蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:ギャラリー・ラガルト( 251 )

12月のラガルトでの個展について

昨年の秋から、平面の制作を中心にしていた。ハギオさんが準備してくれた作業場で制作を開始して、年末にプライベートな非公開の個展「未完成の絵」をしたことが、自分を本来の姿に戻すきっかけだったように思う。今年に入って春ごろからは、大月さんの協力で作業場を増やし、やがて「玉島マチヲ」の企画と重ねて加速度的に作れた。作品とか作品じゃないとか考えることもなくなり、ますます囚われて作る状況に身を置いた。僕は檻の中にいて作り続け、時々そこから背伸びして外を見ては、また作る。これが一番しっくりくる自分の姿なのだと感じる。まあ、この数か月は作業場にいれない時間も増えて思うようにいかないこともあるけど、出かける際も持てる限り道具を抱えて外に出ることにしてる。

ギャラリーラガルトでの久しぶりの新作個展が近づいてきた。子供の頃の僕は、画用紙の代わりに新聞の折り込み広告の無地の面に絵を描き続けてた。今は譲ってもらった世界の名画全集みたいなものを引きちぎっては上から描いてる。分厚い全集を何冊も何冊も塗破していく。その過程は、気が付けばマチヲさんに関わる原案になっていたり、全く意図して描いたわけじゃないのに下敷きにした絵の題名と妙に気持ちのいい違和感を覚えたりする等、実験的で発見がある。そんな風に自分自身が仄めかされる感覚が面白い。12月2日からの展覧会名となっている平面『あるがままの私の現実を見てはいけない』も、7~8枚の名画を繋ぎ合わせ1メートル程にして描いた。玉島のマチヲさんのアパートでわけもわからず一気に塗ったり貼ったりしているうち、下敷きにしていたマックス・エルンストの絵のタイトル部分を塗り残しているのに気が付いて、そのまま同名の作品タイトルとして残した。そのシュールな言葉は僕の作品のいくつかにピタリと密着するような心地だったし、うまく言えないが僕自身が現実の中で感じる違和感だったり、憤りのような何かを諷示して魅力的に思えた。

近頃制作したものは時間を置いて、僕の絵なのかマチヲさんの絵なのか分別したりする。そうしてこの絵、「あるがままの私の現実を見てはいけない」は僕のものだと受け止めて、このタイトルイメージひとつで小さな展覧会を行いたいと突然思い立った。実はまだたくさん並べたい絵もあるし、この展示に合わせて作りたい立体もあるのだけれど、欲張らず点数を絞って今の自分らしくやることに決めた。

b0052471_17003590.jpg

展覧会 『あるがままの私の現実を見てはいけない』

期 間  2017年12月2日(土)~ 2018年1月29日(月) の土・日・月曜日

     (年末年始 12月30日~1月1日は休廊)
時 間  11:00~18:00
会 場  ギャラリーラガルト
住 所  〒710-0055 岡山県倉敷市阿知3-22-25 倉敷ジーンズ2F
連絡先  TEL.090-7776-6878
協 力  倉敷ジーンズ、(有)パウハウス
入場無料 *初日の16:00~は簡単な飲み物を用意しております




[PR]
by ryuzo3net | 2017-11-20 16:51 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

月をみつけた

今日はラガルトと同じ筋にある倉敷中島屋の看板を秋版に付け替え。
生憎の天気ではあったけど特に支障のない場所でよかった。
春版、夏版を並べて室内に移動させて、残すところ冬版のみか。
b0052471_22370264.jpg
セイカさんが、看板が月みたいと言う。
店内の「見知らぬところに立ち入る者は、思わぬものを見つける」にも、月をみつけた。
用事などが終わると、ひとり竹林で小雨の中ぼんやりと。
b0052471_22372005.jpg



[PR]
by ryuzo3net | 2017-10-02 22:48 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

Seaside tracks 14

広島から戻ると、制作したり打ち合わせしたり建具を運んだり、そんな日々。
b0052471_2255113.jpg
Photo by 田中くん

川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知3-22-25 倉敷ジーンズ2F
毎週土・日・月曜日 11:00-18:00
協力 倉敷ジーンズ、(有)パウハウス

ギャラリーラガルト
→ http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
[PR]
by ryuzo3net | 2017-09-28 23:01 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

【臨時休廊のお知らせ】

今週のギャラリーラガルトは、『広島・キューバ』展のため、誠に勝手ながら23日(土)のみ開廊となり、24日(日)~25日(月)は休廊とさせて頂きます。9月30日(土)より通常通りオープンいたします。

ラガルト情報→ http://www.ryuzo3.net/lagarto.html

b0052471_2119101.jpg

------------------------------------------------------------------
広島・キューバ展 チェ・ゲバラの視点を通して
主 催  広島・キューバ展実行委員会
期 間  9月16日(土)~ 24日(日) 
時 間  10:00 - 17:00
会 場  旧日本銀行広島支店
住 所  広島県広島市中区袋町5番21号
問合先  TEL.082-291-0802
ハーツコーポレーション内実行委員会事務局
広島・キューバ展特設ページ
→https://www.facebook.com/1959guevara/
-------------------------------------------------------------------
[PR]
by ryuzo3net | 2017-09-22 21:19 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

「広島・キューバ展」とラガルト休廊日

16日(土)は「広島・キューバ展」のためラガルトは休廊。
翌17日(日)・18日(月)は通常通り営業します。


写真は、コロン墓地にある日系移民の墓。
以前、墓を回っていた際に撮影していたなかの一枚。
その墓地について、僕が書いたものが会場でパネルになってるはず。
ここにはきっと広島から来た多くの人たちも眠ってるはず。
b0052471_18352632.jpg



本企画は、新聞・ラジオなどのメディアでも取り上げられている模様。
写真は本日付の中国新聞文化面より。
b0052471_18112985.jpg
広島・キューバ展 
チェ・ゲバラの視線を通じて


------------------------------------
主 催  広島・キューバ展実行委員会
期 間  9月16日(土)~ 24日(日) 
時 間  10:00 - 17:00
会 場  旧日本銀行広島支店
住 所  広島県広島市中区袋町5番21号
問合先  TEL.082-291-0802
ハーツコーポレーション内実行委員会事務局
------------------------------------



広島・キューバ展特設ページ
→https://www.facebook.com/1959guevara/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-09-13 18:44 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

田中 PHOTO STUDIO

Photo by 田中くんが撮りまくった。
ラガルトオープンからクローズまで、本日撮影された平面作品50点。

作品の記録写真として、立体を撮るのと平面を撮るのでは
所用時間はまったく違う。立体だと1点で4~6時間の時もある。
平面とはいえ、それでもこの数は大したもの。

田中 PHOTO STUDIOと化したラガルトで、みんな良く動いた。
b0052471_21474485.jpg
午前中は落合みつをさんとアカリコちゃんも撮影に来てくれていたから、
今日は一日撮影日のようだった。みなさん、ありがとでした。

明日は静かなラガルトです。

川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F
毎週土・日・月曜日 11:00-18:00
ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
[PR]
by ryuzo3net | 2017-08-19 22:02 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

さいたまからの客N

今日はさいたまからのお客さんがラガルトに来るという。
どうせ待ち合わせるなら、それまでの時間も制作できるようにしておこう。
ということで、朝から毛糸の作品をギャラリーに運び込んだ。

ものすごく時間がかかる立体物だから、完成まで遠いだろう。
常に出しておいて、ラガルトで制作することに決めた。
b0052471_23184792.jpg

b0052471_23183340.jpg
にぎやかなラガルトはいいものだ。

さいたまからのお客さんが到着すると、それから僕は一緒に玉島へ移動。
近々の制作の現場を見たり、LAB周辺を大月さんに案内してもらえた。
途中、マチヲ部屋の床でサカキバラさんがくつろいでたり、
さいたまのお客さんと元発掘隊のアカリコちゃんが遭遇して
「ここはさいたまか!?」となったり。

その後、ラガルト終わりのセイカさんも合流。
夜も8時を過ぎて、客人と大月さんと焼肉屋へ。

帰り際、「I LOVE マチヲ」と書かれたTシャツに着替えたさいたまのお客さんとお別れ。
来てくれてありがとう。
[PR]
by ryuzo3net | 2017-08-13 23:34 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

倉敷ラガルト→玉島マチヲ

ラガルトの月曜日、僕も出勤。
はさみ屋紙太郎さんがギャラリーでさっそく切ってる。

午後、滋賀県から来てくれたボーダレス・アートミュージアムNO-MAの方と次展の打ち合わせ。
それにしても、よく僕を見つけてくれたなぁと。参加メンバーがイカしてる。

その後、玉島に移動。玉島マチヲさんの部屋も見学してもらった。
面白かったなあ。目線を変えると、そうなのか・・・つまり自分の心配も出てきたけれど。
b0052471_22334252.jpg

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA http://www.no-ma.jp/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-06-19 22:33 | ギャラリー・ラガルト | Comments(3)

今週の営業

今週のギャラリーラガルトは、
10日(土)、11日(日)は通常営業。
12日(月)は休廊します。

b0052471_23283436.jpg

川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F
毎週土・日・月曜日 11:00-18:00
ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
[PR]
by ryuzo3net | 2017-06-09 23:28 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

新しい倉敷ジーンズへ、7日目

b0052471_23112382.jpg
川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F
毎週土・日・月曜日 11:00-18:00
協力 倉敷ジーンズ、(有)パウハウス
ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
[PR]
by ryuzo3net | 2017-04-24 23:12 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)