蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

魚は行き場なし!?

b0052471_2173773.jpg個展後、地元の仕事を優先して進めたけど、なにやら不穏な動きが続くなーと思ってたら、2転3転4転して追いやられたように魚の設置先がスポーツジムの前??依頼当初の予定は覆されその後の展開の中でも最悪の状況。市役所や教育長が絡んできた模様。まったく役所連中は相も変らぬタコばっかりです。もちろんそんな場所に置くわけないし、とりあえずややこしい話はお断りなんで。今回僕は造ることが仕事、環境をまとめ設置場所を空けておくのがJCの仕事。まっ、それぞれの仕事をしっかりこなさなければこうなる見本。この町にはコリゴリですな。個展の片付けも出来てないうちから猛暑の蔵で続けてたのに作品はお蔵入り。残念です。

↑は予定に急遽割り込んで入った仕事。他は半年以上前から頼まれてる仕事がほとんどなんで、これからは気分を直して丁寧に楽しみながら年内がんばります。
まず来月3日早朝からは新見市に設置される像2体の型取りで、鋳造へ流す前のFRP成形が僕の担当。材料も揃った。

b0052471_2181699.jpgということで、我慢続けてきた腰痛も肉体労働の前に治療しようと整体へ。セイカさんの前にある新聞、ジャンプやマガジンは三島喜美代さんの焼き物作品。大原美術館にもあるので知ってる人も多いのでは?ここには有名な作家さんが遠方からも多く訪れるそうで、作品が定期的に入れ替えられながら展示されてたりする。主人の好みはバリで、現地で手に入れた古い民族工芸品があちこちに置いてあるから見てるだけでも楽しいとこだ。僕は骨盤のズレも1、5センチくらいで以前の2/3くらい。前傾姿勢が多かったようで背筋が固まってる程度。少しずつ良くなってます。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-31 21:46 | アトリエ外活動 | Comments(1)

和ぃ和ぃ邑

「倉式VOL3」は「家具のひらやま」さんが先日建てたギャラリーで開催中。
見所は木をふんだんに使った建築。木の良さ、職人の遊び心が全面に出てました。置かれている家具の中の数点は僕も気に入ったものがあった。僕の見る点は、木材の美しさはもちろんだけど、陶芸の器で欲しいモノを探すのと同じ感じ。極端な見た目の面白さじゃなくて、微妙な加減と使う人の心地を考えた細部へのこだわりみたいなところと隠れた遊び。何点か魅かれるものがあったなー。職人はスゴイね。
b0052471_23431535.jpg
ひらやまさんにじっくり話を訊けて楽しい時間を過ごせた。
その一つに漆はうまく塗れば一層で70年木を長生きさせるという話があった。ここに置かれているものの中には13層塗られているものもある。それだけ塗れば1000年生きるそうな。そんなにもたなくてもいいのだ、と思うかもしれないがロマンを感じる。だからこそ状態良く発見されてきた古代の遺品もあるのだから。
木と人間のとても大事な精神性でもある。

ここまでは単なる見学だけど、実は仕事を受けていてその下見も兼ねていました。
年内、目標・・・・だ。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-28 00:03 | 倉式+蔵式 | Comments(0)

船で海に出た

今日は珍しく丸1日休み。七号の船で海へ出たー!
仕事場の目の前に面白そうな島がいっぱい並んでるというのに、2年ぶり海へ。7月にも誘ってもらってたけど制作で行けず、今日は思い切って船出。
無人島付近に船を泊めて、みんなは銛をもって魚を獲りに出て行った。
僕は泳げないし、顔を水につけるのが苦手だから、ライフジャケットを着て、さらに大きな浮き輪に支えられながら船の周りをプカプカ漂う・・・って少しでも流されかけたら助けてもらってました。常に救助されてる人の図だったはず。
b0052471_22341995.jpg

短い時間だったけど、棟梁や若旦那は素もぐりで魚をたくさん獲ったし、移動して釣りを始めてからも、みんなよく釣れた!オレもたまには陽に当たらないといかんな。みんなのおかげで楽しい一日でした。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-25 22:49 | 旅日記 | Comments(0)

色塗り始めました

b0052471_2194468.jpg
この2日で形になってきた気がする。
明日は、ほぼ休みにしたから明後日からヒレを付けよー
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-24 21:11 | 蔵④号日記 | Comments(0)

170センチ弱の魚、現在の様子。

セイカさんが軽々抱えてくれてますなー↓
今日、明日で進めるぞーと意気込んでのぞんだ結果、イイ感じ。
b0052471_0262386.jpg
街を造るのに時間がかかったけど
下地を3色ほど重ねてホワイトでラインの下書きもだいぶ出来た。
形としては、あとヒレを3つ付けたりFRPのパーツを付けないとな。
存在感出てきた。ただ時間があまりなくて今回ばかりはドコまでできるか不安。
造形的には「Raja laut」と「MERRY CRISTMAS FOR PUNCHーDRUNK FISH!!!」を合わせたような感じです。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-23 23:59 | 蔵④号日記 | Comments(0)

暑くてたまらん毎日だ

この1週間は蔵も暑かった!一度熱がこもるとなかなか逃げんから平均して34℃くらい保ってくれる。締切りに追われていても暑さに逆らう気も無く、ぼちぼち造る。昨日降った雨で、今日あたりから少し楽。蔵④号は一日通して32℃くらいか、それでも全然違う。蔵仲間では④号は老舗、まだ新しい七号、⑥号にはエアコンも付いてる。この1週間は少しウラヤマシかったが、まだ自然環境のまま④号は在り続ける予定(扇風機は使用)。あー旅に出たい。
b0052471_23222124.jpg
ここんとこ連日、仕事をせかすように依頼者関係者が続々来蔵。
まー逆効果でよけー進まんぞ。あー旅に出たい。もーしばらくガンバロ。

今日は、姫路から高知へ展示を観に来てくれたお客さんがキャプテン繋がりで白石島経由で遊びに来て壁画も観てくれた。また遊びに来てよー。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-20 23:41 | 蔵④号日記 | Comments(2)

田中くんが撮った「グラン・ママの葬列」①

ラジャ・ラウトのDMや、今回の個展DMの写真、会場別室にも展示してた制作スナップを撮影してくれた田中くんが撮ってくれた「グラン・ママの葬列」の一部を紹介します!
b0052471_0283635.jpg

b0052471_0285256.jpg

b0052471_029762.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-14 00:31 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

田中くんが撮った「グラン・ママの葬列」②

おっと!「グラン・ママ」全体写真は初公開か!?
b0052471_0315368.jpg

b0052471_032423.jpg
b0052471_0321616.jpg
できたら大きな写真で紹介したいけど、ここではこのくらいか。
田中くん、アリガトー!!
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-14 00:30 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)

新しい仕事

蔵④号では、個展後の片付けも不完全な状態で次の制作が始まってる。
ホントは脳ミソがちょっとくたびれてるから、旅にでも出たいとこだけど
仕事がたまってて、休めないのだ・・・
帰蔵後にまず始めたのが地元からの依頼もの。
高知へ渡る直前に依頼されたもので納期がナント9月頭(に設置!!)
まったく冗談じゃない話だけど、やれるだけやってみよう・・・
高知で展覧会中に今後作らなければならない数件まではスケッチしたりしてたから造るだけなんだが体がまだ本調子ではない。
急激に減った体重も少しずつ戻しながらガンバロー

b0052471_21431656.jpg
仕事場を笠岡に移して約6年、地元絡みの仕事で気持ちよく終了した例無し。
壁画やマーク制作等、ひどいのになると仕事途中から、数年音沙汰無しのものも。間接的に仕事自体が消滅したのを知ったりして。どれもこれもアイデアだけ出して動き回ってただ働き。この町は、どうなってるんだ!?地元には甘いつもりも今回、気持ちよく進まなければ2度とやらないでしょう・・・と愚痴もこぼしつつ。
今回は、子供向けにタイムカプセル(170㎝弱の手紙を食べる魚になる予定)。
10年後に開く予定で手紙を300通ほど腹に収納します。

それより何より、我が家の畑が復活したー!!
長いこと手を入れてやれなかったからずっと気になってたのだ。
しかもデ~ッカイ西瓜もなってて、これがとにかく美味かった!!
どのくらいうまかったか言うとここ数年食った西瓜の中で一番うまかった。
手を入れれず厳しく育てたけど、立派に成長してくれた。
まだ生ってるから楽しみだなー。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-13 22:09 | 蔵④号日記 | Comments(0)

グラン・ママを完成させるため高知へ 

祖母の死を挟んで半年、この展示をやり切るためだけに走り続けてきた
それでは、みんなで高知へ上陸~!と、その日は38度の猛暑。
会場には空冷も入れられてない、長いこと不眠症気味だった僕はどうも体調がおかしい・・・顔が熱く、汗の量が半端じゃないっ!僕は搬入早々熱中症になりました。搬入で倒れるなんて初めての事ながら、この汚点は今後搬入の度にからかわれることになるでしょう・・・情けない。仲間の好意で近所のレストランで休憩後、やや体調を回復させ、その後2日半かけて会場をRYUZO三使用に改造していきました。
会場1Fの初日の搬入模様は↓(セイカさん撮影)
b0052471_2304277.jpg
電気の配線、照明機材、大型のフェーダーだけでも個展で個人レベルで扱う代物でない。美術館でもなかなか出来ないことやり始めてると思う。今回はチームで個展を作り上げてる実感が強い。みんな大汗かいて動いている、妥協せずに意地を見せようとしてる。2日目にはモンゴと制作したサウンドトラックを流すオーディオとスピーカーも設置、ステンドグラスで上部の長さ17Mの窓も覆った。

俺たちみんなが初めて観る光景が広がり始めた!
b0052471_2384296.jpg

スペイン語でと「グランママの人生と死」と背表紙に書かれた本をブックカバーから抜き始める「扉は開かれている」で始まる作品群。「神話の運命」~「いつか世界の果ての着く」~「孤独なフラクタル」~「変身」~「グラン・ママ」~「青い青の中のカラス」~「人間のつなぎめ」~「手紙」~「止まった日時計」~ラストにグラン・ママの新しい「home」にたどり着くまでの物語を僕は<グラン・ママの葬列>というタイトルで描いてみたのです。もちろん地下の作品も含めて12作品全てにシンプルだったり複雑だったりしてつながりあっているのです。

↑写真は僕が適当に撮った会場写真。ちゃんとしたんが出来たらまた載せます。
でも会場に来てくれた人は分かると思うけど、今回の展示は体感しなければ解けない秘密がいっぱいで、写真では1割伝わるかどうかだと思うな。
今回の空間全てが作品になりかけてる。作品自体作りたいものが少しづつ作れ始めてるし、やりたい空間が形になり始めてる。次はもーっと凄いの造るで~
b0052471_2385537.jpg
        (石田くん撮影↑)

今回、岡山、広島、兵庫、東京、神奈川、富山と遠方から高知会場に駆けつけてくれた皆さんありがとう!心から礼を言います。

↓「グラン・ママの葬列」を一緒に造り上げてくれた友人達。
それぞれの専門の腕とセンスが無ければ完成しなかったし、助けが無ければ半年を走りきれなかったな。感謝してます。今度はもっとデカイ箱でやろー!
「祖母のテーマ3部作完結」、まーこれでオイラもグッスリ眠れる。

・・・良く見ると搬出後のスタッフTシャツのほとんどがすでに次回作!?に着替えられてる気が・・・
b0052471_239946.jpg

ホントにみんな良く頑張ってくれた。

<グラン・ママの葬列>
原案・造形制作  川埜龍三
翻訳・アドバイザー  瀧口西夏
照明  Mongo、 石田くん
作品運搬  たっちゃん
協力  蔵④号かわの制作所、蔵⑥号、蔵⑦号、笠岡放送
宣伝部長  平地くん
作品写真  やぎゅう写真館
DM写真、制作スナップ写真  田中くん
グラン・ママ写真集  アート印刷
Tシャツ制作  パウハウス

<グラン・ママの葬列 サウンドトラック>
作曲・演奏者 川埜龍三、 Mongo
使用楽器 Eギター、ドブロ、ハープ、ピアノ、ジャンベ、
     ボンゴ、コンガ、カホン、カリンバ等
Mixed,Recording Engineer  Mongo
Recorded and mixed at Kura6go studio
Track3 recording at Furuta studio
Mastering engineer  Edaking
Special thanks  Captain&Seika


お祖母さん、インスピレーションをありがとう。
[PR]
by ryuzo3net | 2007-08-09 23:02 | 「グラン・ママの葬列」(07) | Comments(0)