蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

約1年ぶりに制作風景放送

昨日はフクロウの足になる木を削ってて、ひっさしぶりにカッターで指を切った。
まーなんでもないのに良く血が出るもんだから鉄臭い絵の具にしてやった。
それでも地道な制作は続いてる。今日はそんな様子をテレビせとうちカメラマンが撮影に蔵にやってきた。芸術家っぽいバッサバッサと筆を走らせる絵でも撮れればいいんだろうけど、僕は大きな絵でも小筆でチマチマ淡々と描くほうなんだな。豪快に動かんといかん時は、多分人は寄せ付けないだろうし。難しいもんだ。
短い放送時間ではあるけど久々に僕の地味な制作風景がTVで流れます。良かったら見てやって(テレビせとうち見れる人)
 
 ●5月1日(火) ザ ニュース TSC  17時15分~
b0052471_15275682.jpg
放送が夏の個展のいい宣伝になればと思う。
今日は会えんかったけどテレビせとうちY本さんにはホント世話になった。
新しいせとうちビルの20階には眺めのいい不味い食堂があると聞いたから、
是非、そこで食事でもしようY本さん。

川埜龍三個展 【グラン・ママの葬列】
会場 星ヶ岡アートヴィレッヂ  
〒780-0964 高知市横内153-1 TEL(088)843-8572
日時 2007年 7月28日(土)~8月5日(日) 
    〈休館日 7月31日(火)〉

では、ちょっと数日出かけます。いまさら資料・材料集めてこよー。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-27 15:53 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

首3回目

なかなか思うようにいかず3個も襟元のパーツを作って今日なんとか成功。
フクロウの足も出来てきた。地道な毎日は続く。
b0052471_190280.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-25 19:00 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

続く地道な制作+帰りたそうなデク

↓の上写真、描きあげて像を起こしてビックリ。想像してた通りほとんど見えん・・・
このテトラポットのような物体。しかし作品の前で転べばハッキリ見えるはずだ!

手を抜くべからず。
b0052471_1554196.jpg
現在は寝かせた状態で造ってるが、自立している理由は右↑写真。
こんなんなってます。搬入時に木枠は外される。

b0052471_1555130.jpg
そんな中、13時間近く同行してたデクは、もーうんざりな様子。今日は雨だったから一緒にトボトボやってきたものの・・・俺は犬が居ることも忘れそうだし。
そんでもみんなにお菓子をもらってたからいいじゃないか、デク。

帰ったら爆睡してました・・・
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-23 02:19 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

地道で楽しい制作

今、メインで制作中の新作はタイトルこそ変わると思うけど「祖母のテーマ」3作目。
のべ12年かけて3作目まで来たなあ。これで一先ず終了するだろう。
そんで3作目にして、絵だけど祖父と共演出来た!      (↓写真右)
描いてて思ったけど、眉間の辺り、おいらも遺伝子受け継いどる。確かに。
b0052471_04461.jpg
写真左は作品上に平面で描かれてる人が持つ時計。(作りかけ)
描かれているスペイン語の言葉と時計の意味を合わせ見たとき少し怖くなる・・・

作品の画面は地図みたいなもので置かれるべき場所に全て収まってくる。
立体の豊かさはイメージに奥行きを持たせ、作品の放つ声に重厚な響きを持たせる。
壁画を作る上で学んだ手段だけど、単体の彫像で使うのは初めてじゃないかな。

原画を描いたときにやりたかったことがハッキリかたちになり始めた。
これからは登場するモチーフを言葉で書き出せるから完成までの予定を立てた。
来月半ばには、この作品は大方完成する。明日からは一週程横に寝かせて制作。

さて、来週からは制作中の他の新作立体に本格的に手が入りそうだ。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-21 23:03 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

亀の守り

天気が良いからデクの散歩の後は、亀のマサヤンの散歩。
マサヤンが以前、一日行方不明になった時も、本棚の奥で動けなくなって固まってるのを助けてくれたデク。いわばマサヤンの命の恩犬。
b0052471_10345655.jpg

もちろん今日も目を離すことなく、「マサヤンはどこ?」と尋ねたら、
こうしてすぐに教えてくれる。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-19 10:30 | デク・クラ | Comments(0)

DM制作中

高知から帰ってから、展示内容を再確認しながら作品の予定立ててます。
それとDM原稿を何パターンも試作中。今までのDMの感じと全然違うイメージだ。
初めて案内状を作った頃のようなアナログ感も引っ張り出してきたくて、書体に苦戦中。
b0052471_2357133.jpg

↑はスペイン語タイトルロゴ。今日は蔵でたくさん作ったけど、これなら部分的に使えるかとか考えながらバリエーションも増殖中。DMは6000枚印刷予定。(まだ増えるかな)今回は通常より早く、展覧会2ヶ月半前にはさまざまな所へ配られていくはず。

個展の話をもらった昨年の秋は、かなり緻密な造形でそれほど大きくないものを数点制作予定で進めてたのに、いろんなことがあってホントに内容が大きく変わった。構想してたモノ達もかなり面白いもんではあったけど、僕が今作らなければならないものではない。アイデアや選択肢はたくさんあるのに自然に答えがひとつになるのは いいことだろう。
なんだか不思議なことにデビューの展覧会のような気がする。
あー、も一つ、もう一つ限界を超えたい。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-18 23:50 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

高知へ――会場視察

「グラン・ママの葬列」の個展会場となるのは、高知市の星ヶ岡アートヴィレッジというギャラリー。オーナーの平岡さんはキューバで2週間近く同室で寝泊りし、ハバナでの活動を応援してくれた同志であり、僕とセイカさんの仲人でもあるのだ。当然ギャラリーには何度も足を運んでいるけど、自分が個展をするとなると中途半端な記憶やイメージは要らない。しっかり全てを把握する必要がある。ということで待ちに待った視察の日―!

b0052471_0442486.jpg アドバイザーのセイカさんはもちろん、照明、運搬など会場内を組み立て個展をサポートしてくれる仲間達5名と会場内の床、壁、天井高、窓枠の木材の寸法から、照明や電力、照明に必要なケーブルの長さ、音響、作品設置方法、搬入手順等の技術的なプランを立てながら、「グラン・ママの葬列」という今回僕が作る物語を鑑賞者に伝える手段を探る時間になった。
 選択肢の中で何が最良であるかは今後、作品が教えてくれることになると思うけど、みんながそれぞれにアイデアを出しながら、イメージを膨らませた。初めて展覧会をしたときから同じように会場準備には向き合ってきたけど、手伝ってくれるみんなのイメージ、手段や方法、知識やテクニックが格段に向上してる。僕は、なおさらイイ作品をと心がけるのだ。
 

今後は、図面の上や、蔵で仮に会場を想定しながら制作や照明準備を進めていける。今回の視察でいい作品だし是非造りたかったものも取り止めで、別作品が制作決定したものもあるし、テーマやイメージを確信した分、作品や物語も、より引き締められて行くはず
今までの星ヶ岡アートヴィレッジを知ってる人には、以前の風景を忘れてしまう驚きが生まれればと思う。僕にとってもこれまでで最高の物語と展覧会にする。

帰宅後、本日撮影した大量の会場写真を整理中。今日はみんな、ありがとでしたー!! 

川埜龍三個展 【グラン・ママの葬列
会場 星ヶ岡アートヴィレッヂ  
〒780-0964 高知市横内153-1 TEL(088)843-8572
日時 2007年 7月28日(土)~8月5日(日) 
    〈休館日 7月31日(火)〉
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-17 23:53 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(2)

祖父と祖母 古い写真

今日は半日、古い写真の整理。蔵には夜中に3時間行っただけ。
祖父も祖母もホントに幼い頃からの写真がたくさん残ってるのに驚かされる。
写真館かどこかでおめかしして記念撮影なんかだと分かるけど、気楽な海辺の水着写真なんていうスナップもある。今回時間をかけて少しずつデータにしながら、その小さな写真を修整してまとめるつもり。数年前にも汚れた写真をキレイにしたものが祖母の部屋に何枚も掛けてある。今度は量が多いから一仕事になりそうだ。
それにしても白黒写真っていうのはいいもんだ。ほんとにそう思う。
気になる写真は、少なくとも写真を撮影した前後数分間の思いが内包されてる感じがするものもあって、想像をかき立てられる。

写真は二人が結婚する少し前じゃないかな。20前後の頃の写真。
祖母が大阪で始めた喫茶店に、難しい本でも読みながら祖父が通いつめる以前のものか 
b0052471_335114.jpg
二人は自分たちの描いた未来に生きれたかな。 明日は誰にも分からん。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-15 04:03 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

DM用写真撮影会

夏の個展「グラン・ママの葬列」のDM制作はとっくに始まってたんだけど
今回はいろいろ考えた挙句、ラジャ・ラウトの時のDM写真を撮ってくれた田中君に撮影してもらおー!と勝手にセイカさんと話した日の夜、田中君が制作風景撮らしてーと来たもんだ!偶然気が合う事ってあるんだな。しかも蔵に田中君が撮影に来るのは今日が初。
とりあえず、気が合うねェと事情説明。DM写真もこんな感じのものを数枚とお願いした。

僕はいつもどうり黙々作業。傍らでは床に寝そべり、ハシゴに登り、中二階に上ったりと計3時間程で約120枚撮ってくれた!早速夜中にDM仮構成をしてみる。
エエじゃないかー!

田中君、(助手のキャプテン大も)アリガトー!!

↓はDMとは関係なくスナップ写真の一部。
b0052471_3193448.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-14 03:10 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

心臓は砂

こないだ海に行ったときに拾った砂で心臓を覆ってみました。(写真右端の中央)
思ったより重くなったが、フクロウが持ってくれる予定なのだ。
b0052471_2039222.jpg
まだここから脈が出たり、やることはたくさん。けどあらためて見るとにぎやかになっとる。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-04-12 20:55 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(2)