからカフェ・ド萌でママさんのハンバーグ定食。よく笑った。
アカリコちゃんと秋山さんとセイカさんは蔵へ。
さいたまから持ち帰った廃品の分別など。僕は自宅で制作。

夜、イタリアン「マカロニ」で横田さん&ニーナさんが
音楽を流してサルサを踊るから、たまらず床に転がるほど笑った。
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-12-23 18:34 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

島のカズミさんに会いに

今日は犬島へ。

宝伝港に到着するなり、変わらない会話。しばらく来てなかったことを忘れる。

島民の方たち、「今年はよーけ案内したで!」とか言ってくれる。
「犬島の島犬」も変わらずに島の番を続けている。
b0052471_22372332.jpg


b0052471_2362799.jpg今日はカズミさんに会いに来た。

カズミさんの飼い犬で、デクの友達のビーちゃんも、僕らがさいたまでロケをしている頃に死んでしまった。
2013年の夏、みんなで楽しかった日々のなかで、僕が良く覚えているビーちゃんの姿があって、それを絵に描いたから渡しにきた。イヌTが並んだ棚に収まり、たたまれているTシャツを座布団代わりに座っているビーちゃんの絵。

今年は僕が犬島に行けない日が続いたから、「島犬」を守ってくれていたカズミさんへのお礼を込めて、少し遅れたけどセイカさんからも誕生日のお祝い。短い滞在時間の最後に2人の写真を撮ると、とつぜん「アップして!」とカズミさん。たぶんこんなことで意味は合ってると思うけど、どうやって見るんだろか。



制作をはじめて4年ほど経ち、その時間と風景と人たちが、
自分が何をしようとしたのか、自分は何をするべきなのかを感じる大事な場所になっていく。

帰りに西大寺で夕食を作って待ってくれてた島のお母さんところに寄る。
今日はどの人に会っても再会出来て良かったと思った。来年はもっと会えますように。


犬島ハウスプロジェクト http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-12-22 23:13 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)