蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:さいたまトリエンナーレ2016( 125 )

浦和経済新聞の記事

今日は蔵で鳥・猫・舟を作ってた。
35度くらいなのだが、湿度が高いのか常に汗が噴き出てくる。
とちゅう、6号大ちゃんと室温がヤバイなとため息。

先日、浦和経済新聞が展示中の作品を取り上げてくれていて、
サポーターの田村佳可さんが取材に答えてくれていた記事が出ていた。

b0052471_19202092.jpg

浦和経済新聞
『プラザウエストで川埜龍三さん作品展示 さいたまトリエンナーレ出品作品』

https://urawa.keizai.biz/headline/312/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-07-25 19:36 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

B世界ふたたび

b0052471_1126943.jpg
【 B世界ふたたび 】

■ 「さいたまトリエンナーレ2016」で発表された川埜龍三の歴史改変SF美術作品『犀の角がもう少し長ければ 歴史は変わっていただろう』( http://www.ryuzo3.net/sai.html )が期間限定でさいたま市桜区のプラザウエスト玄関ホールに展示されます。

プラザウエストの詳細はこちらへ→http://www.saitama-culture.jp/plazawst/

■ 今回の展示用に新バージョンとして犀形埴輪、犀引き埴輪、犀引かない埴輪の3点で構成した並行世界「さいたまB」をぜひご鑑賞ください。

期間   2017年6月15日(木)~ 2018年3月30日(金)
会場   さいたま市プラザウエスト
住所   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
入場料  無料
連絡先  TEL.048-858-9080(プラザウエスト)
[PR]
by ryuzo3net | 2017-06-18 11:49 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

犀の帰還

まず、セイカさんと2週間振りにカッコ良く再会!になるかと思いきや、
改札を出られなくなって駅員に相談しているところを見つかる僕。

浦和駅からサポーターのお迎えで桜区のプラザウエストへ。
市役所の人たちのギコチナイ準備運動を横目で見ながらトラックの到着を待つ。

トリエンナーレサポーターを中心に、マッチョ軍団が集まり犀神輿。
b0052471_2255349.jpg

b0052471_22555584.jpg
東京滞在中のアカリコちゃんも加わり、最終的に11名で設営作業。桜区長やプラザウエストの職員、市の職員も代わる代わる大勢やってきてくれた。あらたな展示が決まってから、親しい人たちにも僕はほとんど話していない。ただ、今回の組立はさいたまの人たちと出来たら良いなと思ってた僕にとって、理想的な犀の帰還になった。
b0052471_225679.jpg
プラザウエストでは、そんな作業段階から、子供たちは走ってくるし、大勢の老若男女が犀形埴輪の回りを行き交う。子供が「犀引き埴輪」を指さしながら「バナナが踊ってるー!」。確かに。
b0052471_22561869.jpg
夜は、サイ会と称してCafe Toneで拓郎を聴きながら飯を食う。昼間に来れなかった人たちとも再会。みなさんにありがとう、そんな夜だった。プロジェクトとして召集された昨年のトリエンナーレ。僕にとってプロジェクトはイベントで終わるものではないので、こうして再び作品を介して集まれたことに嬉しかったなあ。

P3のベランダで、今回の設置作業の報告。
そのはずが、僕のせいでほとんど無駄話だったかな。
でも楽しかったし、とにかく笑えたから良かったと思う。



期間   2017年6月15日(木)~ 2018年3月30日(金)
会場   さいたま市プラザウエスト
住所   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
入場料  無料
連絡先  TEL.048-858-9080(プラザウエスト)
[PR]
by ryuzo3net | 2017-06-16 22:54 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

ふたたびさいたまへ

犀の帰還が正式に決まってきてからは、急ピッチで6号での台座制作が進んだ。
僕がのんきに他の制作をしている間・・いや、どれもがんばってるか。

2人で台座の制作をこないしてくれているから、「意外と軽いんだな」と
思っていたら大間違いの肉体労働を任せていたわけで、重かった。

今回は6号のおかげで模型通りの巨大な台座が完成し、リハーサルも終了。
b0052471_22183559.jpg
日の出の4tトラックに積み込むにも、
トラックの内寸を調べてもらってギリギリの調整、お見事。

みんなに見送られて犀たちは出発、僕も見送られてひとり新幹線。
あーこの2週間で人間として成長してる僕。ふたたびさいたまへ。


「犀の帰還」 2017-06-16 →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26942081/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-06-13 22:17 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

犬Tだもの

2日連続してワタナベ文具に出勤。

作業は昼までに終了して、持参してるオレ弁当と合わせてカレーうどんもいただく。

午後からは蔵の前で合板をとっかえひっかえトップコート。
そろそろ、そこそこ大詰め作業。
b0052471_18504696.jpg
帰り道に、下校途中の女子中学生たちと擦れ違ったとき、
大きな声で「良いTシャツですね!」と言われよろこぶオレ。
犬Tだもの。夏までにもう少し刷ろうかな。
[PR]
by ryuzo3net | 2017-06-08 18:59 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

雨天決行

目が覚めて雨。

夕べ8年ぶり、人生2度目の洗濯作業のおかげか。
大ちゃんから「変更する?」の電話が鳴ったころには、もう出発済。
靴も靴下もびしゃびしゃのまんま、雨天決行でいいじゃないか。

たまには。
b0052471_18271684.jpg
それにしても重い、今回はとてもとても重たい。
祭りが終わるまで、大丈夫な腰でいないとアウトだな。
つくづく。
[PR]
by ryuzo3net | 2017-06-07 18:27 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

セイカさんとB塗装開始

セイカさんと合板16枚と合板小6枚の塗装。
蔵6号では、「さいたまB」の準備が進められている。
晴れてる今日は、6号と蔵の前の道で作業。
b0052471_19524425.jpg
それにしてもPCの調子は長らくイマイチで、作業する気が・・・
今日はネットにもつながりにくくなって一苦労でした。

正午ごろに、滋賀からもらっていたメールに電話で返答。
秋に展示するもうひとつの「B世界」の打ち合わせのはじまりかな。


犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう
http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまBハニワ研究ノート
ギャラリーラガルト通販SHOP・・・ http://shop.ryuzo3.net/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-05-23 20:05 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

平行世界ふたたび

「さいたまトリエンナーレ2016」で発表したSF美術作品、
『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』の展示終了直前から、
水面下で動き続けていた再始動。つい先日、搬入展示に関する時期もほぼ確定した。

新たな展示スタイルに合わせた制作も進んでいるところ。
図は、並行世界「さいたまB」の2017年版ロゴタイプ。

b0052471_0132967.jpg

「Bの予感」2017-04-28 →→→ http://ryuzo3net.exblog.jp/26823176/

犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう
http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまBハニワ研究ノート
ギャラリーラガルト通販SHOP・・・ http://shop.ryuzo3.net/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-05-23 07:14 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

犀が休んでいるところ

今日は犀の足の裏をのぞきに大ちゃんとセイカさんと某所へ。
犀が休んでいるところ、その眼前に広がる海の美しさ。

この景色、白い犬が横切っていった海だ。
大ちゃんによると、4年前のこの日、僕らは白い犬と瀬戸大橋をくぐっていたそうな。

本日、豊島や瀬戸大橋が見える晴天。
b0052471_22135045.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2017-05-19 22:12 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

ロゴタイム

けっきょく手描きでいく。
定規も置いて、ぴゅーっとマジックで描いて終える。

どの“タマ”でしょうか。
b0052471_23414754.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2017-05-16 23:44 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)