蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2013年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

イヌ用タイルの作り方 in 三鷹天命反転住宅(2)

春休み特別企画、《天命反転住宅+犬島ハウスプロジェクト~「イヌ用タイルの作り方」》
は、続いてて午後の部の建築見学WSとイヌ用タイルもWS終了。

三鷹反転住宅のコンセプトの中に、
「私たち一人一人の身体はすべて異なっており、日々変化するものでもあります。与えられた環境・条件をあたりまえと思わずにちょっと過ごしてみるだけで、今まで不可能と思われていたことが可能になるかもしれない=天命反転が可能になる、ということでもあります。」 という箇所がある。

こんな風に可能性や希望を揺さぶり前進させるものを、
モノヅクリとしても体で感じることが出来たような気がして。
WSという仕事を通してだけれど、プロジェクトを進めていくエネルギーをもらいました。


続いて、シークレットの夜のイヌ用タイルスタート。
b0052471_22583627.jpg
先日、奈義の「遍在の場・奈義の龍安寺・建築的身体」を体験してきたばかりのコッティ、
初めて来たにも関わらず、最もこの空間の住人だった(↓写真)。スバラシイ。
b0052471_22585513.jpg
いつまでも続けばいいのに、と思う時間が過ぎていく....
b0052471_2312948.jpg
夕べ、夜行バスに乗り三鷹まで来たPhoto by 田中くんも、僕もセイカさんも天命反転住宅で就寝。
b0052471_2321151.jpg
この空間、荒川さんや桃世さんはじめ、スタッフのみなさんに心から感謝。次は一週間の滞在で来たい。

興味をもった人は、ぜひ見学会や住宅で行われる様々なイベントへ気軽に参加して欲しい。
一歩入らなければ、体を動かさなければ、見ているだけじゃ分からないから。

魂は死なない。


続いて、僕らは大阪へ。


三鷹天命反転住宅 http://www.rdloftsmitaka.com/
犬島ハウスプロジェクト inujimahouseproject.com
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-31 23:12 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

イヌ用タイルの作り方 in 三鷹天命反転住宅(1)

続いて、横浜を出発して東京の三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Kellerへ。

荒川修作さんの作品の内部で、イヌ用タイルのワークショップが開催になるなんて。
b0052471_22512767.jpg
反転住宅スタッフの方たちの案内で
参加者は通常の建築見学会の短縮バージョンからスタート。

独特の床や、部屋の構成や間取り、色彩について自らが体を動かすことで真意を体験していく。
僕は部屋に入ってからずっと裸足のまま動いてて、靴下を履く気分になれない。気持ちイイ。
b0052471_2251529.jpg
Photo by 田中くん

続いて2つ目のワークショップ。
みんなが思い思いの場所で、ここの住人となったつもりでイヌ用タイルつくりスタート。
b0052471_22521160.jpg
Photo by 田中くん

3日に1日のペースで慣れない初めてのWS行脚してきた僕たちは、
そこそこくたびれてもいたけど、この空間に来てさらに動くことで疲れるのではなく
不思議と体が軽くなってきたような、もっと動いていたい心地にさせてもらった。
b0052471_2253314.jpg
各地それぞれで違った印象があるけど、天命反転住宅では
ひとり180gの粘土で2個、3個とサイズの違うタイルを作るのではなく、
ズバッと10cm弱のタイル1枚をスパッと作りきる人が目立つ。

なかには、僕とセイカさんを描いてくれたタイルがっ!!


三鷹天命反転住宅 http://www.rdloftsmitaka.com/
犬島ハウスプロジェクト inujimahouseproject.com
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-31 22:48 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

京都新聞ヨリ

先日は大阪日日新聞で大阪でのWSが記事になっていた。
若干、内容に事実と違う点はあるものの、
間違ってお金送ってくれる人がいてももちろんOK、ありがとう。


本日の京都新聞の河村さんが書いてくれた記事を京都の方が送ってくれた。

京都でのWS当日、出来る限り取材してくれた河村さんに感謝!

「芸術祭とは別に、もう一つのプロジェクト~」と完全無欠の個人企画だと分かり易いのがアリガタイ。
さらに5月11日の《寒風タイルプロジェクト》にまで触れて書いてくれているのが嬉しいー。
b0052471_20534463.jpg
記事は「古代と現代、島と島、瀬戸内と全国を紡ぐプロジェクト」と結ばれてる。

パッと見、壮大なことをしてるようだけど、イヌ事務局は僕とセイカさんと秘書デク....
...目の前のことから一つずつガンバルぞー。

(ワークショップの写真提供をしてくれたGallery I さん、ありがとうございました)

犬島ハウスプロジェクト inujimahouseproject.com
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-31 12:16 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

イヌタイルワークショップ in 横浜(2)

久しぶりの再会の人、初めて会う人、それぞれにイヌに興味を持って集まって、
午前・午後の2部制で約50人の人が楽しく制作に参加してくれた。
b0052471_22461072.jpg
会場ハンマーヘッドスタジオ「新・港区」 A8ブース 「」LAB(カッコラボ)にて
b0052471_2246346.jpg
横浜でも力作が集まる!そして完成したら見に行くからと地図に印をつけてくれたり。
これらのタイルは横浜から瀬戸内海へ!!
b0052471_22464958.jpg

b0052471_22163320.jpg企画を準備してくれた「」LAB(カッコラボ)のみなさんや
船本・桂さん一家に感謝!!

夜は船本・桂さん一家と今井さんと打ち上げ、そんで僕とセイカさんは船本・桂さん・BABYと就寝したのでした。

もちろんBABYの足型もタイルになってるぜ。

イヌタイルワークショップ in 横浜(1)→→ http://ryuzo3net.exblog.jp/20241009/


犬島ハウスプロジェクト inujimahouseproject.com
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-30 22:45 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

イヌタイルワークショップ in 横浜(1)

セイカさんが運転する車に道具やら材料やら詰め込んで関東方面へ出発。
足柄SAで時間調整した後、朝9時過ぎに横浜のハンマーヘッドスタジオ「新・港区」へ。

「ヨコハマトリエンナーレ2011(ヨコトリ)」の特別連携企画として「OPEN WEDDING!~新・みなとむらの大結婚式」(一般公開)が開催された時に、新郎新婦に向けて「トリの集まる本」というのを現場で制作させてもらった。その時以来だな。

◎ヨコハマ経済新聞(2011年10月23日)記事→→ http://www.hamakei.com/headline/6478/
◎2011年10月23日の僕の日記→→ http://ryuzo3net.exblog.jp/16520221

その時の横浜のみなさんの好意で、イヌ用タイルの1日限定WS開催。
A8ブース 「」LAB(カッコラボ)にて、《 犬島ハウスプロジェクト タイルワークショップ 横浜 》スタート!
b0052471_22372883.jpg

b0052471_22382728.jpg

b0052471_2239149.jpg
イヌタイルワークショップ in 横浜(2)→→ http://ryuzo3net.exblog.jp/20241057/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-30 22:36 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

イヌ作りは横浜・東京へ

今日は、蔵4号でイヌ用タイル制作の打ち合わせとレクチャー。
東北でのタイル制作実現に向けて僕らも頑張らなくては。

それから、横浜・東京に向け材料などの準備を整える。
疲れがたまり気味だし、行き帰りに休憩や仮眠が取れるように車内に簡単にベッドを組む。
b0052471_2020390.jpg
関東方面の方、イヌ制作に向かいます。みなさん、よろしく。


3月30日、《 犬島ハウスプロジェクト タイルワークショップ 横浜 》

開催日時2013年3月30日(土)
時間11:00―13:00/13:00-15:00(全2回)
会場ハンマーヘッドスタジオ「新・港区」 A8ブース 「」LAB(カッコラボ)
   〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-5 新港ピア

参加費用 大人 1000円(1名につき) 子供  500円(1名につき) ※材料費含む
  *駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関でお越しください。
  *施設への出入りには、スタッフによる誘導が必要です。必ず事前にご予約をお願いいたします。
予約申し込み犬島ハウスプロジェクトホームページ、または株式会社エイバンバ(045-226-5422)、専用Facebookページまで。

  
「新・港区」ホームページ  http://shinminatoku.bankart1929.com/index.html


翌日31日、《 天命反転住宅+犬島ハウスプロジェクト~「イヌ用タイルの作り方」~ 》

開催日時2013年3月31日(日)
時 間11:00~13:00 / 14:00~16:00 全2回
会 場三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller 気配コーディネーティングの部屋

入場料/定員大人 3,000円・子供(高校生以下)1,500円 ※建築見学会・材料費含む / 各回15名
お申込方法下記申込みは三鷹天命反転住宅ホームページから。
主催/協力ABRF,Inc. / 犬島ハウスプロジェクト


三鷹天命反転住宅 http://www.rdloftsmitaka.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-28 20:38 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

寒風土の準備と陶工たちの協力

今日は朝から高田さん、セイカさんと牛窓へ。
寒風陶芸会館で5月に開催される「寒風タイルプロジェクト」の準備。


今回特別に古の寒風土を使用するということで、
カチカチの原土を三浦さんらが砕くところはじめて粘土となるまでを準備してくれていた。

高田さん、三浦さん、大野さんと陶芸家に囲まれ荒練り&粘土玉作り。
少しすると、陶芸家の末廣さんも来てくれてさらに陶芸家に囲まれ、追い込まれる初心者の僕。

こうして初めての環境で迎えられ作業させてもらえるのは楽しい。
b0052471_2343472.jpg
タイル制作をする気満々の陶芸家の菊井さんもやってきてくれて、(今日はWSの日じゃないけど....)
今日は特別に豚汁とおにぎりが並んで、館長と陶芸家の小川さんも夫婦で来てくれて
みんなで昼食、美味い~!!ごちそうさまでした!

午後は小川さんところでイヌ用陶板をもらい、菊井さんとこでイヌ用細工モノの破片を集めたり、陶芸家の相賀さんからイヌ用陶板が箱で届いたりと楽しい時間。寒風に集まる陶工たちの参加や協力を得られて感謝!!

それから三浦さん、大野さんと作成中のリーフレットの最終打ち合わせ。
僕がプリントしてきたデータをもとに、あーだこーだ。ありがとうございました!


下は、「犬島ハウス~」の兄弟のような「寒風タイル~」の字書いてみた。ロゴみたいなもの。ちなみにサブカゼです。
b0052471_19232950.jpg
「寒風タイルプロジェクト」 http://www.sabukaze.com/event/156.html


◎寒風は飛鳥時代を中心に須恵器が焼かれていた土地であり、その昔寒風の土で作られた須恵器が貢納品として海路を使って都に運ばれていました。今回は現代版・寒風陶工として、当時使われていたであろう寒風の土を使ったタイル作りの参加者を募集します。完成したタイルは船で犬島に運び「犬島ハウスプロジェクト」の巨大作品の一部として恒久設置することで未来へ伝承し、希望を遺すことになります。


■ 第一回 平成25年5月11日(土)
寒風陶芸会館 岡山県瀬戸内市牛窓町長浜5092
一部 10:00~11:30  定員 30人(先着順)
二部 13:00~14:30  定員 30人(先着順)

■ 第二回 平成25年7月20日(土)
瀬戸内市立美術館3F研修室 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4911
*瀬戸内市立美術館企画展「イヌの記憶」開催初日                       
10:00~11:30  定員 30人(先着順) 

問い合わせ・申し込み先  寒風陶芸会館 Tel/Fax 0869-34-5680
主催: 寒風陶芸会館  共催: 瀬戸内市立美術館  協力: 犬島ハウスプロジェクト
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-27 23:05 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

塩はダメっ!!

熊本の河原町のみんなと過ごしている頃から、どうも喉が痛い。
喉の上のほう、奥歯の奥のほうが腫れてる感じだ。風邪じゃない。
普段話す機会の少ない僕が、最近は3日に1度のワークショップしてるから
しゃべりすぎてくたびれたかなと。

最近は時間が無さすぎて、1時間くらいのまとまった制作時間が欲しいばかり。

そうだ!と数日前から腫れて痛むところに「塩」塗りこんでみた。
海に浸かると何でも治りそうな気がするから、良くなるだろうと
一日に何度か、寝る前などしっかり盛り付けて寝た。

ところが日に日に、だんだん悪くなる。ご飯が喉を通りにくい感じで唾も飲めないし話すのも辛い。

セイカさんに相談すると「塩ぬっちゃ、ダメ!」と言われ、
その日の朝は、こっそり生姜に変えてみたが痛くて我慢できなくなって
b0052471_20485870.jpg
午後に病院へ。どの病院か分からず歯医者に行くと正解~
奥歯の奥に親知らずが変なとこから生えていて、喉の中まで炎症らしい。
塩ぬってたなんて言えないけど、悪化させたのは僕の悪い生活の知恵。
時間が無いから治療は今度。今は薬で抑えておく。

そういえば、学生の頃にジンマシンで寝れないから全身塩ぬって
今度は痛みで寝れなくなったっけ...忘れてまたやってしもうた。

辛いこと、すぐに忘れるのも良いのか悪いのか。
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-26 19:57 | その他 | Comments(0)

犬島ハウスプロジェクト タイルワークショップ 横浜

横浜の友人たちの計らいで3/30(土)に新・港区で1日限定ワークショップを開催します。
会場となるスペースは横浜の新港埠頭に2012年5月18日 にオープンした、期間限定のクリエイターの活動拠点で、現在約50組のアーティスト、デザイナー、建築家、写真家などのクリエイターが活動している「新・港区」内のA8ブース 「」LAB(カッコラボ)で行います。

当日は僕とセイカさんが粘土玉など一式持って横浜入り、一緒に制作しよー!
ヨコハマのみなさん、イヌ用タイル制作よろしくお願いします!
b0052471_22224041.jpg
※施設への出入りはスタッフの誘導が必要なので、参加へは必ず事前に申し込み下さい!
犬島ハウスプロジェクトHPの予約フォームまたは、
Facebook「犬島ハウスプロジェクト タイルワークショップ 横浜」ページに書き込むか、
株式会社エイバンバ(045-226-5422)で受け付けています。


《 犬島ハウスプロジェクト タイルワークショップ 横浜 》

■日時:2013年3月30日(土)
     11:00―13:00/13:00-15:00(全2回)

■会場:会場:ハンマーヘッドスタジオ「新・港区」
     A8ブース 「」LAB(カッコラボ)
     〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-5 新港ピア

■費用:参加費用 大人 1000円(1名につき) / 子供  500円(1名につき)

■地図:http://shinminatoku.bankart1929.com/access/index.html
*駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関でお越しください。

◎「新・港区」ホームページ  →http://shinminatoku.bankart1929.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-25 22:13 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

「寒風タイルプロジェクト」発表!

5月のタイル制作の会場から、ワークショップの発表があった。

場所は瀬戸内市の牛窓、寒風陶芸会館。
寒風は備前焼のルーツとされる場所で1300年~1400年前に栄え、
上質の須恵器を都に海上運搬していたが陶工は土を求めて北へ上がり備前焼へと変化し、
1000年の間に寒風の穴窯は土で埋まり、現代まで地域の人たちにも忘れ去られた遺跡となった。

現在は寒風陶芸会館が建てられ、20人程の陶芸家が近隣に窯を構えている。

ここへ友人を介して紹介された僕は、最初は人を集めてワークショップするという目的だけで向かった。
時間より大幅に早く到着したことがきっかけで近隣を歩き、寒風の歴史を小田館長から教わり、
無性に古代の土を再現して、タイルを制作し未来に残したくなった。
この土地でインスピレーションを受け今回の企画への運びとなったわけだ。


寒風のスタッフの行動力で、すぐに寒風主催「寒風タイルプロジェクト」へと進化。
僕たち「犬島ハウスプロジェクト」が協力する形となり、
寒風と共催する形で瀬戸内市立美術館でも最後のタイル制作(7月)が行われることが決定。
b0052471_22331167.jpg
写真はイメージです。丸いと大変です.... Photo by 田中くん

地域の人の協力と「犬島ハウス~」への理解で寒風の原土を確保し
1300年前の土を蘇らせて、歴史を紐解き、現代の人間が未来に伝承する企画が発進!
寒風タイルのサンプルを見せてもらったけど、白いような灰色のようなイイ感じ。

イヌはタイムカプセルのように未来に希望を運んでくれる。


僕が自分のスタジオの所以を大事にしてイヌが海を航るように
地域性を最大限発揮する寒風主催の「寒風タイルプロジェクト」に注目して欲しい。
焼成された寒風タイルは、昔々のように牛窓から船出し、犬島のイヌと合流する。


《 寒風タイルプロジェクト 》

第一回・寒風陶芸会館会場 5月11日(土)
一部 10:00~11:30  定員 30人(先着順)
二部 13:00~14:30  定員 30人(先着順)

第二回・瀬戸内市立美術館会場 7月20日(土)
10:00~11:30  定員 30人(先着順) 

詳細・「寒風タイルプロジェクト」 http://www.sabukaze.com/event/156.html
詳細・「犬島ハウスプロジェクト」 http://www.inujimahouseproject.com/

問い合わせ・申し込み先  
寒風陶芸会館 Tel/Fax 0869-34-5680

主催:寒風陶芸会館 共催:瀬戸内市立美術館 協力:犬島ハウスプロジェクト


寒風陶芸会館→ http://www.sabukaze.com/
スタッフブログ「寒風土づくり」→ http://www.sabukaze.com/blog/?p=1184
瀬戸内市立美術館→ http://www.city.setouchi.lg.jp/~museum/

[PR]
by ryuzo3net | 2013-03-24 20:22 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)