蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:RAVEN( 233 )

ツバサのスケッチ

「RAVEN」の翼のために描いた初期スケッチ。
b0052471_22125286.jpg

b0052471_22242350.jpg
2004年に絵を描いて、椅子作って、頭作って、下半身作って、くちばし作って、上半身作って、翼作って・・順番も時期もバラバラだったけど、もう少し頑張ればひとつになるんだろうな。
b0052471_22243738.jpg
今日は暑さでバテ気味だったな。でも良いカボチャが採れはじめた。

明日はラガルトに作品搬入がんばろう。


「RAVEN」・・・・・http://ryuzo3net.exblog.jp/i9/
[PR]
by ryuzo3net | 2015-07-31 22:27 | RAVEN | Comments(0)

僕にしかわからないうれしさがあった

もう型を外す事を我慢できなくなって、今日は朝からひっぺ返してやるぞ、と。
意気込んでみたものの、自分の力では動かない顔してる3mの重たい型。

考えてみれば2011年に同様のもうひとつの型をやり終えたところで、
車椅子暮らしになったわけで、そんな恐怖心から今日まで触れなかった「RAVEN」の翼。
僕の足もずいぶん良くなっているし、「RAVEN」を僕も求めている。
セイカさんやハギオさんやモンゴにも励まされる形で、再開しているのだ。

ということで、も一度念入りに準備運動、さらにもう一度しておこう。

ジリジリと各所に力を加えながら、暑さで体力を消耗しながら、ひっぺ返した。
中のFRP製マスター原型を取り外した。僕も歩ける、2015年の腰は大丈夫。
過去の自分の恐怖を猛烈な汗とともに超えられた瞬間だ。

僕にしかわからないうれしさがある。あの日倒れた自分を、やっと乗り越えた。
b0052471_2062243.jpg
今回は屋上用の塗料をシリコン代わりに使用するという実験でもあったんだけど、
僕たちのやり方は、ここまでは成功してるといえるかな。
b0052471_20636100.jpg
外した2つの型を、再度1つにまとめて終了。
取り出した原型を洗う。僕の仕事場には水道が無いから、これは地味にボチボチやる。

足の裏が一昨日からチリチリ痛いなぁーと思っていたから、
今日は一段落したあとで、面倒くさがらず見てみると押しピンが刺さってた。

もう少し気にしよーよ、自分。
[PR]
by ryuzo3net | 2015-07-26 20:38 | RAVEN | Comments(0)

R

横浜出発まで、まだ余裕があるなーと
頭の中ではアレやってコレやって、新たにこんなん始めて、掃除して・・・

まずは「RAVEN」のデカい新作版画にエディションとサイン。
時間があるからと、「R」の落款を廃材の木で彫りはじめてみる。
版画マエストロのアンヘル・ラミーレスとの共同作業思い出しながら。
楽しくなっちゃって2色にしたり、それぞれ版画にペイントしたり。
b0052471_18201412.jpg
気がついたら準備のため、帰らなきゃいかん時間に。
見た目にほとんど働いてないような。

でも、今回の「RAVEN」の新作版画ホントにイイと思う。


■川埜龍三個展 「無心に降る百年」
会期:2014年10月3日(金)~10月13日(月) *8日(水)休廊
時間:12時00分~17時00分 *最終日は16時まで 
会場: Gallery I  京都市中京区寺町通夷川上ル西側久遠院前町671-1寺町エースビル1F西
作家在廊日:3~6日、12、13日

-A hundred years falling to the mindlessness- Solo show
Fri,Oct.3rd - Mon,Oct.13th,2014
GalleryI
Teramachi Ace Bldg. 1F
671-1 Kuen inmaecho, Teramachi-dori Ebisugawacho Agaru,Nakagyo-ku,Kyoto city

[PR]
by ryuzo3net | 2014-09-29 18:21 | RAVEN | Comments(0)

大判の「RAVEN」版画

今日は児島のパウハウスへ。

数年前に社長が作成してくれていた「RAVEN」の版を、遂に刷る!
のまえに昼ごはんとコーヒーをご馳走になり、満腹でそのまま帰りそうだったけど。

ほんとに楽しかった!!
b0052471_22595290.jpg
そのあとは、さらにジーンズの生地やTシャツを使って遊ばしてもらう。これがまた楽しかった!!
b0052471_232437.jpg
これらは少し手を加えられた後、京都個展「無心に降る百年」に登場する予定。

月に1度はパウハウスに来て制作してる気がする。ありがたいです。
2006年にはじめて会った「倉式」のときから社長は変わらない。
僕の作品の前で、僕が来るのを作品集を片手に待ってくれていた姿をよく覚えてる。
付き合う人によって、人は変わったりするけど、社長はほんとあの時のまんまだ。



■川埜龍三個展 「無心に降る百年」
会期:2014年10月3日(金)~10月13日(月) *8日(水)休廊
時間:12時00分~17時00分 *最終日は16時まで 
会場: Gallery I  京都市中京区寺町通夷川上ル西側久遠院前町671-1寺町エースビル1F西
作家在廊日:3~6日、12、13日

-A hundred years falling to the mindlessness- Solo show
Fri,Oct.3rd - Mon,Oct.13th,2014
GalleryI
Teramachi Ace Bldg. 1F
671-1 Kuen inmaecho, Teramachi-dori Ebisugawacho Agaru,Nakagyo-ku,Kyoto city

[PR]
by ryuzo3net | 2014-09-22 23:15 | RAVEN | Comments(0)

模様の下地、少しずつ上へ

なんだかやけに寒い。でも、蔵は4℃ある。
例年通りなら、まだ寒くなるんだろうなー。

今日は、4号の改装に手をつけようかと鼻息荒くやってきて
まず必要な木材が足りないことに気がついて萎えた。

気がついたら「RAVEN」の塗装。少しずつ模様の下地を上に進ませる。
b0052471_2252475.jpg
この作品や、近日始める大壁画の部分制作のためにも改装は必要だろうな。
大きく気分も変わるしな。
[PR]
by ryuzo3net | 2013-01-21 22:51 | RAVEN | Comments(0)

RAVENのボンヤリ模様

相変わらず、時間を見つけてはコツコツ...
それが今は楽しい「RAVEN」の制作スタイル。

ズボンなのか何なのか僕にも良くわからんが、腿の辺りの装飾を白くしているところ。
もう少し模様を見えにくくしたら一旦終了。この模様は下地だからボンヤリみえるくらいに。

上着も同様に進めた上で、上書きする模様をこの辺にも描くから。また今度。
b0052471_2052245.jpg
今日は大ちゃんとゴミ出し行ったり、木材集めてきたり、高田さんが「ハウスプロジェクト」用の粘土持ってきてくれたり、萩尾さんがゴツイ木材集めに来たり、そんな蔵4号。

「RAVEN」の頭部を家でもやろうかなと背負って帰ったのはいいけど、
家に帰ると、また文章書いたりし始めて、出来なくなるんだよな...
[PR]
by ryuzo3net | 2013-01-17 20:52 | RAVEN | Comments(0)

嘴を外す

近所の神社に歩いて初詣。
今年一発目。「RAVEN」をするしかないだろうと蔵4号。

肌の質感を作る前に、塗装の下の塗装をするため嘴と目を外す。
b0052471_17563663.jpg
目は川崎の太郎美術館で展示するため適当に造ったものを入れていただけ。
完成までにギラギラした本物の目を作る予定。楽しみ。

ということで、塗装の下の塗装完了。薄く薄く塗る。
このあと真っ白に加工してから肌が少しずつ現れてくる予定。
b0052471_1756359.jpg
嘴はマスターを仮に使用してたから、これから本番用の成形。何個か造りたいなー。
b0052471_17564676.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2013-01-02 18:07 | RAVEN | Comments(0)

左手と左足の肌

本日は左手と左足の肌のみ下地塗装。やっぱり手デカいな。
単に色分けしてたものを実際の色用に処理してるところ。
b0052471_1974034.jpg
彼の左手は椅子の背もたれと椅子に挟まれているから、手の甲から先は表に出てるけど
手のひらを見るには下に潜り込むようにしないと見えない。
b0052471_1975439.jpg
今日は頭を外して、嘴を外して、頭部もいきたかったけど...次は首や頭部の皮膚だな。

明日は「犬島ハウスプロジェクト」制作+制作風景の写真撮影。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-12-30 19:12 | RAVEN | Comments(0)

RAVENの色

蔵5号で全長5Mを超えるイヌを造ってると、
4号の羽根のない「RAVEN」は小さくなったように感じる。

下地というより、単に色分けしている最中だった彼に、本格的な下地を付けていく作業。
b0052471_18395290.jpg
本日は右足と右手の肌のみ。
b0052471_18401680.jpg
「飛べない鳥のクラウン」で磨いた着色方を移植してる感じ。
想像していたような強靭な下地が出来た。いい気分。
これで、どんどん彼の肌に近づいていくだろう。
b0052471_18402820.jpg
ヘルニア決定打となった羽根の再型取りは、いまだ行えず。
ちょっとした恐怖がのこったまま。
6ヶ月近く頑張って、ずいぶん調子はいいものの、ちょい怖い。
ここ1、2ヶ月で体力も回復してきたし、来年は挑戦出来る!
[PR]
by ryuzo3net | 2012-12-01 19:42 | RAVEN | Comments(0)

最近は型取り

一人なんでキリの良いとこまで粘ると、弁当食べるのが夕方5時とか変な時間になってしまう。

ゴムの内型作って、FRPで外型作って明日は骨組み。
b0052471_19451688.jpg
そんなこんなを×4回やれば終わるという型取り。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-11-03 19:49 | RAVEN | Comments(0)