蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:犬島ハウスプロジェクト( 296 )

犬島へ

気になっていたんだけど、なかなか行けなくて。
明日、火曜日から犬島入りして、金曜日の午後の船で戻ってくる予定。

草抜きや周辺の清掃活動、ハウス内の大掃除などなど。やりかけの制作の続きも。
あと、デクをかわいがってくれた島民の方に報告しなければ、と。
何人かには既に伝わっているけど、直接これまでのお礼を伝えなければ、と。

犬島島民の首輪タイルの中には、「デクがんばれ」なんて書いてくれてたりするものね。
b0052471_2241477.jpg
2013/9/19、犬島で滞在制作中に「島犬」の色モデル(タイルの位置)をしている最中のデク。
Photo by ハギオさん


明日は、あけぼの丸にデクは乗らない。船長家族にもかわいがってもらったなあ。

b0052471_2251193.jpgそれでも、こうやってイヌの仲間たちと集まって、「犬島の島犬」という一つの出来事を大事に繋いでいくことが良いと感じるし、次の大きな扉を開ける確認作業でもあるような気がする。

去年は半年近く、体が思うようでなくて痛くてね、不器用すぎてデクもオレも命を削ったよな。だからここまでやれたんだな。明日は島犬のなかにデクを見つけられると思う。


そう、近所を通りがかった際は、気軽に声かけてやってくださいまし。
[PR]
by ryuzo3net | 2015-04-06 23:05 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

イヌの足跡

このところ、ときどき夜に「犬島ハウスプロジェクト」の見直し。
280件ほどの日記や写真、資料をもとにどのような本製作が良いか。

思案中。
b0052471_16352658.jpg
「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2014-12-04 16:40 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

玉島と犬島

28日の夜、玉島のIDEA R LABにおじゃまして食事。
ラガルト終わりのセイカさんと待ち合わせて行ったわけなんだけど、
そんな風に夜に出かけるということ自体、珍し~感じなわけでした。
楽しかった。みなさんに感謝。

IDEA R LAB http://www.idea-r-lab.jp/
b0052471_21563587.jpg
そんなIDEA R LABの大月さんたちや、「町を縫う」を29日に終えたばかりの西尾さんと朝11時のあけぼの丸で犬島に行きました。

この季節、草抜きもしなきゃいけないしなーとか、アレしよーコレしよーとか考えていたものの
そこは島の時間なわけで、みんなと島犬を見上げて少し雑草ムシッて、
海を見て島の人と言葉を交わすと、もう帰りの船の夕方5時なわけです。

滞在してる数時間の間に、「えっ、もう帰るの?」と島の人に言われてばかり・・・
「せめて10日間はおらん(居ないと)とおえん(駄目)じゃろう」とのことでした。
そう、そうしていれば新鮮なママカリも食えたみたいだし・・・反省して、また来ます。
b0052471_22501079.jpg
「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2014-06-30 22:50 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

1年ぶりのFM OKAYAMA 2週目を終えて

約1年ぶり、2週にわたり電波を使っての「犬島ハウスプロジェクト」の報告が無事終了~

エフエムおかやまの森田さんは、去年の回では蔵5号にいた「大きなイヌ」を事前に見に来てくれて、今回は「犬島の島犬」に会いに行ってくれてて。ほんとウレシイ。取り上げるだけでなく、プロジェクトの活動報告もキチンとさせてくれたことに感謝!

島犬の足元から拡がった瀬戸内市の「としょかん寒風タイルプロジェクト」、島犬のそこかしこに取り付いてる鬼から生まれた総社市の「おにぽっくるプロジェクト」の今後の展開についても話した。

今日は最後に「セイカさんについて」聞かれたり。
スタジオの向こうでセイカさん大きく「ダメ!」とサインしてたけど、ははは。
b0052471_1138113.jpg
Photo by 田中くん

「イヌ用タイル」制作を呼びかけていた昨年の2月では、さまざまな機関が取り上げることを危惧したり意味のない遠慮をしたもの。そんな時に、例えば壁に塞がれたような気分でも、さらに自分を狭い場所に押し込めて、変わらず良いイメージを持ち、ただただ作ることでさらに大きなエネルギーを生み出すことができるんだと感じた。今になってみると、僕には全て必要なことだったと思う。

もうひとつは、あの大きなイヌを大海原へ連れ出したいと作っていたのに、
ホントは僕がイヌに引っ張られて外の世界に飛び出したんだ、と感じる。

そうやって人とつながり、可能性を持つこと、一心不乱に働くことの楽しさを教えてもらった。
僕たちは、生きているうちにまだまだ変わっていけるんだよなあ。


「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2014-06-04 11:44 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

1年ぶりのFM OKAYAMA (島犬の報告)

今日は早朝から岡山へ。
約1年ぶりにDJ森田さんと「犬島ハウスプロジェクト」を話す日なのだ。

昨年の2月にエフエムおかやまに呼んでもらえて、どれだけ助けられたか。
いまさらーここで細かい話はしないけど、僕は嬉しかった~電波最高!

そのときの約束通り、今回は「犬島の島犬」の報告を電波にのせて届ける。
生放送ー
b0052471_1915086.jpg
森田さんは多忙の中で、島犬に会いに行ってくれたりして、
今日も犬Tだったりして、みなさんあたたかく迎えてくれて感謝。

瀬戸内海の島犬の物語、ちょっとでも伝われば嬉しいなあ。
b0052471_19151518.jpg
本日の全ての音楽は、シンガーソンガーさいとうさんの島犬の曲ばかりでした♪

来週は、「犬島ハウスプロジェクト」の今後や、
新しい別プロジェクトなどにも触れていくと思います。



【 放送局 】 エフエム岡山 (JFN系列・岡山県域放送)
【 番組名 】 Fresh Morning OKAYAMA(フレッシュモーニングオカヤマ)
        WEDNESDAY WIND(ウエンズディ・ウインド)コーナー
【 放送日 】 2014年6月4日(水)9:30頃~9:52頃
【 D J 】 森田恵子(もりた けいこ)さん 



(※)ドコデモFM 
地域が違ってもJFN系列38局のラジオ番組をエリア制限なしで日本全国で聴ける有料サービスなんてのも。     


電波でイヌを伝えた(1) [2013-02-20] → http://ryuzo3net.exblog.jp/20036347/
[PR]
by ryuzo3net | 2014-05-28 19:30 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

犬石さまからの島犬の姿

5月3日は年に1度、犬の島に渡り犬石さまに会える日。
無事にここまで制作できた報告に一年ぶりに犬の島に渡り山に登る。

「犬島の島犬」は、右斜め後ろの上のほうに意識を集中した顔をしてる。
その方向、意識を向けている先は犬石さまなのだ。

そして犬に似た巨石を祀る「犬石宮」までたどり着くと
昨年までは居なかった「島犬」の姿が見える!
b0052471_22185570.jpg
上の写真をクローズアップすると……そう、たしかにこちら側(犬石さま)を意識してる島犬。
b0052471_22191384.jpg
ちょっと感動した。オレの計算スゲー。

Photo by 田中くん

昨年の犬の島の詳細は→→「プロジェクトの成功と航行の安全を願って」http://ryuzo3net.exblog.jp/20393007/
[PR]
by ryuzo3net | 2014-05-03 22:26 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(2)

犬家族

定期的な清掃活動が必要、ということでまずは作家から~、ホワイトハウスの清掃活動。
セイカさんも島の人と島の道の草刈などに励む。

ほんとたくさんの人たちが毎日見てくれてるんだもんね。
b0052471_2261796.jpg
そしてイヌの仲間たちが来てくれて、早朝から一斉清掃!ほんと感謝です。

犬家族。Photo by 田中くん
b0052471_2263658.jpg
この日は他にもたくさんのイヌの仲間たち、イヌTの人たちと。
ジャカルタ以来の再会というサプライズもあったり。
ほんとに幸せな1日でした。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-05-03 22:16 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

島犬の背中、物語の続き

5月1~2日は犬の背中でタイル作業でした。
みんなには見えないところに海にまつわる絵がある。
b0052471_21461795.jpg
昨年の島での制作中に波打ち際まで飛びエイが遊びに来ていて、
ハギオさんなんて夢中になっておいかけてたっけ。
島の人に聞いたらいつも決まった時期に飛びエイは帰ってきて、
そうして遊んでまた帰っていくということ。瀬戸内海のほかの島でも見られる風景。
b0052471_21463381.jpg
で、僕は、「犬島の島犬」の背中に「御守りの飛びエイ」を加えることに決めた。

この島にもいつも人が帰ってきますように。
b0052471_2146562.jpg
今回はあらたにアンティークタイルを加えて頭頂部から首輪の前まで。
次回は首輪の後ろから背中にかけて貼る予定。
b0052471_2231194.jpg
鑑賞に問題のないところまで制作したから、1度完成としたけど、
僕にはまだ物語の続きというか、作りたいところがある。

そんな風に制作していると、「犬の上にいるのが似合う」とか、「島に度々来れるように、急いで完成させないほうがいい」とか、みんないろんな事を言う。ありがとう。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-05-02 21:45 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

ちょっと犬島で働いてきます

今日は早朝から犬島へ。

実は、まだタイルを貼るところがあって。
みんなには見えないところにタイル絵があったりするわけだ。

ホワイトハウスの庭も雑草で荒れ始めてるし、周辺の清掃活動も含めてやらねば~って感じ。
そんなハウス清掃の予定があったから、先日オープンドッグハウスも急遽開催したわけ。

当たり前だけど、作品周辺の環境維持がもっとも大事だよなー。(作家がするかどうかは別としても)
2日間、セイカさんと(デクと)頑張って働いてきまーす!

↓、在本商店の在本さんが自費で作成している「犬島さんぽ」
犬島観光なら、これがベスト。犬島港すぐの在本商店でもらえますよ。
b0052471_23594487.jpg
もちろん「犬島の島犬」も載ってる!
[PR]
by ryuzo3net | 2014-05-01 00:12 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(4)

わん!デイ 犬島ツアー

ハーモニーネット未来主催の犬島ツアー。前日まで天気予報では大荒れの予感。
当日は何とか雨に降られることもほとんどなくてよかった~

ただ笠岡港から犬島まで、波とぶつかるたびに歓声なのか
悲鳴なのか笑い声なのか…いろんな声の混じったにぎやかな船旅となった。

「犬島の島犬」と向き合ったみんなは、それぞれに楽しんでた模様。
僕は天候もかんばしくないなかで来てくれた大勢のためにオープンドッグハウスのサプライズ。
順番にイヌの体内へ人を入れながら説明を繰り返していたので、外へ出れず。
時々体内まで聞こえてくる歓声を聞きながら、
「あー、タイル見つかったんだな~」とか思ってました。

僕はいつも音楽はいいなぁとうらやましがってる。
3分もかからずに人がイキイキして踊りだせるから。

でも僕は美術にも、とても大きな力を感じてる。
イヌの扉を開けるたび、子どもからお年寄りまで一瞬で顔がイキイキするのが分かる。
そんなマジックが「犬島の島犬」にはあるんだと、ここに来ると感じる。

今回、特別なツアーを組んでくれた宇野さんはじめ、
ハーモニーネット未来のみなさん、ありがとでした。

最後に、この日は曇り空だったため、イヌの体内で太陽や海を感じることが出来なかった。
季節や潮の潮位や時間帯によって刻々と変わる体内の一瞬、
おみやげに昨年の12月30日、Photo by 田中くんの撮影した
ハート型の太陽の光を添付しときます。みなさん、おつかれさまでした~
b0052471_15445593.jpg
ハーモニーネット未来企画の「イヌ用タイルワークショップ」(2013.4.06)の様子はコチラ↓↓↓

・「ハーモニーネット未来でイヌ用タイル(1)」 http://ryuzo3net.exblog.jp/20261397/
・「ハーモニーネット未来でイヌ用タイル(2)」 http://ryuzo3net.exblog.jp/20265584/

[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-30 15:45 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)