蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:犬島ハウスプロジェクト( 296 )

定員60名の犬島ツアー出るよ

b0052471_23161992.jpg
タイトルだけ見ると、「有名アナウンサーと行く○○○○」みたいになっとるから恥ずかしい…
そのへんは僕の知らないところなんで。

このように「犬島の島犬」が島犬となるために渡った航路をたどり、島犬に会いに行くツアー。
チラシに記載されてない何かサプライズが出来ればと思うのだが。。。!!

当日は僕とセイカさんもガイドとして船に乗ります。イヌTも出ますよ。
先日確認したら、もう若干申し込み受け付けてくれるとのこと、興味ある方はどうぞ。

日時 4月29日(火)昭和の日 雨天決行
集合時間 8:30 出発9:00
集合場所 三洋汽船乗り場(笠岡市住吉港)
対象 子ども~おとな
参加費 大人3,000円 小学生2,000円 4歳以上1,000円

当日スケジュール(変更になる場合あり)
住吉港(9:00出発)-白石島-瀬戸大橋の下-宇野港
-直島-牛窓港(30分ほど散策)-犬島(12:20頃到着)
-犬島散策-犬島(15:00頃出発)-住吉港(17:00頃到着)


<主催・問合せ・申し込み先>
ハーモニーネット未来 認定NPO法人子ども劇場笠岡センター
〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡5909
TEL:0865-63-4955 FAX:0865-63-4950 E-mail:kodomo1@kcv.ne.jp


詳しくは→→http://www.kcv.ne.jp/~kodomo1/event-2014.4.29inujima.html

企画者のハーモニーネット未来は「犬島ハウス~」のWSから参加してくれて、
瀬戸内海散歩の出航当日は手作り弁当販売までしてくれてお世話になりまして。
今回のツアーも僕はとてもうれしく思っているところ。

でわでわ、出航した船を見かけた方は白いハンケチ振って「わーん!」と…ってイヌ乗ってないか。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-24 07:15 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

掲載雑誌いくつか

「犬島の島犬」が掲載されている面白い雑誌。
書いておこうと思いながら遅れてしまった幾つか。

僕がもっとも楽しんだのは「まっぷる京阪神ペットといっしょ!」
雑誌の編集者の方が「犬島ハウスプロジェクト」をずっと見ていてくれて、
ガイドブックに掲載されることになったんだけど、見続けてくれていたことが明らかなように
限られたスペースの中に詰め込まれた情報が見事に全体像になってて嬉しかった。

タイルに関する記述には「寒風」も出てくるしね。
吠えるデクの吹き出しには、「犬島の島民の永遠の番犬」と書いてある。
b0052471_1642953.jpg

b0052471_16423097.jpgそれから愛知県立芸術大学の学生が作るアート雑誌
「PLUS OPUS」での地方作家インタビュー。
これは昨年3月にラガルトで開催した「イヌ用タイルWS」と犬島での特殊セメント作業の後に学生の岡田さんとメールでやりとりしたものをまとめたもの。

コンセプトや瀬戸内海横断についての僕の考えの詳細や、具体的な素材や加工法、特殊技法まで完全網羅してるというマニアック版。また関わる業者さんや協力者についても記述。

タイルを貼る作業以前までの様子が詳しく分かる内容。今なら、ここまで詳細に書けないと思う。かなり忙しい時期だったけど残せて良かったと感謝してる。(※この雑誌は入手困難かも) 僕の好きな彫金の柴田くんと載ってるのもうれしい。


それから「アートコレクターズ(2014年1月号)」の「立体アート特集」に
これまたPhoto by 田中くんの「犬島の島犬」写真が掲載されてる。
他のと比べて作品サイズがデカ過ぎるわな。

そして記述しなきゃいけない作品価格という項目…
もちろん「要問合せ」…誰が問い合わせるんだというのがステキ。


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]

生活の友社



まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)

昭文社


[PR]
by ryuzo3net | 2014-02-22 17:15 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

書きそびれてるとこらへん

「犬島の島犬」に関する昨年後半のもろもろ。
なかなか日記にする間もなく、「オープンドッグハウス」あたりも。
b0052471_2231766.jpg
Photo by 田中くん (2013.9.23)

Photo by 田中くんの今回の写真、DVD(量が多過ぎるから)で88枚はあったど…
資料や写真整理も続くんで、たまに思い出したように書かねば、と。

例えば、島犬の体内についても。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-01-04 22:01 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

笑顔だらけのアルバム

それから島犬の台座に目地を入れる作業など。
2日目にはハジメくん、3日目には高田さんと田中くんが来てくれた。
大荷物の移動なんかも助かった。田中くんの運転で島を走ったのも楽しかった。
ありがとう。

島の人には果物や鍋セットなど頂いて、寒い中だけど暖かい時間を過ごせた。
今年4ヶ月を超える滞在制作をさせてもらったハウスを再びみんなでクリーニング。

今回の滞在中、セイカさんは島民全員ひとりひとりを再び訪ねて、現像したみんなの写真を配ってた。
b0052471_22461649.jpg
さらに全員の写真を詰め込んだ200枚近い写真(Photo by 田中くん)が収められたアルバムをコミュニティハウスにプレゼント。旅先での記念撮影とは異なり、素のみんなが笑って写ってるのが楽しい。わいわいみんなで見て欲しい。
b0052471_22463188.jpg
今回は31日の大晦日の昼前まで滞在したけど、
冬の犬島にも、絶えず「犬島の島犬」を人が観に来てくれているということを知れた。
ほんとたくさんの人が来てた。島の人が西側に犬が出来てから観光ルートが変わったなんて言ってくれるのがうれしいなー。

そして、島で働く人が親を連れてきたり、島のオジさん、オバさんが
年末に帰ってきた息子や孫を連れて「島犬」に会いに来てくれてる。
笑いながら島犬を見上げる、そんな景色がいつまでも続きますように。
[PR]
by ryuzo3net | 2013-12-31 22:44 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

冬の犬島・・島犬の首輪タイル

先月、犬島の島民全員のタイルが集まった。

その首輪のパーツとなるタイルを監修してくれた陶芸家の大野文嗣さんは、
試し焼きなど試行錯誤して、僕らの理想に近いタイルに仕上てくれた。
いざ、首輪タイルの完成に向けて冬の犬島へ~
b0052471_222232100.jpg

b0052471_22224926.jpgなんとなく呼び出されそうな予感もあった大野さんは28日を休みにしてくれてたから一緒に上陸(期待通りに呼び出したけど)。大野さんのサポートのおかげで順調に貼り進めていけた。彼のパズル陶板を僕一人で組んだら、もっと時間かかったろうな~。

ただ、この日の犬島はハンパじゃない風で凍える寒さ。
海沿いに居る島犬の海側が作業場なもんだから、なんでも押さえてないと脚立でもなんでも飛んでいく。寒過ぎて指先の感覚がなくなるからタイルを落とさないのに必死。なんで指先の無い作業手袋選んで持ってきたんだオレは!

←←あまりの寒さに、デクの耳も立つわけだ。
b0052471_22231433.jpg
そんな今年最も寒いと思われる犬島の海辺で、
大野さんと首輪のタイルを貼り終えたのは最高だ。本当にありがとう。
僕の適当なトレースをもとに難しい収縮率など試行錯誤してドンピシャで合わせてくれた。
島のみんな、喜ぶよ。
[PR]
by ryuzo3net | 2013-12-28 22:21 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

犬島の冬

寒過ぎてビビってて。吹き荒れる北風が半端じゃない。
数日前にはマイナス六度の場所にも居れたのに。
島犬の居る辺り、特に冷えると聞いてたけどホントかもな。
風ってスゲー。

もう十分な思考回路で貼れなくなるし、指先の感覚が鈍い。
目地なんて出来るかなー…本日4時半でギブアップしました。

大野さんのタイル設計は見事でした。
本日はカイロを幾つも体に貼りながら
北風に耐えて付き合ってくれた大野さんに感謝。

さー今年もギリギリまで作るぞー
[PR]
by ryuzo3net | 2013-12-28 18:21 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

祝!!犬島の島民全員のタイルが集まった〜!!

犬島のコミュニティハウスから始まった飼い主達による「犬島の島犬」の首輪タイルWS。
その後も、そこかしこで待ってくれてる島民と道端で制作したり、各家に訪問制作したり、
作るために追いかけて来てくれる人たちなど、初日だけで40数名の素敵なタイルが集まった。
b0052471_17492692.jpg
コミュニティハウスでは、制作が困難な高齢者、現在施設に入所して島を留守にしている人も
島民の方達によってリストアップされ、有志が書き始め全員が助け合う形となった。

「今、島にいる人たち全ての名前を刻みたい」という島民と僕たちの気持ちがひとつになった。

みんなのホントに楽しそうな姿が見れたこと、待っていてくれたこと、
「感動」と言う言葉しか見当たらない。1日中、夜6時頃まで隙間無くWSは続いた。
さらに島民だけじゃなく、犬島で長年働いている人たちも多く参加してくれた。

途中、ハギオさんが手づかみで獲ってくれたタコをみんなで食べたのも楽しかったなー。


b0052471_175466.jpg1年の3分の1をこの島で制作に没頭して本当に良かった。WS初日、駆け付けてくれた髙田さん、萩尾さん、田中くん、そして首輪タイルの監修に加えて一緒に回ってくれた大野さんに心から感謝。うれしかった!


2日目は島民の方にガイドしてもらって、初日に参加できなかった家々を訪問。

犬島最高齢の方の散歩待ち(ほぼ一日中歩いてる!?)&科学工場に勤めてる島民の帰り船待ちをしながら、夜の5時半に全てのタイル制作が終わりました。


祝!!島民全員のタイルが集まった〜!!


(←写真左は犬島で回った回覧板byセイカさん)



さらに初日のphoto by 田中くんの頑張りと、翌日の僕のつたない撮影で、
島民ひとりひとり全員の記念写真も完了~。

全員参加&全員撮影など島民の方も驚くことだそうで、
帰るときも「みんな楽しかったよ」と声をかけられ嬉しかった。祝、パチパチパチ…!!!
その足で、瀬戸内市へ行き大野さんにタイルを手渡す。あとは釉薬をかけて焼成。

これらの複雑なパズルのピースが次回窯から出されて、
「犬島の島犬」の首輪でひとつの形に繋がる。わくわくするよなー。



「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-12-04 20:49 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

島犬の首輪

島犬に残された空白の箇所、そのひとつは首輪の部分。
印象的な赤い首輪には、島民の名前とメッセージが書き込まれたタイルが貼り付けられる。

そのタイルの制作を支えてくれているのが、瀬戸内市の陶芸家・大野さんと三浦さんだ。
パズルのように不定形に分割されたデザインで、これまでのイヌ用タイルとは異なる制作方法。
とても手がかかる主な作業を大野さんが担当してくれた。

今夜は、そのお手伝いも。
b0052471_1885033.jpg
これは楽しいパーツになるだろうな、と想像しながら最後はみんなで梱包。
特にみんなが字を書いた後は重ねないように傾けないように細心の注意を払わなくちゃ!
b0052471_1891122.jpg
12月3日から犬島で島民との制作がスタートする。
[PR]
by ryuzo3net | 2013-11-28 23:06 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

瀬戸内海横断散歩 牛窓 20130520 (倉敷経済新聞)

倉敷経済新聞さんより、大量に写真を頂いた。
そのなかで、フィルム撮影された写真を一部紹介。

b0052471_2141117.jpg
島犬のおとぎ話、大歓迎を受けたイヌの牛窓到着と出発までの間、
少しリラックスしてるイヌと旅の仲間たちのオフショット集。

牛窓の方たちから差し入れられた昼食を食べながら。
町内で「イヌが出発しますよ」と放送が流れるまで、
太陽のまわりに現れた丸い虹を見てたり。


●倉敷経済新聞
【巨大なイヌの像、瀬戸内海を「お散歩」-倉敷の海岸でも「ワン!」】
http://kurashiki.keizai.biz/photoflash/396/
【巨大なイヌの像、瀬戸内海を「お散歩」-倉敷の海岸でも「ワン!」】
target="_blank">http://kurashiki.keizai.biz/headline/258/
b0052471_21431129.jpg

b0052471_21432925.jpg

倉敷経済新聞 →→ http://kurashiki.keizai.biz/

「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-11-25 21:44 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

瀬戸内海横断散歩 渋川沿岸 20130519 (倉敷経済新聞)

倉敷経済新聞さんより、大量に写真を頂いたので一部紹介。

島犬のおとぎ話、雨の日にイヌは渋川沿岸の砂浜へマーキング。
そこでも2人はカメラを構えて待っててくれた!


●倉敷経済新聞
【巨大なイヌの像、瀬戸内海を「お散歩」-倉敷の海岸でも「ワン!」】
http://kurashiki.keizai.biz/photoflash/396/
【巨大なイヌの像、瀬戸内海を「お散歩」-倉敷の海岸でも「ワン!」】
http://kurashiki.keizai.biz/headline/258/

b0052471_21135.jpg

b0052471_2112117.jpg

b0052471_2113353.jpg
倉敷経済新聞 →→ http://kurashiki.keizai.biz/

「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-11-25 21:01 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)