蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2013年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

白いイヌが観れる期間

b0052471_20145495.jpg

犬島で制作していると、毎日イヌの顔を覗きに来てくれる島民の方はもちろん、
わざわざイヌを探しに遠くから来てくれる人たちも毎日いる。
そんな人たちは誰かが説明する前に「このあとタイル貼るんですよね」とか詳しかったりする。

ハウス到着の翌日からは精錬所美術館の職員もイヌのこと尋ねられると言うし、
島民の方からは、「イヌはどこですか?」とよく尋ねられると聞く。
イヌがホワイトハウスに収まる前から、収まる場所確認に来てくれる人たちも居たようだ。

これは大手のイベントと別物。それだけに地図にないものを探す、見つける楽しさってあるよな。
ちょうど、大きなイヌの収まる場所は犬の島、犬石様と入江をはさんだ対岸にある。

白いイヌの姿を実際に観れる時間は6月9日まで、限定。
それまでは白石島の人たちが連れてきたまんま、眩しいくらい白いイヌでいて、
近所の人が見守ってくれている。

現在の予定では翌日10日からは周囲に足場が組まれ、特殊セメントの吹付け作業が始まる。
覆いは吹付け終了後に外す予定でいるが、足場が外されるのはタイルの貼り付けが終了する2ヶ月以上後となる。

b0052471_20158100.jpg
Photo by 田中くん

生まれたての白いイヌを見てみたい人は9日までに。でも、完成までは触らないでね。


「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-28 23:13 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

再びの犬島ホワイトハウス

2日間の蔵4号での大阪個展準備を終えて、朝8時に大荷物抱えて再び犬島入り。
今日はイヌをさらに白く白く、セメント吹付けまでの仕事を丁寧にこなしていく日。

1日で必要な作業を完成させるとあって、みんな張り切る。

11時の船でPhoto by 田中くんも犬島入りで撮影~ハギオさんも飛ぶ。
b0052471_021149.jpg
5つのパーツ(耳を入れると7つ)のパーツで出来ていたことを忘れるくらい一つになった。
これがホワイト!この日は幸い曇りがちで白を塗るにも最良。
天候に恵まれるづけていることにも感謝だなー。

イヌの収まる部分の壁も次の作業に備えて完了、バッチリ。
b0052471_0212037.jpg
Photo by 田中くん

午後1時の船で、シンガーソンガーのさいとういずみさんと子供たちも犬島入り。
子供たちも小さな職人となってイヌを白く塗ってくれた。

コッティとの最後の夕食はニンニクの効いたカレーライス。

本日の仲間、ハギオさん、コッティ、さいとうさん一家、Photo by 田中くん、セイカさん。


「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-27 22:21 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

蔵での2日目

b0052471_09599.jpg


[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-26 23:02 | 展覧会 | Comments(0)

新作でけた

犬島から蔵4号に帰ったとたんに始まる個展の準備。

今日は新作立体を完成させるぞ~っと。

もう時間がマバラすぎて、いつ造ってたのか分からくなるほど。
いつかの自分にありがとさん、おかげで完成でけた。
b0052471_23434752.jpg
6月4日からの個展では、すでにコレクションされてる僕の作品が展示される。
そこに20点ほど作品を持って行って「身体に潜る詩」と題した個展にするのだ。
b0052471_23405341.jpg
どうしても新作の立体をひとつ持って行きたくて。


川埜龍三個展 -身体に潜る詩-

2013.6.4(tue)-16(sun) open 12:00-19:00

■日曜日は17:00まで 月曜日休廊
■作家在廊日6/4(tue)・15(sat)・16(sun)

MU東心斎橋画廊
〒542-0083  大阪市中央区東心斎橋1-12-14 尾藤ビル 1F/2F
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-25 23:41 | 蔵④号日記 | Comments(0)

いったん帰るのだ

昨日のランデス田渕さんとの話し合いでセメントの吹付け作業を少し延期することになった。
かなり重要な作業となるため、不安を持って始めることが出来ないからだ。

瀬戸内海横断散歩から昨日までに行った作業をまとめて、お掃除。
ハギオさんは11時過ぎの船で陸地に戻っていった。長旅お疲れさまでした!

ハギオさんが乗る船から犬島に下りて来たのはイヌの建築アドバイザー塚本さん。
常に現場を気にしてくれていて、僕らが犬島上陸以降は忙しい合間をぬって
イヌの施工に関してのアドバイスを毎日メールで送ってくれてた。

今日は、現時点での進行状況を自分の目で確かめに来てくれていた。
また僕の作業日程表を見て、船で行ったっきりの僕らの
帰りの足を心配してくれてたんだろうな。ありがとう、塚本さんの車で帰りまーす!
b0052471_22112453.jpg
今日の食事はお隣の方にもらった魚を食べる。
b0052471_22113747.jpg
ホワイトハウスに到着してからのセイカさんはイヌの制作に関わるどころか、
まさかの連日ハウスクリーニング。
寝袋や食料以外にも生活するのに必要な台所用品や洗剤や虫除けなどは持ち込んだものの
長いこと使われてなかったホワイトハウスの怖さを実感してた。
どこまでが作品を頼まれた人間の仕事なのかと自問しつつ、
コッティはイヌの制作に関わる人たちが入れ替わり寝泊まり出来るように
誰も触れない布団や枕をキレイにしてくれた。まだ残骸はあるらしいけど。。。

なんでも始めるのは大変。少しずつ制作と生活が出来る環境になってきた。
でも、さすがに僕らにもどうすることも出来ない箇所が気になって仕方ないけど。。。

本日の仲間、ハギオさん、塚本さん、コッティ、ハジメくん、セイカさん。


「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-24 22:10 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

コンクリートの流し込み(その2)

b0052471_19391090.jpg
イヌの体内の底にコンクリを流し込んで、僕らは外に。
イヌの分割ラインをV字にカットし、コーキングしていく作業。
合間にハジメくんは記録撮影も担当。

まだまだ先は長い。考えることも多い。
それでもイヌに関わる人たちが、同じ目標に向かって一所懸命働いている。
中国建設工業の心遣いに心から感謝。がんばるぞー!
b0052471_19394922.jpg
河野さんたちを見送りに犬島港へ、ありがとうございました~
そしてイヌの瀬戸内海横断のゴールを見に来ただけなのに、
連日働き続けてくれた平地くんともここでお別れ、お疲れさまでした!
着いた船にはランデス特殊工事の田渕さん。引き続き、イヌの特殊工事の打ち合わせ~1時間。

夕食は、カレーだった気がする。コッティが買ってきてくれる食料と
白石島のしーくんが残してくれた食料に助けられてる~

本日の仲間、中国建設工業の3人様、ハギオさん、平地くん、コッティ、ハジメくん、セイカさん。


「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-23 22:58 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

コンクリートの流し込み(その1)

朝8時過ぎまでに、昨日出来なかったことを作業。
朝8時の船で中国建設工業の河野さんが犬島入り。
御好意で専門家がコンクリ流し込みを手伝いに来てくれたのだ。
b0052471_1936313.jpg
そして11時の船で新たな中国建設工業の職人さん2名様が犬島入り。
その中のアオキさんは、最初のイヌタイル募集に応募していながらも
忙しさのあまり、期間内に入金が出来ず参加できていなかったそうで、
もちろん事務方のセイカさんはアオキさんの名前など覚えていて奇跡の対面~

というところで、見たことないくらいの山盛りサンドイッチを両手に持ったコッティが犬島に帰ってきた。

床に必要な0.5立米分のコンクリを混ぜる混ぜる混ぜる混ぜる.......ひたすら混ぜる。
b0052471_19364126.jpg
外では、イヌの収まる壁面の作業をしていたハギオさんが
ホワイトハウスの隣の土地に草に覆われつつあるけど山のように捨てられた外壁材を発見。
この島には他にないホワイトハウスの外壁材と全く同一であることが判明...
b0052471_19365493.jpg
これは酷いな...と思ったもののバラバラになっていない出来るだけ長いものを探して、
平地くんやハジメくんが丁寧に洗って、ハギオさんが切って再利用することに! スバラシイ。

「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-23 17:34 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

抜いたハウスの壁を埋める

本日は昨日抜いた壁を埋める作業と
大きめのイヌの焼き物パーツを埋める箇所をあらかじめ削っておく、という作業など。
b0052471_12162551.jpg
明日のコンクリの流し込みに備えて、やれるところまでやろう。
b0052471_12163996.jpg
コッティは朝からどこかへ旅立ってったが、
熊本の河原町で行われてた「きのこ文化祭」帰りのハジメくんが新たな仲間に犬島入り。
b0052471_12171446.jpg
高田さんは最終の船でお別れ。お疲れ様でした!

本日の仲間、ハギオさん、高田さん、平地くん、ハジメくん、セイカさん。
もうひとり居たような、居なかったような...

夜は犬島の在本さん家で夕食を頂く。


「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-22 22:16 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

ハウスの壁を抜く(午後の部)

午後は、イヌの残りのパーツ首輪から後ろの2個を基礎にはめ込む。
建物の壁を外した状態からの鼻先までの寸法はバッチリ。
建築アドバイザーの塚本さんと中国建設さんに感謝。(僕のイメージ通りかな、ハハハ)
b0052471_11285395.jpg
これで、はじめて本気の接合が出来る。
b0052471_112972.jpg
近所の人たちも楽しみに寄ってくれる。
5月というのに30℃超え。白いイヌの照り返しもすごいぜ。
b0052471_1129311.jpg
本日の仲間、ハギオさん、高田さん、コッティ、平地くん、セイカさん。
もうひとり居たような気もしないでもない....

「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-21 19:29 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

ハウスの壁を抜く(午前の部)

朝8時頃、イヌの体が入るところ、ハウスの壁を抜き始めた。
b0052471_11262631.jpg
ガラスを外して、サッシを外して、外壁を壊して、ノコで切り抜いて。
b0052471_11264196.jpg
昼飯までにポッカリ抜けた。うまくいったぞ。

「犬島ハウスプロジェクト」
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2013-05-21 13:25 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)