蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2011年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

上半身の下地塗装

蔵の温度に慣れてきてしまった。31℃くらい普通な感じ。
2年ぶりに扇風機を出したことも良かった。

紙貼りを終えて、色を4層塗りこんだ。これでズボン同様に上半身の下地段階終了。
デカいとやりがいがある。
b0052471_19343699.jpg
次は、陰影を加えた薄い塗装を加える。そんで文様を描き込みながら徐々に白くなる。

その前に肌や椅子を塗装するか。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-30 19:40 | RAVEN | Comments(0)

上半身の紙貼り

記憶では確か1998~99年あたりから紙や布を立体に使うようになった。
なかでも「不滅の標(しるし)」や「祖母のテーマⅡ」のように紙を貼るのはなかなか大変。
b0052471_19513355.jpg
でもあと数日で本当に綺麗な肌に変わっていく。立体キャンバスが出来上がる。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-27 19:52 | RAVEN | Comments(0)

今週のラガルト

今日はギャラリーラガルト。

b0052471_2295592.jpg
持ってきた中から、7点を掛けたりピンで止めたり。
まだ、全体の構想の一部といった感じだけど、少しイメージする部屋っぽくなってきたかな。
最終的には100作品作って、80作品展示する予定。もっと密度が増すな。
週に1日弱しか描く時間が無いから、それがまた楽しみで楽しみで。

現在、「RAVEN」以外に制作している立体作品の原画も公開中。
b0052471_22122352.jpg
※すでに予約してもらっている方の分は、マークしていたり、飾らず収納しているので御安心を。



川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F 営業時間:毎週 土・日・月曜日( 11:00~18:00 )
 

Ryuzo KAWANO Galeria oficial LAGARTO
Kurasiki Jeans 2F, 3-22-25,Achi,Ciudad de Kurashiki,Okayama,Japon C.P.710-0055

[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-26 22:20 | ギャラリー・ラガルト | Comments(6)

あちーなー

なんてこった。この時期から連日室温32℃とは。えらいこっちゃ。
痩せ我慢は良くないぞ。スポーツみたいにある程度快適な環境だからこそ力が出せるってもんだ。
もう、今回が蔵最後の夏にしたい・・・来年はもう辛いだろー。湿度7、80%で頭が煮だってボー・・・

とは言いつつ目標持って頑張ってるところ!
今はひたすら「RAVEN」の上半身の紙貼り。


明日はラガルト。
次作の立体のドローイングを含む新作の平面6点は壁に飾れるかな。少し多めに作品持っていこ。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-25 21:04 | 蔵④号日記 | Comments(2)

ズボンの下地作り終了

「RAVEN」を分解。

今日の蔵ん中、湿度は80から70%に落ちたものの、室温31℃・・・無風。
後半は、暑いというより息苦しくなってくる。まー毎年の事、まだまだこれから温度は上がるか。
これからは外の日差しの下の方が涼しいな。

下半身のズボンらしきものを4~5層重ね塗りして下地が終了。
もうしばらくしたら模様を描き込んでいくから、その準備といったところ。
b0052471_1957388.jpg
蔵に来たセイカさんが、俺の作品らしくなってきたって言ってたけど、
ホントこれから生命を与えて行く作業ってとこだな。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-23 19:57 | RAVEN | Comments(0)

BankARTショップにて、作品集販売スタート

「ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR」の開催会場に指定されてる日本郵船海岸通倉庫BankART Studio NYK内にあるBankARTショップにて僕の作品集3種が販売されることになった。

b0052471_14575082.jpg僕も大好きな本屋で、いつも利用してきたとこ。
ここに僕の本があるってことはウレシイ。

販売決定したのは以下の3冊。

写真右 
「RYUZO三 ARTBOOK 1994~2003」

写真左下 
「ビエンナーレ大作戦」

写真右下 
「異形の胎動」


LAGARTOとBankARTshopで作品集販売~

b0052471_14582724.jpg


「RYUZO三 ARTBOOK 1994~2003」

高知・岡山での制作風景や、未発表作品原画を多数収録した初作品集。
彫像壁画「感覚サレルベキモノ」の細部にわたる制作過程が見れるのが特徴。
 
発行日  2005年6月15日
発行者  川埜龍三
テキスト 松本教仁 柳沢秀行
編集・デザイン  かわの制作所  
協力・印 刷  アート印刷株式会社
仕様 24×24(㎝) オールカラー 88ページ 定価3000円(税込)



「ビエンナーレ大作戦」

国際展への独自の正式参加方法、作品の運搬方法や問題点、滞在中の現地制作について。
キューバという国の歴史、文化機関の役割、キューバアート特集等を収めた記録集。

発行日  2009年8月8日
発行者  川埜龍三
発行   日本キューバ現代美術交流展実行委員会
助成   財団法人 福武教育文化振興財団
テキスト・写真・編集  川埜龍三 滝口西夏 岩崎秀雄 小林重予
翻訳   滝口西夏
作品写真(P.7)  やぎゅう写真館
資料協力  プロモ・アルテギャラリー
仕様 A4版 オールカラー64頁 定価1000円(税込)



「異形の胎動」

17歳~32歳(1994~2009年)までに発表した134作品を掲載。
笠岡市立竹喬美術館での個展「異形の胎動」に合わせて製作した展覧会図録。

発行日  2010年10月23日
編集   川埜龍三 
      笠岡市立竹喬美術館
デザイン 川埜龍三
テキスト 上薗四郎
写真撮影 柳生篤成 田中祐次
発行   笠岡市立竹喬美術館
制作・印刷 アート印刷株式会社
仕様 A4変形(ワイド)144頁 表紙・裏表紙グロスPP加工 定価2500円(税込)




b0052471_1510548.jpgBankART 1929 →
http://bankart1929.com/

BankART Shop Twitter → http://twitter.com/#!/BankART_shop

BankART Studio NYK
〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9
TEL : 045-663-2812 FAX : 045-663-2813
[横浜みなとみらい線「馬車道駅」 6出口[赤レンガ倉庫口] 徒歩4分]

[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-20 14:57 | 作品集・写真集・記録集

岡山のアート事情 in BankART

現在、BankARTには50組の作家がレジデンス中。
ブラザー齊藤さんの呼びかけで僕は岡山(或いは地方)でどうやって専業芸術家としてやっているのかを話すことに。これは個人的な実験の報告でもあるけど、もっと大きな視野で作家がないがしろにされてる現状や地方の理不尽さを暴きたいという2人の共通意識もあってのこと。そのうえで、どう生きるのか・・・

これをひとつの切欠に今後はトリエンナーレ時期の横浜はもちろん岡山・倉敷でもこのようなトークをブラザーと仕組んで展開させたいと思う。それをやることに意味があると感じた。

b0052471_1421083.jpg

b0052471_14245542.jpg

b0052471_16414272.jpg


b0052471_15432011.jpg〈岡山のアーティストが語る岡山のアート事情〉
OKAYAMA?
アートシーンとか、オルタナティブなスペースとか、レジデンスとか…
アーティスト 川埜龍三/倉敷芸術科学大学 齋藤等
日時 2011年6月19(日)14:30〜16:00
倉敷芸術科学大学 ヨコハマゼミ スタジオ
入場無料・予約不要

[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-19 15:25 | アトリエ外活動 | Comments(4)

ヨコトリPRキャラバン隊のリサーチツアーに突然参加

先日のヨコハマトリエンナーレPRキャラバン隊のリサーチツアーに突然参加。
テーマは「みえない境界線を見る」。観光で知られている横浜以外の横浜を歩くというもの。
これから各地でダンスでトリエンナーレをPRしていくダンサーたちと歩く横浜。
時間が進むにしたがい、僕もダンサーの気分(気分だけ)。
先頭を歩く案内人は、船本由佳さん。いつもありがとう。
b0052471_027670.jpg


横浜駅赤い靴の少女前集合
ポートサイド地区通行しみえない境界線を体感
横浜中央卸売市場見学・坪倉さんインタビュー
シーバスで山下公園へ
中華街は富延でランチ
りえこさんの話しを聞く
寿町福祉会館前を通過・公園見学
伊勢佐木モール福富町を経て都橋商店街を見る
日ノ出町の竜宮旅館美術館で開催中の展覧会を鑑賞
黄金町エリアマネジメントセンターで山野さんに話しをしてもらう
さらに平野さんにエリアを案内してもらう
ジャンリュックヘルムート作品のあるカフェスターをチラ見しつつ、きぃ房茶さんに店舗構造を見せてもらう
ここで45分ほど自由行動
聞き耳プロジェクト収録中のまこくら遠田部長とヨコトリ総合ディレクター逢坂さんとすれ違う
シネマジャック&べティを見てnitehiworksへ
パーティ準備中にもかかわらず中を無理いって見せてもらう
その佇まいと活動にぐっときたメンバーも多かったようだ
若葉町のタイ料理屋さんの前を通り吉田町で立ち並ぶBarをスルーしつつ都橋の二階を通過
野毛ちかみちを通って桜木町へ
一部解散
(フナモトユカの150センチの世界より抜粋)


濃ゆい。
休憩時間、今井さんに紹介された茶屋「きい房茶」良かったなぁ。


再び、BankARTに戻って徘徊。建築の橋本さんも合流。

僕が横浜を徘徊してたのは15年前。今のような町作りは存在無く、たまにBゼミ寄ったり程度。
そのころ何度か交流のあった元Bゼミ生でBankART立ち上げから勤務してる曜くんと15年ぶりの再会。

今井さんの紹介でアマゾンクラブ→バスバーをはしご。
暗くてメニューも見えない楽しい店内の連続。ディープな夜を過ごした。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-18 23:17 | 旅日記 | Comments(3)

ガラスと陶の2人展

b0052471_22252755.jpgいつもお世話になってる2人。備前焼の高田裕之さんとガラスのベンジャミン・サスエタ・ロドリゲスさんの2人展をオススメ。

僕は明日から横浜だから行くのが遅れるなぁ。
興味のある人、ぜひ遊びに行ってみて下さいまし。


「ガラスと陶のふたり展」
2011.6.16 thu ~7.3 sun  10:00~18:00
火曜日休み

ギャラリー&カフェ このま 
倉敷市児島赤崎2-9-24 086-473-3600

Lilyのブログ → http://ameblo.jp/bgdglass/
ギャラリー&カフェ このま → http://www.conoma.jp/
[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-16 10:00 | お勧め等々 | Comments(0)

水彩だけで描くの何年ぶり

「飛べない鳥のクラウン」の全身像のために描いたスケッチから1枚を版画にした。
確か京都で「アナクロモノクローム」展やってる時の夜、半屋外的な喫茶でセイカさんは締切り間近の歌詞翻訳、僕はアホな顔して絵を描いてた。そんな時の1枚。
b0052471_21213979.jpg
久々に透明水彩で色付けはじめた。高校時代から使ってるパレット。
混合ではなく透明水彩だけで描くのは・・・2000年代で初じゃないか・・・うーむ思い出せない。
新鮮味が薄れて止めたようなそんなような記憶があるような・・まーいいや。どんどん描けそうだ。

2時間弱楽しんだ。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-06-15 21:21 | 蔵④号日記 | Comments(0)