蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2011年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

アルバムジャケット

最近はPC作業に座る椅子と腰が合わなくて、すっかり億劫になって日記から離気味。
ちょっとしたもの持って激痛だからヘルニアって簡単に治らねェんだなと再確認するこの頃。


ということでボロボロなわけだけど、楽しみもあるのだ。
東京のピアニスト、栗田妙子さんのソロアルバムを発売するにあたり
オイラがCDのアルバムジャケットを制作していること。

11月くらいにマスタリング前の音源をもらって、ずっと聴いて、聴いて描いた。
CDサイズではなくて、レコードジャケットサイズで描いた。(最終的にCDサイズデータにするけど)
2012年3月3日発売予定。詳細はまた来年。みんな買ってなー♪
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-22 23:57 | アトリエ外活動 | Comments(0)

チャリ

b0052471_1536825.jpgラガルトの常連さんで競輪選手の石原さんが、僕のためにと自転車を組んできてくれた。選手の石原さんも職業柄腰痛を抱えることがあるとのことで、そんなとき歩くより四つん這いに近いチャリの方が楽だそうで。僕も少しづつチャレンジ。
ほんと、アリガトー!

熊本の競輪選手中山さんもラガルトに来てくれたり、自転車に引き寄せられてるからなぁ。来年は自転車作ったりツーリングに出られたらいいなぁ。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-19 18:35 | 蔵④号日記 | Comments(0)

Kip Hanrahan 「AT HOME IN ANGER, which could also be called IMPERFECT, happily」

翻訳家・滝口西夏さんのお仕事紹介。今回はNYのアンダーグランドミュージック。

b0052471_14271899.jpg今回は鬼才キップ・ハンラハン(Kip Hanrahan)のちょっと長いタイトルの新しいアルバム 「AT HOME IN ANGER, which could also be called IMPERFECT, happily」

僕としてはキップ・ハンラハンの仕事が来るなんて〜!とホント喜んでいました。スペイン語歌詞についてはセイカさんがやっています。

レーベルアメリカン・クラーヴェを設立した人で「Deep Rumba」の連作や「american clave anthology」なら聴いた人も多いかも。生で「Deep Rumba」を観ているセイカさんが羨ましい。


株式会社イーストワークスエンタティンメント
Title : AT HOME IN ANGER, which could also be called IMPERFECT, happily
Artist : Kip Hanrahan
No : EWAC-1061
Price : \2500(税込み)

[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-15 14:24 | 音楽のススメ | Comments(0)

ギャラリーの展示替え

企画展終了後、常設展示に切り替えるため片付けやら搬入やら額装やら。
体を思うように動かせなかったから、少しずつ少しずつ。

昨日から新しい、冬らしいラガルトの展示。
現在開催中の「I氏賞受賞作家展」の会場に垂らした素描の原画も3点展示した。
b0052471_21402523.jpg
週末、リハビリもかねてラガルトで動いていたけど、徐々に階段の昇り降りも自然に。
今日はラガルトの扉の向こう、廊下側の棚を移動したり片付けたりも出来た。
足の痺れの残りと筋肉がつるような感覚を抑えるためビタミンB12を錠剤で購入。

まだ、前かがみの作業は続けられないけど確実に良くなってる。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-12 21:51 | ギャラリー・ラガルト | Comments(2)

第2回I氏賞受賞作家展の風景(3)

今回の展示かなり好評だと耳にします。僕も嬉しい。
万全で無い中、助けてくれた友人たちのおかげだと思う。
みんなが良い仕事をした。

b0052471_002685.jpg

b0052471_003378.jpg
Photo by 田中くん

第2回 I氏賞受賞作家展 ―あたらしいかたちをもとめて―

会期:2011年11月17日-12月18日 (月曜休館)
時間:9時~19時開館 入館は18時半まで
場所:岡山県立美術館 〒700-0814 岡山市北区天神町8-48

[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-10 23:03 | Comments(0)

九州湯治旅行〜最終日〜国東半島

b0052471_17411474.jpg

b0052471_17412295.jpg

b0052471_1741256.jpg
b0052471_17413870.jpg

b0052471_17414168.jpg

b0052471_17414649.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-06 23:39 | 旅日記 | Comments(2)

九州湯治旅行〜6日目〜別府

民宿水分で腹いっぱい朝食を食べて、早朝の間に2、3度湯治。

湯布院に立ち寄ったあと、別府の町に向かう。

b0052471_2012515.jpgここでは、まず「BEPPU PROJECT」の事務所へ。
05年あたりから、アートと町をつなぐ興味深い活動を行っているところ。事務局の方や、山出さんと話をした後、もらったマップ片手に別府の町へ。

なにせ別府の町は温泉だらけ。
「BEPPU PROJECT」のプラットホームを見ながら湯治もこなせる。

まずは「竹瓦温泉」。
1879年創業当時には竹屋根葺きだったが、瓦葺きに改装されたから竹瓦温泉らしい。
現在は1938に建設された建物が使われていて、昭和の趣。
僕らはせっかくだからということで、砂風呂へ。浴場の天井の高さがすごい・・・
b0052471_20121284.jpg

湯上りに別府湾を眺めながら少し歩く。
つい数日前は錦江湾から桜島を眺めてたんだなぁと考えながら。
b0052471_20121793.jpg

別府駅から徒歩3分。「駅前高等温泉」へ。
大正洋館風外観で宿泊もできるらしい。ゆっくり浸かりたくなるところ。
それにしてもさすが別府。いたるところで湯煙。銀行前も足湯完備。

この湯治旅、意外と温泉費用は安い。地元で健康ランドみたいなところに行くよりずっと安い。
が、別府は別格。街中の風呂のほとんどが100円で入浴できる。素晴らしい。
ここに住むなら俺家に風呂要らんなーと思った。
b0052471_20122752.jpg

b0052471_20123133.jpg腹が減って夕食を探す。この旅は土地土地の郷土料理を中心に食べてきたんだけど、そのどれもが意外と安い。良さそうな店を見つけて今回も千円で豪華な夕食にありついた。

そんな定食屋で竹瓦温泉で記念撮影を手伝ったカップルと再会。大阪から結婚の挨拶に来て、帰るまえの腹ごしらえに来たという。
奇遇だなぁ。お幸せに。


僕らは、それから国東半島方面へ車を走らせる。今回の旅、最後の宿泊先「道の駅 くにさき」。

向かいのコンビニでビールとおやつ。慣れ親しんだ車内で3匹車座になり乾杯!
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-05 20:02 | 旅日記 | Comments(0)

九州湯治旅行〜5日目〜阿蘇

道の駅 阿蘇で目覚める2回目の朝は雲もないよな秋の晴天。
今日は阿蘇の山々に出発。
b0052471_19142975.jpg
セイカさんの希望で米塚に向かう。
山の高さ80メートルの小ぶりな山だけどかつては立派な火山。
伝説では、健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、収穫した米を積み上げたから米塚。
b0052471_19143753.jpg

b0052471_19144698.jpgその少し離れたところでデクが大はしゃぎ。まーそりゃ楽しいわな。
弾けて走りまわっとる。

それから火山口に向かうと、
みんながゴホゴホ辛そうだ。
出来るだけ吸い込まないように火口を覗いていると警報が鳴った。
ガスが多くなったようで下山してくれというもの。見れて良かった。

それから草千里など観光。
次は緑の頃、健康な頃
また来てみたい。
b0052471_1914446.jpg


続いて白川水源へ寄り道。
米塚で会ったオジサンが言うには、そうは見えないが毎分60トンが湧き出ているとのこと。
確かに水底の土がぶつぶつと静かにわいている。旅用の飲料水として汲む。
b0052471_19444811.jpg

b0052471_19445928.jpg続いて大分県に寄り道。
九重町豊後中村から飯田高原に通じる県道40号線(飯田高原中村線)沿いにある九酔渓を走る。途中の桂茶屋で足湯して団子を食べる。なかなか美味い。

というところで、本日はこの旅唯一の宿泊先、「民宿水分」へ。
ここは露天風呂以外に掛け流しの温泉が各部屋に付いている。
しかもデクも一緒に泊まれるという自由な宿。
一軒家が並んでいて、各家に一家族泊まれる広い宿。
ここで今日はゆっくり湯治するのだ。

宿泊代も安めなのに、夕食も豪華。
これで足りないという人はいないだろう。
b0052471_1945346.jpg
部屋に付いてる掛け流しの温泉も広いなぁ。
車中泊が快適過ぎて、宿はいらなかったかなとも思ったけど、
これはこれで良いもの。オススメの宿。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-04 19:16 | 旅日記 | Comments(0)

九州湯治旅行〜4日目〜南阿蘇

阿蘇駅の隣、道の駅阿蘇で起床。ここは車中泊にGoodな道の駅。
しかし本日曇。阿蘇の山々を眺めたいのだが曇天で灰色の空ばかり。

気分を変えて、昨日雲海橋レストランで見た「阿蘇ファームランド」に行ってみるべし。
5、6年ほど前にドームハウスに興味があっていろいろ調べて見かけてたドームだらけの巨大施設。

b0052471_2351361.jpg健康をテーマに様々な施設を複合したテーマパークみたいな感じ。
僕は阿蘇健康火山温泉。セイカさんは人生初のスパとやらで泥を塗りに。

昼は待ち合わせて施設内の「ハーベスト」というレストランでバイキング。これがなかなか美味かった。



それから大分県の竹田市へ。凝灰岩をくり抜いて造られた「キリシタン洞窟礼拝堂」を見に行く。
天正時代に竹田市を訪れたフランシスコ・ザビエルは、領主の保護のもとで30年程布教活動。
江戸時代の竹田には1万千人の切支丹がいたそうだ。
格子越しに覗けば、ドーム型の小さな祭壇と小さな十字架を見ることが出来た。
b0052471_2332648.jpg


続いて本日2度目の湯治。長湯温泉ラムネ館へ。
セイカさんが是非明るいうちに行かねば!と言っていただけあって建築にワクワクする。
藤森照信氏の建築で焼き杉・漆喰・手捻りの銅版が表面を飾りつけ、屋根の先端には松。
小さなギャラリーまで併設された館内も楽しく、ギャラリー2Fから眺める夕暮れラムネ館も良い。

肝心の温泉だが、それはそれはスゴイ炭酸泉。かけ流しの湯が流れる浴槽や浴室のディテールも楽しい。
b0052471_233399.jpg


b0052471_2334028.jpgこの日の夜は再び熊本の道の駅阿蘇に帰る。
連泊すると、もう我が家のような気分。相変わらずの居心地と寝心地。僕らのホテル道の駅といった感じ。

夕食は、「ひめ路」という定食屋。
だご汁、高菜飯、ホルモンの郷土定食。ホント美味い。

道の駅阿蘇で5泊目の熟睡。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-03 23:06 | 旅日記 | Comments(0)

ラガルト休廊日のお知らせ

次回12月3、4、5日は、ラガルト休廊します。

翌週の12月10日〜は、通常通り営業します。

[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-03 09:00 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)