蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2011年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

羽の型取り(3)

今日はFRP成型。
今回の作品は全体的に重くしてるけど、羽の加減をどうするか。
様々なケースを想定してイメージを固める。
b0052471_23334625.jpg
写真では伝わらんが、マスクをしていても鼻がバカになる。
換気設備が無い空間で10年こういった作業を重ねた。総決算と思って頑張る。
b0052471_23335147.jpg
みなさんのおかげで再び型を組み上げた。蔵は人力。

明日、どうなっているか・・・
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-30 23:33 | RAVEN | Comments(0)

羽の型取り(2)

全体を石膏で包んだ。反面に取っ手を付けるところから今日はスタート。
b0052471_23321179.jpg
昨日を反省して強力な助っ人セイカさんに手伝ってもらう。僕1人では暗い仕事場が明るくなる。
b0052471_23321553.jpg
おかげで粘土抜きも、型の修正も終了。

翌日の準備をしておく。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-29 23:30 | RAVEN | Comments(0)

左羽の型取り(1)

石膏で型作り。
b0052471_23292490.jpg
高い位置から床に下ろして作業するため変な木組み。

「このくらい1人で倒せるさ」と挑んだものの、かれこれ長いこと腰が良くなく
「オレはいけるぞ~」と言ってるのに、途中で腰が「ムリは出来ませ~ん」と言うもんだから、オレ下敷き。

そんな期待はずれの腰と付き合いつつ一日目終了。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-28 23:28 | RAVEN | Comments(0)

明日のために準備

羽と背中のジョイント凸凹出来た。スポッとハマる。
羽の粘土原型とジョイント凸を合わせて手直し。
b0052471_18504663.jpg
体と羽の中に、トンネル用パイプを固定、その内径に金属パイブが通り体と羽を接続する仕組み。
ジョイントのパーツは上下左右の傾きを軽減し固定するためのもの。
ボルト等を使用せずに密閉された外から見えない箇所同士を
正確な位置、角度で結び、強度を保つためこの方法にした。

最終的には、いつもどおりのオレの好い加減な「感」が頼りということだけど。
b0052471_185050100.jpg
今日はセイカさんにも出勤してもらって明日からの型取りに向けて準備だった。
これからしばらく修羅場が続くぜ。わーい。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-27 19:20 | RAVEN | Comments(0)

蔵四号の変遷

すぐ手元にあった写真で、蔵四号の変遷~
b0052471_2349963.jpg

b0052471_23491252.jpg

2002年・・・ロフトを制作中。
2003年・・・壁画原型制作中。
2007年・・・グラン・ママ制作中。
2011年・・・現在、RAVEN制作中

[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-26 23:57 | 蔵④号日記 | Comments(4)

背中側の羽の取り付け口

まずは、上半身を外して。
b0052471_2121241.jpg
羽側の凸型に合わせた背中側の凹型のFRP成型。
b0052471_2121627.jpg
明日は、石膏取りの準備をしながら、
羽と背中のジョイントパーツにパイプを通す穴を開けたい。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-26 21:02 | RAVEN | Comments(0)

僕の仕事場大公開的写真

b0052471_22192010.jpg「RAVEN」はキツキツの場所で造ってたのか!と写真見て客観的に驚いてしまう。
あれこれ造ってたりするから雑然。
広いところで造ってみたいなぁ。

初めて真横から見た。「へ~ッ」となった。

月末から羽の型取りがスタートする。
万が一失敗したらコレが最後の見納め。
ということで、今日もPhoto by 田中くん
ありがとー。


サービスなのか説明的なのか、とにかくここまでは来たゾという写真の連続。
b0052471_22195582.jpg
右羽は石、植物、生物的イメージで進む。  上の写真のどこかに僕が隠れていま (・・・コレはヒロシくんの写真日記)
b0052471_2220195.jpg
右羽は木、船、民族的イメージで進む。台座の奥行きは最低でも4M以上必要だな。

b0052471_2256380.jpg

これが見納めとならんよう、修羅場を潜り抜けたいと思います。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-25 22:59 | RAVEN | Comments(2)

気分を変えて

今日は、気分を変えて古い絵などを描き足したり仕上げたり額装したり。
制作で気分が落ち込んだら、また作品を制作すると元気になる。

夕方は、ラガルトのリピーターさんがデクのおやつを持って来蔵。
セイカさんから聞いてたけど僕は初めて会った。
日記をずっと読んでくれてるそうで、今日も読んでくれてるだろうか。
いつもアリガトー。
b0052471_2112855.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-24 21:01 | 蔵④号日記 | Comments(2)

感情がないような

切り抜いた背中の穴に、羽の接続部分となる凸型の受け入れ用の凹型を粘土で造る。
この粘土製凹型は、羽の接続部分用の凸型をFRP成型するための雌型となる。
b0052471_2091791.jpg
粘土で成型→FRP貼り込み

水離型の要領でFRPの貼り込み。
そこに、先日成型した羽に取り付ける背中の雌型を接着。要らない部分を切り抜き。
出来たパーツを外して研磨。

う~ム。自分で書いてても何がなんやらわからんようになる内容だな・・・
とにかく羽側のFRP製パーツがだいぶ形になったという事。


今日は、珍しく無感情な1日。
楽しくも苦しくもなく。喜ぶこともなく、
弁当も喉を通らず、只ただ作業。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-23 20:10 | RAVEN | Comments(0)

版画をやりたい!

ちょっと前から版画をやりたくて。
今日は、いつもラガルトでお世話になっている児島のパウハウス(PAUHAUS)さんに行ってきた。
b0052471_19112233.jpg
忙しい中、森田さんがシルクの版を作ってくれて、試行錯誤するより何より数枚刷って
結局、版画といってもナンバーを付けるようなもので無く、一枚一枚かなり違う出来上がりになりそう。
刷りたいもの、やりたいことが溢れてくる。

これは楽しい・・・次のラガルト企画は僕の版画展で決定だ。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-04-21 19:11 | アトリエ外活動 | Comments(0)