蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:アトリエ外活動( 211 )

倉敷と広島で

月曜日は、午後3時から打ち合せ。
初顔合わせという感じで倉敷駅付近から竹林、そしてラガルトと移動。
留守した間、ラガルトに来てくれていた方たちには申し訳なし。

火曜日は、午後1時から広島市内で打ち合わせ。
現場に行かないと分からない空気感、内部はなんとなくハバナだった。
b0052471_22294927.jpg


b0052471_22375080.jpg
それより、
僕ら2人とも昨年の今日と全く同じ服装だったとか。
気持ちが悪いような、偶然。
[PR]
by ryuzo3net | 2017-07-18 22:41 | アトリエ外活動 | Comments(0)

電源ユニット交換

ずいぶんとPCの調子は悪いままで、なんとかなんとか。
だったのけれど、電源が入らなくなってしまってユニット交換となったり、
今月は、そんなこともあったもんだから整理整頓したりして。

普段から3つのハードディスクに分けて保存してるから、
本体が壊れたとしても困らないのだけど、良く動くことにこしたことはない。
9年働き続けたPCだけどスペックは全然問題ないそうで、
近々PCでの制作に合わせて快適環境にしようと思う。
b0052471_18305386.jpg
先日遊びに来ていたクラちゃん4号と、自分の工房にこもってばかりのセイカさん。
[PR]
by ryuzo3net | 2017-07-11 18:40 | アトリエ外活動 | Comments(0)

HELLO開眼

今日は9月からの企画展の打ち合わせで滋賀県へ。
13時からボーダレス・アートミュージアムNO-MAで山田さんと待ち合わせ。
現在開催中の「HELLO開眼」を説明を受けながら観て歩く。
b0052471_171610100.jpg
写真は「HELLO 開眼」展覧会図録(68P(表紙含む)、A4変形版)の表紙。

内容も展示も関連物品もすべてがしっかりしていて見ごたえがある。
これまでのカタログや本なども見れるだけ見て、来てよかったと思った。

現代アートでもなく、見せかけの作品でもなく、
締切に迫られて作ったものでもない、根源的に湧いてくる感覚。
作るってそういうことだよな、作らなくちゃ死んでしまうよな。
b0052471_17162120.jpg
まるで3人で観光に来たような写真だけど、うち2名は頼もしいNO-MAのスタッフ。

近隣の建築を見て歩いたり、台座の確認などのあとは、おすすめのお菓子屋でバームクーヘンを食べる。声をあげておどろく山田さん、どうやら初めて来たようだ。なれないところをありがとう。
b0052471_17162890.jpg
最近はやりの日帰り出張。セイカさんの運転で日付が変わるころには帰宅。


ボーダレス・アートミュージアムNO-MA  http://www.no-ma.jp/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-07-05 23:20 | アトリエ外活動 | Comments(0)

見知らぬところに立ち入る者は、思わぬものを見つける

ラガルトのそば、同じ通り沿いにある「倉敷中島屋」の看板を春用から夏用に衣替え。
店舗内の屋外通路には立体作品「見知らぬところに立ち入る者は、思わぬものを見つける」(2009)が設置されていて、店内奥の個室からは作品の背面も覗けるようになってる。
b0052471_16381147.jpg

個室には、アンヘル・ラミーレスと制作したリトグラフ作品「鴉 今は飛ぶ時ではない」も常設展示されている。それぞれ当時思いを込めてつくったものだ。

「倉敷中島屋」は、国重要文化財・大橋家住宅(倉敷市阿知)に付属する長屋門の一角を店舗として、高梁川流域の食や文化を紹介するコンセプトショップとなっていて、店内で食べる「おにぎり茶漬け」が手ごろで美味い。

春用→夏用があるということは、さらに秋→冬と続く予定。


■倉敷中島屋 (倉敷市阿知3)
営業時間:11時~19時、月曜定休。

「倉敷・大橋家住宅にカフェ「倉敷中島屋」 地元の食やものづくりアピール」
倉敷経済新聞 →→  https://kurashiki.keizai.biz/headline/815/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-07-01 22:53 | アトリエ外活動 | Comments(0)

SFさんの命がけの収集癖

今日は、福山のスペース甦謳るの紹介と案内移動。
最終目的地は、錆びたもの、古いもの、端材が好きで、時に危険に身をさらす府中のSFさん宅。

b0052471_22143422.jpg
整然と並んだ流木や廃材を鑑賞。

SFさんの工夫した創作も興味深い。さらに収集された数々から幾つかを分けてもらった。船の窓、廃業した下駄やの漆の滴る床材、何か大切なものを運んだ特殊な箱・・・

帰りにスペース甦謳るで開催中の「うつわ」展示で飾られていた手ごろな明治期の蓋付茶碗をセイカさんが購入。その印判、僕にはインディアンのような被り物を付けた犬と宇宙人との戦いが描かれてるように見えた。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-03-25 22:38 | アトリエ外活動 | Comments(0)

調布の作品搬出

夜遅くワンダーランドからアカリコちゃんと3人で調布に出発。
約1カ月の展覧会を終えた作品たちを迎えに。
b0052471_21515789.jpg
いつものように楽しい道中はあっという間。
得るものも多い。風より節になりたいとか。

会場で大月さんと合流、思いのほか早く片付けられたので
ゆっくり昼食を食べたり。この町は居心地がいい。

午後3時を回ると、4人は調布からバスで15分ほど行ったところにある

死なない家に向けて出発。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-03-04 15:22 | アトリエ外活動 | Comments(0)

瀬戸内市へ

足を延ばして瀬戸内市方面へ。
寒風陶芸会館で三浦大丸さんと大野文嗣さんの顔を見た後、
現在建築工事中の瀬戸内市立図書館へ行ってみた。
b0052471_2110626.jpg

3年近くのプロジェクトになった「寒風タイルプロジェクト」のタイルたちが新設される瀬戸内市立図書館の外装に貼られている。イヌ用タイルで僕がもっともロマンチックだと言ってたタイル。完成まであとわずかだ。瀬戸内市の市民が制作した3000枚のタイルをどう配置するかなどはもちろん、タイルは思いのほか大変だったりするとなあ。寒風の土を精製して粘土にする作業から、みんなが制作したものを細かい部品が取れないように接着し直したり、変形しないように裏側を整え乾燥させたり、窯を変え配置を工夫し微妙に異なる色に焼き上げたあとも、一つずつ洗わないといけない。なんでだろう、そんな裏方の2人の労働が目に見えるようにわかる気がする・・・。

このプロジェクトを進めた2人は自画自賛してたけど、僕もとても素敵だと思った。
いつかこの新築が朽ちても、みんなが作ったタイルは残るから、その時はまた別の建物に貼ってくださいと三浦大丸さんが言ってたそうだけど、なんか良いなぁと思った。6月ごろ図書館完成だそうだ。


2014年に特別に参加させてもらったセイカさんのイヌと僕のラガルト(とかげ)も見つけた。
以前は貼る側だったけどこうしてタイルを探す感覚がどんなんか少しわかった気がする。

犬島の島犬の足にも寒風陶芸会館や瀬戸内市立美術館でのWSで制作された寒風タイルがいっぱいなのだが、今回のタイルは非常に定型に収まっている。僕が全国のみんなにタイルは定型で送ってくれと頼んだときは想像以上にいろんな形で送られてきたものだが。それらを仕上げる苦労を間近で見ていた寒風の2人はキッチリやったわけだ。さすが!
b0052471_21231468.jpg
「寒風タイルプロジェクト」発表!| 2013-03-24 | http://ryuzo3net.exblog.jp/20197271/
犬島ハウスプロジェクト×寒風タイルプロジェクト

寒風という風土を生かした古代から現代、そして現代から未来へ。こんなプロジェクトを見せてもらえて、
あらためて三浦大丸さんと大野文嗣さんを中心とした本企画関係者のみなさんに感謝。嶋田さんも忙しいなか案内ありがとー。


現在、寒風陶芸会館のある寒風地域は備前焼のルーツとされる場所で1300年~1400年前に栄え、上質の須恵器を都に海上運搬していたが陶工は土を求めて北へ上がり備前焼へと変化し、1000年の間に寒風の穴窯は土で埋まり、現代まで地域の人たちにも忘れ去られた遺跡となった。現在は寒風陶芸会館が建てられ、20人程の陶芸家が近隣に窯を構えている。

寒風陶芸会館 →→http://www.sabukaze.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-12 20:58 | アトリエ外活動 | Comments(0)

「ザクロ型照明カバー(仮)」の制作

調布たづくりで朝9時半頃から展示作業スタート。
思わぬところから良い結び方を発見したりなかなか楽しい。

昼は餃子定食と、斜め向かいの小豆+チーズの饅頭をはしご。

ひと通り配置したら、照明もひと通りいじりたい。
最後は本職が当ててくれるそうだが、会館たづくりの照明は全部LED。
自分が持っていないタイプのものなので、まずは自分がいじっておきたい。
この直線的な白いライトとレールの配置に苦戦。
「なんでモンゴが当てに来ていないんだ!」と口走る。

で、モンゴに託されたブツで加工を始める。
色んな形を造形。それでもLEDは難易度が高い。

写真は「ザクロ型照明カバー(仮)」
b0052471_23271249.jpg
少しつかめた。夜の9時には解散〜。


展覧会 『クリエイティブリユースでアート!』

会期 : 2016年1月30日(土)~2月28日(日)
時間 : 10:00~18:00 (休館日 2月20日(土)~23日(火))
会場 : 文化会館たづくり1階 展示室 (入場無料)

作品制作者トークイベント
日時: 2016/1/30(土)14:00-16:00
場所: 文化会館たづくり10階1001学習室
定員: 30人(当日先着順)
(招聘アーティストと公募制作者が作品の見どころや制作過程におけるエピソードをお話しします。)
[PR]
by ryuzo3net | 2016-01-23 23:15 | アトリエ外活動 | Comments(0)

赤澤鉄工所 と たまべえ

永岡さんと笠原女史と赤澤鉄工所へ見学に。想像してたよりあれもこれもデカかった。
b0052471_17481199.jpg
昭和十年に大阪で創立した赤澤鉄工所、この場所で約50年。古い機械も現役で動いている。
b0052471_17483145.jpg
この本気印の鉄工所を丁寧に案内してくれる赤澤さんがやさしい。
b0052471_1748452.jpg

b0052471_17485752.jpgこの黒く油と埃の沁み込んだカッコイイ鉄工所には「たまべえ」(倉敷市玉島のご当地キャラが)住んでいて、この日は、笠原女史が自作した「たまべえ」を赤澤さんにプレゼント(写真右)。赤澤さんの奥さんの編んだ「たまべえ」と並んで記念撮影。

ちなみに「たまべえ」は“玉島の溜川”で生まれた、ダルマガエルのおたまじゃくし。

休みの日だった赤澤さん、案内してくれてありがとう。





株式会社赤澤鉄工所 →→ http://www.tamatele.ne.jp/~co-akzw/
Facebook たまべえ

[PR]
by ryuzo3net | 2016-01-17 17:43 | アトリエ外活動 | Comments(0)

納品。間に電子工作

朝が眠い・・が、今日は作品納品に回る日。

しかも間にラボでのWSを挟んでいる。

IDEA R LAB & Material LibraryとMaker Lab Nagoyaの交流企画「LEDバッジを作ろう!」
小さな基板にLED、抵抗、マイコンをハンダ付けする電子工作。原田直樹さん(マーブルマシンビルダー)とマツオカタカシさんが教えてくれる。

いろいろと目の前に広がるものが楽しすぎて、
始めるのがいちばん最後になってしまったけど、もう夢中。セイカさんもハンダ付けに夢中。

部品がゴマみたいだからピンセットでつまんで。
ゴマの上に書いてある記号が少し読めるようになってくると遠くが見えない・・・
b0052471_22331227.jpg
(左、僕の。右、セイカさんの。プログラムでさまざまな点滅パターンしてるのは写真じゃ撮れないね)

久々に早く帰宅した20時ごろ、セイカさんが台所で「ハンダ付けしたいー」と。
ちょっとね、手が求めてる感あるんだな、僕も。原田さんにキットお願いしようか~。
b0052471_22332693.jpg
原田直樹さん(マーブルマシンビルダー)→→
https://www.youtube.com/user/denha
https://www.facebook.com/naoki.harada.77

Maker Lab Nagoya →→http://makerlab.jp/




b0052471_22334122.jpg今、制作中の作品のひとつがモンゴが電気工作で光を使うものを進めてる(僕はあんなのこんなの言うだけなんだけど)から、すごく刺激になったし、ほんと楽しかったあ。


もちろん本日の予定、作品の配達も無事に終了。みなさん作品の設置場所を準備してくれているからとても嬉しかった。配達を分担してくれた方にも感謝。ラガルトの2015年度の業務は終了。年末感の無い僕は自分の仕事を収めるどころではなく、明日からの新しい一日を制作費やすことを心待ちにしているところ。
[PR]
by ryuzo3net | 2015-12-29 23:19 | アトリエ外活動 | Comments(0)