蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2014年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

モグラとレモン

もう何年も何年も大事に育ててきたレモンの木に、今年はしっかり実が成ってる。
寒くなるし、僕は張り切っていらない枝をシャキシャキ落とす。
つい夢中になって、まだ黄色くなる手前のレモンもいくつか落としちゃって・・・。
b0052471_213424.jpg
秋になり、モグラも畑からレモンの木の下あたりに移動したみたい。
ひさびさに始まったモグラvsデク、今回も逃げ切ったモグラに軍配。

僕は、しばらく放ったらかしてた庭の草抜きして、
夏の終わりにこぼしたまんまのヒマワリの種をひろって、
まだ色のキレイなバジルの葉を摘んで良い1日になったのでした。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-30 21:16 | 菜園日記 | Comments(0)

古代の火を現代に運び込もう

僕にとって鬼というのは古代の職人で、腕輪や角の装飾のそれらは
仕事をする人間としての自尊心の印だと目に映る。
そんなことを思いながら、長い歴史の中で紆余曲折して
落としてしまった鬼の角を、現代のおとぎ話として再生させたいと考えたわけ。

本当のことなど誰も分かっちゃいないのに孤立させてしまった者を
再び仲間として迎え入れる気持ちになるような、ね。

僕のなかでは、このプロジェクトは「犬島の島犬」から派生し、寒風の須恵器とも関連し、
「常夜海」で描いたアジアの海の物語と繋がってる。

「おにぽっくる」計画、みんなに遊んでもらう日程が出来上がってた。
興味を持って、参加して楽しんでもらえたならウレシイ。

顔を上げることを忘れた鬼のために、古代の火を現代に運び込もう。
b0052471_1874691.jpg
① たたら勉強会(講師:林正実氏)
日時:平成26年11月7日(金)19:00~20:30
場所:きび工房「結」(総社市総社2-15-28 駐車場無) 定員:20名(先着順)


② 鳴釜の神事
日時:平成26年11月8日(土)9:30 現地集合
場所:吉備津神社(9:00きび工房「結」を出発)  定員:20名(先着順)


③ 鉄の材料「砂鉄」採り
日時:平成26年11月8日(土)13:30~14:30
場所:血吸川源流あたり(13:20 岩屋駐車場集合)  持参物:磁石・ビニール袋・長靴など


④ 築炉の土団子づくりと火を熾す炭切り
日時:平成26年11月22日(土) 10:00~12:00 13:00~15:00
場所:砂川公園(管理事務所駐車場集合)  ※糸のこをお持ちの方は持参ください。


⑤ 鬼ノ城でおこした火で古代たたら操業と弥生式土器のレプリカでご飯を炊く
日時:平成26年11月23日(日)7:30~20:30
場所:砂川公園(管理事務所駐車場集合)
持参物:軍手・マスク・飲み物・糸のこ(お持ちの方)など ※都合の良い時間帯に参加ください。

〈11月23日の当日のスケジュール〉7:30 鬼ノ城山頂で火をおこす / 9:00 火入れ / 10:00 弥生式土器でご飯炊き体験 / 12:00 第1回ノロ出し(予定) / 19:00 送風ストップ(予定) / 19:30 ケラ出し開始(予定) / 20:30 作業終了(予定) 

※ ③からは汚れても良い服装で、軍手・マスク・飲み物など各自持参ください。


--------------------------------------------------------------------------------------
お問合せ先:おにぽっくるプロジェクト実行委員会(090-7379-3071)
※各プログラムの3日前までにFax:0866-37-2133 またはmail:kibikobo.yui@gmail.com で申し込んでください。尚、個人情報は予定変更などの連絡以外には使用しません。各自安全に留意してご参加ください。
--------------------------------------------------------------------------------------

「吉備の国に伝わる「温羅伝説」にまつわる鬼の新たなシンボルとして誕生した「おにぽっくる」(造形家・川埜龍三氏 作)の角をつくるため、6世紀ごろ吉備でおこなわれていた『古代たたら』の技法(阿曽の鉄師・林正実氏の協力)で鉄をつくります。地元に伝わる伝説と伝統文化が形となる希少な機会を多くの方々に体験していただき、後世へ継承していきたいと思い参加者を募集します。同時に、おやつ・まかないなど差し入れでの参加も募集します。」(参加募集チラシより転載)

きび工房「結」・・・http://kibikoboyui.blog103.fc2.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-28 18:32 | おにぽっくるプロジェクト | Comments(0)

「おにぽっくるプロジェクト」とは

<むかしむかし平和を愛する鬼たちはタタラ場で鉄を作って暮らしていました。
そこへ戦装束の桃太郎と家来たちがやって来て、鬼の宝を奪ってしまいました。
にぎやかだったタタラ場は消え、鬼もやがて見えなくなりました・・・ ・・>


■「おにぽっくる」プロジェクトとは
岡山県総社市の「温羅伝説」にまつわる新たなシンボルを制作することを目的とした造形家・川埜龍三と、きび工房「結」によるアートプロジェクトである。かつて昔話のなかで宝を奪われ、打ちひしがれた鬼の姿を川埜龍三が造形化した「おにぽっくる」像に、鬼の自尊心とも言うべき角を取り戻そうという現代のおとぎ話であり、孤立した者を再び仲間として迎え入れる癒しの物語でもある。鬼の角作りには、古代たたら製鉄の技法を再現し、総社地域における鬼と鉄それぞれの伝統文化や技術の伝承について触れ、深く考察する機会になるものと考えている。
b0052471_18441963.jpg
鬼の鉄の角を生成するには砂鉄の採取からはじまり、たたらの炉づくり、ふいご押しなど古代の火を現代に運ぶための段階的工程がある。それらの作業には、子どもから大人まで有志の方に呼びかけ、多くの人に見学・体験してもらいたいと考えている。生成された鉄は、川埜龍三の手により鍛冶打ちされ角に成形された後、「おにぽっくる」に移植し総社市の商店街に温羅伝説の新たなシンボルとして設置され一般公開する予定である。


■古代たたら製鉄とは
たたら製鉄とは日本古来の製鉄法である。日本における鉄生産は、古墳時代後期(6世紀後半)には本格的に行われていた。その中心は吉備の国とされていて、これまでに他地域より格段に多くの製鉄遺跡が発掘されている。特に備中の総社地域では数多くの製鉄炉跡が発見され、奈良時代までは盛んに鉄が生産されていた様子が伺える。

b0052471_18451416.jpg今回、阿曽の鉄師 林正実氏の協力により6世紀ごろ吉備で行われていた製鉄の技法を出来るだけ忠実に再現する。原料には血吸川源流で採取した砂鉄と鉄鉱石を混ぜ、鬼ノ城の麓の土を練って炉を作り、炉への点火も、鬼ノ城山頂で起こした温羅の火を使用する。古代たたらの再現だけではなく、本プロジェクトでは生成された鉄が造形物として不可欠であり、製鉄の成果を作品として遺すことがアートの役割と考えている。(古代たたらの再現 写真提供 林正実)

<今後の予定>
2014秋 古代たたらの再現   
    冬 生成された鉄で角を鍛冶制作 
2015春 総社商店街に完成作品を設置


◆温羅伝説とは
昔話の「桃太郎による鬼退治」は、明治時代の教科書に富国強兵のスターとして桃太郎を据え、討伐される諸外国=鬼に設定されたのが吉備の温羅伝説に登場する温羅である。温羅伝説は諸説あり、総社地域では、鬼は高度な製鉄技術を持つ朝鮮からの渡来人で、農耕具などを作り人々に先進的で豊かな暮らしをもたらしたと言われている。大和朝廷に攻め込まれ製鉄技術や資源を奪われる以前、吉備津神社の本来の祭神は温羅であったとする説もある。
b0052471_1847146.jpg
「おにぽっくる」原型(右) と完成予想イメージ。(2014年1月制作)


------------------------------------------------------------------------------------------
■おにぽっくるプロジェクト実行委員会
事務局 きび工房「結」 住所: 〒719-1126岡山県総社市総社2-15-28
TEL: TEL 090-7379-3071 FAX: 0866-37-2133
E-MAIL: kibikobo.yui@gmail.com  HP: http://kibikoboyui.blog103.fc2.com/
------------------------------------------------------------------------------------------


「おにぽっくる」プロジェクトの概要はこのような感じ。
次回、「おにぽっくる」を完成させるためにみんなに楽しんでもらいたいワークショップ
①「鉄の材料「砂鉄」採り」、
②「炉をつくる土団子づくりと火をおこす炭を切る作業」、
③「鬼ノ城でおこした火で古代たたら操業と弥生式土器で炊いた飯を食べる
など日程等の詳細をアップします。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-26 18:51 | おにぽっくるプロジェクト | Comments(0)

零余子飯

庭にヤマノイモのむかごがなっていて、すこし前にセイカさんが摘んできてむかご飯を炊いてくれた。
僕はこういう一見土臭いような食い物が嫌いじゃないけど、自分からは食べないので
生まれも育ちも新宿のセイカさんに教わることは多い。ほんと不思議なことだけど。
以前も庭に自生してるヨモギで何度か作ってくれたヨモギ飯もすごくうまかったなぁ。

むかごというものが、庭のどのあたりに成ってるものなのか、僕も気になって探しに行ったらヤマノイモのむかごは面白いように木の枝や葉に摑まって高いところまで小さな芋の形をしたものが鈴生りだったから、木に登って取ってきた。こっちを取ればあっちがこぼるるってな感じで、もろくて落とした数のほうが多いような。

で、セイカさんにむかご飯をお願いする。
b0052471_16582353.jpg
誕生日ということで永岡さんにもらった大根や、秋山さんにもらった葉物を入れた鍋とむかご飯。
秋はいい、塩かげんもちょうどいい、うまいもんで腹いっぱいだ。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-25 23:56 | 菜園日記 | Comments(0)

サイレンス(5/5)

こないだまでの京都Gallery I での「無心に降る百年」に出品したものを中心に証明書作りなどしながら
作品の運搬箱作りや発送や倉敷のラガルトの作品入れ替え等やってるこの頃。

下は小品だけど、セイカさんのお気に入り「サイレンス」(2008〜)のラスト(5/5)
edナンバー付いてるけど、カラーもディテールもサイズも全部異なる。
b0052471_19202433.jpg

b0052471_19203791.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-24 18:21 | 蔵④号日記 | Comments(2)

「常夜海」の風景(Ⅱ)

b0052471_19193088.jpg

b0052471_19203914.jpg

b0052471_19205519.jpg

b0052471_1921866.jpg
Photo by 田中くん

b0052471_22375410.jpg
『常夜海』展 | 2014年9月5日(金)~9月30日(火) |Galley Saitou Fine Arts(YSEMI PROJECT)
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-23 20:19 | 「常夜海」(2014) | Comments(0)

「常夜海」の風景(Ⅰ)

b0052471_19141344.jpg

b0052471_19142752.jpg

b0052471_19143917.jpg

b0052471_19145728.jpg

b0052471_19151689.jpg
Photo by 田中くん

b0052471_22375410.jpg
『常夜海』展 | 2014年9月5日(金)~9月30日(火) |Galley Saitou Fine Arts(YSEMI PROJECT)
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-21 19:18 | 「常夜海」(2014) | Comments(0)

デク秘書の老犬ライフ

今日はいつもお世話になっている笠岡ペットクリニックで予約していたデクの精密検査。

今年3月あたりから体調を崩し気味で通院の数も増えて、体力も低下。
ここ数日のデクは咳もひどくなって寝付きにくく息が荒い、一昨日からは食欲も減退。

僕もX線防護服を着てレントゲン室へ。
位置を変えながら何度も撮って、超音波検査もしたり。デクは辛抱な時間。
提示されたレントゲン写真を見れば素人の僕でも分かるくらいに心臓が肥大してた。
僧帽弁閉鎖不全症というもので弁が正常に機能しなくなるもの。
それによって気管が圧迫され呼吸が苦しくなっている。

治ることはない。残された時間少しでも苦しくないように1日2回薬を飲む生活が始まる。
b0052471_173485.jpg
大人になった僕が制作してきた全部、はじめての立体壁画の頃から島犬まで。
もう充分一緒に働いてきたよな、あとはのんびり楽しい時間を過ごそう。
犬の1日は僕らの時間よりずっと長い。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-20 17:53 | デク・クラ | Comments(0)

現場打ち合わせin総社

今日は用事を済ませて、7時半くらいに家を出発~(あー最近朝起きるのツライ)
9時から総社の砂川公園で「おにぽっくる」の打ち合わせなのでした。
b0052471_22382542.jpg
そうして昼にひさびさのキッチンネコマチ、混んでる。
ネコマチのネコの絵の下には「犬島の島犬」の記事や写真ベタベタ貼ってくれて。
犬と猫が仲良く、、、どうもです。

それから朝積んだ作品をラガルトへ搬入して、夕方から岡山方面へ。
夜は友人たちと楽しい夕食でした。そんな時間も良いなー。また行こー。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-19 22:43 | アトリエ外活動 | Comments(0)

ラガルトへ続々搬入中

横浜での展示やセイカさんのアメリカあたりから京都展終了まで閉めていたラガルト。
2人が出張してしまうと開けられないので非常に申し訳なし。

今日は軽バンに作品たくさん積んで新作も含めて搬入。
照明などの備品もラガルトから持ち出していたから返却。
b0052471_226557.jpg

明日は砂川公園あたりで朝早くから「おにぽっくる」ミーティング。
その後再びラガルトへ大き目の平面を搬入したり掛けたりする予定。

良い空間作りたいし、もう少しギャラリー再開に準備期間を下さいな。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-10-18 22:08 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)