蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2012年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

襟回り

今日は午後のみ蔵入り。

高等部周辺のフワフワしたパーツや、襟回りを造る。
早く鳥の頭を造りたいなぁ。
b0052471_23073.jpg
夜は大ちゃん家で鍋。
人ん家で食事、久々だー。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-31 23:08 | 蔵④号日記 | Comments(0)

蔵に小さなヒーター導入

昨日、小さなヒーターを持って行ったから、今日はデクも出勤。
いつもなら床の上で俺の服にくるまって震えているのに、
ヒーターの前でノビノビ寝てる。おかげでヒーターまでが遠くなった。

b0052471_2242026.jpg
今日は後ろ側の襟や帽子の裾など作る。
写真では伝わらない、完成したらぜひ実物をグルリ回ってほしい。

クラウンは繊細。


明日はラガルトに行こう。
とはいえ、事務作業と書類作りでオフィスラガルトになるかな。
最近閉まってる店も多いみたいだから、セイカさんも寂しいらしい。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-29 22:47 | 蔵④号日記 | Comments(0)

髪の毛を作ろう

スパゲティーみたいな髪の毛をたくさん作る。
倉敷ジーンズ社長に借りてる伊坂芳太良の画集に出てくる人の髪の毛みたいな。
子供の頃に読んだ暗い絵本のペン画のような。
「飛べない鳥のクラウン」の性格を表すのに、この髪質が必要。

一度には作れないから数回に分ける。
今日は前髪と左右の下地。
b0052471_2135435.jpg
ま、近づかないと見えないんだけどな。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-26 21:10 | 蔵④号日記 | Comments(0)

寒い日のクラウン

蔵のあたりも雪がフラフラと舞ってる。
1月の蔵4号の室温、例年2℃だけど今日は4℃。いつもより寒くない。

だけど、寒い蔵の中。
b0052471_18474686.jpg
あまり重いものが持てなかったり、屈まないようにする必要もあったから
今までと違うやりかたで制作を進めてる。
粘土もFRPも使ってない。
そんな時だからこそ、試せることもあるし気が付くこともある。
不得意な楽器だから面白い曲が作れるような感じ。

次は髪の毛を造ろうかな。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-25 18:48 | 蔵④号日記 | Comments(0)

ピアニスト栗田妙子さんのソロアルバム「忽骨 ko-tsu-ko-tsu」

先日、amazonでの予約が始まった。
ピアニスト栗田妙子さんの初ソロ「忽骨 ko-tsu-ko-tsu」

僕はこのジャケットの制作依頼を受けたときは、ホントうれしくて。
まだマスタリングされてない音源を受け取り何度も聴いた。
レコードサイズのパネルを組んで聴きながら描いた絵を届けると、
栗田さんはアルバム名を「忽骨」と決定した。
b0052471_18342512.jpg

続いて、盤面も制作。それらを、PC上でデータにしてロゴを作って必要事項を入力。
音楽CDの盤面や裏に書いてあるいろんな記号などなど色々勉強になった。
b0052471_1835284.jpg

僕はレコードやCDが大好きだ。
子供のころからレコード屋でジャケットを捲ると一日があっという間。
音とジャケ、パッケージの触感までを含めた芸術が音楽だと思ってた。
だから今も、素晴らしいCDやレコードを手に取ることが止められない。

「忽骨」と名付けられたこの音源には素晴らしいピアノが収められている。
どの音を切っても、僕は栗田さんだと気が付いてしまいそうな鍵盤の音たち。
そのジャケットを描けた僕は本当に幸せだと思う。楽しかったな~。


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu

栗田妙子 / ミミノコプロ


[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-24 18:56 | 音楽のススメ | Comments(0)

キューバ関連本のベストセラー

15周年を迎えた「指さし会話貼」シリーズで2001年に発売された
「旅の指さし会話帳13キューバ(キューバ語(スペイン語))」をセイカさん(滝口西夏)が執筆。
また増刷決定。キューバ関連本のなかで、多分コレがベストセラー。

旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

滝口西夏 / 情報センター出版局

スコア:


[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-22 14:55 | お勧め等々 | Comments(0)

飛べない鳥のクラウン

今、「飛べない鳥のクラウン」の全身バージョンを作ってる。
b0052471_21462517.jpg

もともと「飛べない鳥のクラウン」は、全身像をいつか制作するつもりだった。
頭部のみを2008年に発表した後、全身像としては「homeroom」で
発表した版画の原画を元として、昨年の2月~3月に準備を進めてたもの。

僕も完成を見るのがすごく楽しみ。
前に屈む作業も少なくて制作できるしな。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-21 21:51 | 蔵④号日記 | Comments(2)

3月の展示準備

3月の展示「アートフェア東京」の準備も始まってる。
b0052471_12115390.jpg

(写真左) “加彩文官俑”
北魏時代(4~6世紀)
陶胎/H34.5×W9.0cm
原古美術店

(写真右) “沈黙にたまる雨” 2005年
FRP、着色、ミクストメディア
51.0×26.5×37.0cm
川埜龍三



なんで参加するのか。何をするのか・・・等々詳細はまた近いうちに。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-19 21:10 | 展覧会 | Comments(0)

クラウン

b0052471_22542646.jpg

引き続き朝から蔵。
両手の取り付け。左手がイメージ通りに生えないから試行錯誤。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-15 22:16 | 蔵④号日記 | Comments(0)

イモじゃない

これから体を作るところから始めなければ!という感じだけど
昨日病院にも行ったし、今のところ順調に修復回復中。

朝から蔵で制作。サクサクと楽しい制作。

午後からは、次の展示準備のため、ちょっと離れたところまで作品の選別に向かう。
蔵からも含めて6~7点の立体を集荷し、これらは展示シュミレーションを行うために
福山のギャラリーに移動していった。「使者はさかさに」などなど。


夕方からふたたび蔵。
ラガルトからの帰り道寄ってくれたセイカさんが作品を見るなり
「イモが付いてる!?」なんて。まーそんな風に見えなくもないけど・・・
「イモが気になって作品が見えない」と続く。いやいや、俺はイイと思うんだけどなー・・・

たまに意見が分かれるものだ。あれはイモじゃない。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-01-14 22:54 | 蔵④号日記 | Comments(0)