蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2014年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

わん!デイ 犬島ツアー

ハーモニーネット未来主催の犬島ツアー。前日まで天気予報では大荒れの予感。
当日は何とか雨に降られることもほとんどなくてよかった~

ただ笠岡港から犬島まで、波とぶつかるたびに歓声なのか
悲鳴なのか笑い声なのか…いろんな声の混じったにぎやかな船旅となった。

「犬島の島犬」と向き合ったみんなは、それぞれに楽しんでた模様。
僕は天候もかんばしくないなかで来てくれた大勢のためにオープンドッグハウスのサプライズ。
順番にイヌの体内へ人を入れながら説明を繰り返していたので、外へ出れず。
時々体内まで聞こえてくる歓声を聞きながら、
「あー、タイル見つかったんだな~」とか思ってました。

僕はいつも音楽はいいなぁとうらやましがってる。
3分もかからずに人がイキイキして踊りだせるから。

でも僕は美術にも、とても大きな力を感じてる。
イヌの扉を開けるたび、子どもからお年寄りまで一瞬で顔がイキイキするのが分かる。
そんなマジックが「犬島の島犬」にはあるんだと、ここに来ると感じる。

今回、特別なツアーを組んでくれた宇野さんはじめ、
ハーモニーネット未来のみなさん、ありがとでした。

最後に、この日は曇り空だったため、イヌの体内で太陽や海を感じることが出来なかった。
季節や潮の潮位や時間帯によって刻々と変わる体内の一瞬、
おみやげに昨年の12月30日、Photo by 田中くんの撮影した
ハート型の太陽の光を添付しときます。みなさん、おつかれさまでした~
b0052471_15445593.jpg
ハーモニーネット未来企画の「イヌ用タイルワークショップ」(2013.4.06)の様子はコチラ↓↓↓

・「ハーモニーネット未来でイヌ用タイル(1)」 http://ryuzo3net.exblog.jp/20261397/
・「ハーモニーネット未来でイヌ用タイル(2)」 http://ryuzo3net.exblog.jp/20265584/

[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-30 15:45 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

gallerism in 天満橋

最新の「幸運児」と「シュルーラル ウーモ」、
昨年の「身体に潜る詩」の3点を大阪へ連れて行きます。
b0052471_2225328.jpg
新作はバッチリj決めて初公開したいところだけど、
照明が無いなど、立体の展示にはムツカシイところ。
全光でもいけるように彩色したし、MUさんだし、やってみよう、と思う。


gallerism in 天満橋 リバーサイドアートクルージング2014

[期 間]5月5日(月・祝)~11日(日)
[時間]10:00-20:00[最終日-17:00]
[会 場]MBF/2F大川側レストスペース/8Fレストスペース

[出展画廊/出展作家] アートスペース亜蛮人/ユウの家、 ART SPACE・NIJI/糸川知佐・東明、 天野画廊/松田彰・ムラバヤシケンジ、 楓ギャラリー/山縣寛子、 ギャラリーAO/窪田順、 GALLERY北野坂/奥田美紀、 gallery CLASS/わにぶちみき、 ギャラリー白/大原千尋、 Gallery H.O.T/角南正人・中原裕美、 ギャラリー勇斎/吉井秀文、 MU東心斎橋画廊/川埜龍三・長尾恵那、 yokart/柴田知佳子
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-29 18:09 | 展覧会 | Comments(0)

ちっちゃいの

試しに2体のちっちゃい幸運児。作ってみた。大阪に連れて行こうか、どうするか。
b0052471_21501060.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-28 19:06 | 蔵④号日記 | Comments(0)

鳥の頭

乾燥の待ち時間に一服‥‥しながら違うモノを塗装中~
b0052471_2253938.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-27 22:06 | 蔵④号日記 | Comments(0)

作品の保管・運搬箱

作品を収納する箱作りは、6号で試行錯誤。

材料の寸法の詳細は、大ちゃんの「箱プログラム」によって計算される。
こだわるのはプチプチ(エアーキャップ)を使わない方法。

↓↓の2つは、これでフタをしたらお終い。
b0052471_207959.jpg

あんな包むのが面倒くさいもの、海外でキレイに包み返してくれるはずない、と
現場で感じてから立体をプチプチで梱包するのは極力避けることにした。
複雑な立体物も、簡単明瞭に誰でも写真を見れば、
取り出して組み立てて分解して収納できる、がベスト。
箱を開いた瞬間、作品がひと目で分かるのもより大事に扱ってもらえるポイント。

1度箱に入れたら、どの角度に振っても動かないようにするべし。
ウーモさんは、こんな感じで運ばれていく↓
b0052471_2073184.jpg
今回の箱を反省して次回はより簡潔な箱が出来るはずだ。
将来的には作品を出さなくても「保管・運搬箱」だけで鑑賞出来るようにしたいもんだ。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-27 20:19 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

「シュルーラル ウーモ」、出来た。

ウーモさんこと、「シュルーラル ウーモ」[Surrural Humo]が(祝)完成~

僕の立体はグツグツと何年もかけて造るのと、
突然沸いたイメージを形にするのと半々くらい。今回の彼は沸いて出たほう。
b0052471_2115282.jpg
セイカさんによると、
「ウーモさんは、フラクタル(「孤独なフラクタル」)の住んでる所と割と近い村にいるんだろうね」とのこと。

でも2人は会話することは永遠になさそうだなぁ。
b0052471_21151559.jpg
あっ!ウーモさんに耳栓作ったのに付けてやるの忘れた!
耳の穴から白玉があふれてくる。(※鼻の穴は循環呼吸のため開いたままでOK)
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-26 21:35 | 蔵④号日記 | Comments(0)

少年は「幸運児」

この少年像は2011年の6月から続けていたもの。やっと完成した。

はじめて登場したのはラガルトでの「homeroom」展の時
100数十点作った平面作品のなかに原画が含まれていた。
b0052471_2173897.jpg
幸運のトロフィーみたいな少年のタイトルは、

「幸運児」
b0052471_2175468.jpg
僕にとっては、たくさんの想いがつまってる、大切な作品だ。
こないだも家に持って帰って一緒にゴロゴロしてた。

この作品を完成させるまでに「犬島の島犬」を挟んだことも良かったと思ってる。
広いところに、こんなモニュメント造りたいね。
そして上に載ってる少年と同じポーズで、この像を見上げるなんて最高だろな。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-25 21:19 | 蔵④号日記 | Comments(2)

定員60名の犬島ツアー出るよ

b0052471_23161992.jpg
タイトルだけ見ると、「有名アナウンサーと行く○○○○」みたいになっとるから恥ずかしい…
そのへんは僕の知らないところなんで。

このように「犬島の島犬」が島犬となるために渡った航路をたどり、島犬に会いに行くツアー。
チラシに記載されてない何かサプライズが出来ればと思うのだが。。。!!

当日は僕とセイカさんもガイドとして船に乗ります。イヌTも出ますよ。
先日確認したら、もう若干申し込み受け付けてくれるとのこと、興味ある方はどうぞ。

日時 4月29日(火)昭和の日 雨天決行
集合時間 8:30 出発9:00
集合場所 三洋汽船乗り場(笠岡市住吉港)
対象 子ども~おとな
参加費 大人3,000円 小学生2,000円 4歳以上1,000円

当日スケジュール(変更になる場合あり)
住吉港(9:00出発)-白石島-瀬戸大橋の下-宇野港
-直島-牛窓港(30分ほど散策)-犬島(12:20頃到着)
-犬島散策-犬島(15:00頃出発)-住吉港(17:00頃到着)


<主催・問合せ・申し込み先>
ハーモニーネット未来 認定NPO法人子ども劇場笠岡センター
〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡5909
TEL:0865-63-4955 FAX:0865-63-4950 E-mail:kodomo1@kcv.ne.jp


詳しくは→→http://www.kcv.ne.jp/~kodomo1/event-2014.4.29inujima.html

企画者のハーモニーネット未来は「犬島ハウス~」のWSから参加してくれて、
瀬戸内海散歩の出航当日は手作り弁当販売までしてくれてお世話になりまして。
今回のツアーも僕はとてもうれしく思っているところ。

でわでわ、出航した船を見かけた方は白いハンケチ振って「わーん!」と…ってイヌ乗ってないか。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-24 07:15 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

金色の少年たち

型から出してキレイになった少年たちを塗装スタート~
現在は、フルカラーの彩色ひとつ以外は全部金色。
(どれかひとつが今制作してる少年の一部になる)

こんなサイズ作ることないから非常にめんどくさい。
が、こうなると楽し~
b0052471_20385528.jpg
たくさん作って、それらしいお堂に入れてみたい感じ。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-23 20:48 | 蔵④号日記 | Comments(0)

ウーモさん大詰め

まずはウーモさんが着々と完成に向かってる。
以前の同じショット (「ええ顔」03-09) と比べるとだいぶ変わったなー。

このあと頭部も身体も全ての色づけは完成した。耳栓もできた。
b0052471_19575340.jpg
すでに書類上で誤表記があったようなんで、正式な名前というかタイトルは

「シュルーラル ウーモ」Surrural Humo]

シュルーラルという町に住んでるウーモという人物。
ちなみにウーモ(Humo)とはスペイン語で意味は、「煙」。

この町には、ウーモさんの他にも風変わりな人たちが住んでる。
またイメージを形にしてみたいなー。そんなシュルーラルの人たちのうち、
ホームパーティー開催中の人物は、先月に原型が終了して型にはなってるのだが。。。また、いつか。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-21 19:58 | 蔵④号日記 | Comments(0)