蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:犬島ハウスプロジェクト( 296 )

ど-も、世界1位

The Huffington Post より
b0052471_1403575.jpg

b0052471_13594252.jpg

American Art Awards の世界最高の具象彫刻家・・・・僕。
連絡はずいぶん前にもらってたんだけど、セイカさんが記事見つけたって。
世界40ヶ国から応募で25のギャラリーが審査なんちゃら。
アメリカで1位は世界で1位って、おもしろい。

向こうから「龍三くんは出品料要らないので出してぇ~」と誘われて、
「えーよー」言うて、資料送っただけのこと。
セイカさんが褒めてくれれば、それで充分なのです。


展示作業いそがねばっ!
画びょうが足らぬ。



The Huffington Post (ハフィントンポスト) →→→ http://www.huffingtonpost.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2016-12-25 14:20 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(4)

島のカズミさんに会いに

今日は犬島へ。

宝伝港に到着するなり、変わらない会話。しばらく来てなかったことを忘れる。

島民の方たち、「今年はよーけ案内したで!」とか言ってくれる。
「犬島の島犬」も変わらずに島の番を続けている。
b0052471_22372332.jpg


b0052471_2362799.jpg今日はカズミさんに会いに来た。

カズミさんの飼い犬で、デクの友達のビーちゃんも、僕らがさいたまでロケをしている頃に死んでしまった。
2013年の夏、みんなで楽しかった日々のなかで、僕が良く覚えているビーちゃんの姿があって、それを絵に描いたから渡しにきた。イヌTが並んだ棚に収まり、たたまれているTシャツを座布団代わりに座っているビーちゃんの絵。

今年は僕が犬島に行けない日が続いたから、「島犬」を守ってくれていたカズミさんへのお礼を込めて、少し遅れたけどセイカさんからも誕生日のお祝い。短い滞在時間の最後に2人の写真を撮ると、とつぜん「アップして!」とカズミさん。たぶんこんなことで意味は合ってると思うけど、どうやって見るんだろか。



制作をはじめて4年ほど経ち、その時間と風景と人たちが、
自分が何をしようとしたのか、自分は何をするべきなのかを感じる大事な場所になっていく。

帰りに西大寺で夕食を作って待ってくれてた島のお母さんところに寄る。
今日はどの人に会っても再会出来て良かったと思った。来年はもっと会えますように。


犬島ハウスプロジェクト http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2016-12-22 23:13 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

1万枚と10万字からはじめてみる

そうそう、「良い話」とは念願の本作りが出来るということ。

パソコンを本制作の仕様にすっきりさせたら、1万枚近い写真データを動かしやすくするために軽量化して調整した。とりとめもなく、ただ時系列に出来事の詳細をまとめていた文章(A4で90枚ほど)をwordにしてみた。

そのほとんどを削りレイアウトの最良の地点探し、時間をかけて、いや時間がかかる、か。

ここ2日間は実際にイメージを作る作業を進めてみようと缶詰。
モニター見すぎか、頭痛くなってきたけど、これもまた止まらなくなる。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-03-22 22:20 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

2代目タペストリ

本日晴天。

ハギオさんとアカリコちゃんと待ち合わせて犬島へ向かう。
新調されたタペストリと専用の木枠を分解して島犬のもとへ。


「犬島の島犬」の新タペストリーが届いた(2016-01-16) →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/25273598/
b0052471_22155570.jpg

分解して持ってきた木枠をハギオさんと組んだら・・・

アカリコちゃんが作ってきてくれた土筆(つくし)のチラシ寿司をいただく。
土筆が出てきたばかりとのこと、採れたて。

・・・食後にキャンバスを張る要領でタペストリをとめていく。
b0052471_2216899.jpg
2代目には、初代作成時に間に合わなかった事も書き足されている。
島民が全員参加してくれたイヌの首輪タイルのことや、寒風タイル、イヌの体内、中国語訳など。

良い感じで取り付け完了。
さっそく次々観光客が「犬島ハウスプロジェクト」を読んでくれてる。

僕らはセイカさんが作って持ってきた抹茶のドラ焼きを食べながらのんびり。
今日は島民のみんなも入れ替わりながら続々「島犬前」に集まって来てくれて多くの人と再会できたし、「犬島の島犬」を見守ってくれてるんだなぁとあらためて実感した。

b0052471_2373819.jpg
アカリコちゃん、草抜きもありがとう。

夜は同じメンバーでニーナさん・横田さん宅訪問。美味い常夜鍋をご馳走になる。
突然ウクレレも習った。話は尽きないから、またあらためて夜通しの準備で来なければならん。

楽しい時間に感謝。

日付が変わるころ家に帰ると、タヌキが一匹庭から走り出てきた。
蔵にはイタチ、家にはタヌキ。良い一日の締めくくり。


犬島ハウスプロジェクト http://www.inujimahouseproject.com/
K's Group →→→ http://www.ksgroup.co.jp/
倉敷経済新聞 →→ http://kurashiki.keizai.biz/headline/323/
[PR]
by ryuzo3net | 2016-03-17 23:15 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

良い話

夕方、ラガルトで待ち合わせ。本日はある企画の打ち合わせ。
昨年末あたりから、取りかかれそうな雰囲気があって始めたいなぁと考えていたところで、
制作の協力を申し出てくれた企業の方と、どんなものを作るのかという話をラガルトで。

打ち合せも、そのあとも楽しくて中華へ移動して、気が付けば全部で6時間も笑ってたことになる。

最後は決起集会の模様。

うれしい。


この嬉しさを、もうすこし閉じ込めてたいから詳細は、またそのうちに。
b0052471_19411460.jpg
写真は、本日のラガルトの常設展示より。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-27 23:37 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

「犬島の島犬」の新タペストリーが届いた

昨年12月に新たにデザインし直した「犬島の島犬」のタペストリーが、本日ラガルトに届いた。残念ながら僕はその場に居れなかったけど、気分は大満足。今回は、さらに言語も増えたし、内容的にも犬島の全島民が参加してくれたタイル制作のことや犬の体内にも触れてる。旧版同様に全面的に製作協力してくれた株式会社キッカワ、株式会社アクシア、倉敷経済新聞に感謝~~。タペストリー内の写真はもちろんPhoto by 田中くん。イヌが始まったころから関わってくれてるイヌの仲間たちの気持ちが最高にうれしい。

今回は木枠もあらたに作成予定。取付けて見てもらうのが楽しみだ。
b0052471_1953140.jpg
Photo by ヨコタさんとセイカさん

犬島ハウスプロジェクト http://www.inujimahouseproject.com/
K's Group →→→ http://www.ksgroup.co.jp/
倉敷経済新聞 →→ http://kurashiki.keizai.biz/headline/323/
[PR]
by ryuzo3net | 2016-01-16 20:08 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

犬島の看板とママカリ

今日は、今月2度目の犬島へ。

先日の台風で「犬島の島犬」への案内看板が2つ折れたとの連絡があり。

それぞれ近所の方達が看板を保管してくれている。
かなりの暴風だったようで、杭が根元で折れていた。
新たに、も少し太い杭を打ち込んで固定して回ってると、汗が止まらん暑さだ。

そうして他の看板も念のために見回りながら、気になる島民の御宅訪問も続く。

b0052471_2030372.jpgメンテ終了。
今日は犬回りの作業や、草刈り&清掃作業をする気は無かったから、セイカさんと2人で割とゆっくりとした滞在になったかなと思う。ウキカフェにも寄れたし、帰りに在本商店で柳幸典さんとバッタリ。

土産にもらった子持ちのママカリ百二十匹。
漁から帰ったばかりのおじさんの船から直接、
僕のビニール袋に詰め込まれた。
これは犬島の味なんだな。

すでに調理済みの南蛮漬けなども頂いて、
今僕の家の台所が犬島みたいになってる楽しさ。
あー腹へった。



犬島ハウスプロジェクト http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2015-07-30 20:35 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

犬の草刈り

急遽決定した「犬島の島犬」周辺の草刈り。
島ではすぐそこに迫っている台風のことでいっぱい。
せっかくだから島の台風体験して帰ればええのにーという島民の言葉に
後ろ髪引かれながらも、今日は日帰りの草刈り。

4月後半にハウスと犬周辺の清掃&草刈りはしてたものの、草は伸びる。
僕らが居ない間に、島民の方の協力で草刈りされていて助けられてる。
それでも良く伸びた草と、暑さ相手に小まめに水分補給しながら、みんなで奮闘したのでした。

島犬の肘や、背に向けて這うツタがカッコイイ!と
みんなで眺めるものの、ここらで処理しておかなければ、と取ることにした。
あと、ほんの少しコケの生えそうなタイルを見つけた。これはイイな。変化を見ていきたい。
b0052471_21494198.jpg
少し間があくと、島では様々な出来事があるもの、楽しいこともそうでないことも。
また、行こう。

見違えるほどに周辺がキレイになった。
みなさん、ありがとう~お疲れ様でした!


犬島ハウスプロジェクト http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2015-07-15 22:05 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

4月10日の犬島の島犬

Photo by 田中くん撮影の雨の日の島犬写真をいくつか。
雨降りでしっとりした島犬のコントラストの強い姿も好きだ。
b0052471_20194194.jpg

b0052471_20195458.jpg

「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2015-04-21 20:21 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

夜の島犬

犬島に向かうと、船に乗るときから出会うみんなとどうしてもデクの話になる。
島についたら、さらにそうなる。デクが来ていると思って飼い犬を連れて来てくれる人たちや、すでに噂で聞いていた知っていた人たちからの残念がる溜息や、「犬島の島犬」をデクと呼んでくれる人たちや、峠を越えて手紙を届けに来てくれる人。あぁ、こんなにも可愛がってもらってたんだなぁと心に沁みる。


夜にデクが通り過ぎる姿を見たという友人たち。
そうだ、ここに確かに居るんだと夜の島犬を遠く眺めながら思った。
b0052471_18482036.jpg
今回は、僕とセイカさん、ハギオさんと秋山さんと晄子ちゃんが常駐イヌメンバー。
さらに青木さん、渡辺さん、上口さん、高田さん、田中くんが来てくれた。

ハウス内の清掃と草抜き、周辺の清掃と草抜き。みんなのおかげでキレイになった。
さらに島犬の清掃。(といっても、あの環境で何の変化も無いところがすごいな、と感心)
そうしてる間も、多くのお客さんが島犬見学に来てくれる。例えば、2013年夏のタイル貼りをしている頃に見学に来てくれた女の子が友達と完成した「島犬」を見に来てくれてたり。そういう人に偶然会えるというのも嬉しいものだな。

滞在中は島の人たちともあちらこちらで楽しい時間。僕は島の人と美味い酒を飲んで上機嫌。
島でも寂しいことや悲しいことがあるけど、島民全員が書き残してくれたタイルが今も「島犬」に在る。僕はそんな首輪タイルの懐かしい人の名前を見上げた。


滞在中の食事は、晄子ちゃんがメニューを組み立ててくれた野生の食卓。
犬島に生えている食べられる雑草から、日頃食べられない海のものまで。
島民からの差し入れなども贅沢で、本当に素敵過ぎる食欲の日々だった。

食事の時間が近づくと、スーパーの袋を持って雑草を摘みに行く晄子ちゃんが楽しい。
考えてみればこの島でバーベキューとかしたことないなぁ、そんな考えもなかったしそれどころではない。肉を食べてないことも忘れるくらいすべてが美味い。だから僕もみんなも太った。

そんな豊かな時間の中で、清掃活動を終えると
僕たちは島の人たちに船が消えるまで見送られて、雨の日の犬島を後にした。
やはり、島の人たちが言ってくれたように、デクも一緒に来ていた気がする。
[PR]
by ryuzo3net | 2015-04-10 20:35 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)