蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「川埜さん?」

b0052471_19115533.jpg調布での展覧会が終了した。
普段新宿から行き来するせいもあるが、調布は人かずも多すぎず過ごしやすかった。

なにより企画が明瞭だし、全行程でストレスもなく制作することに集中できた。そして出品した新しい作品たちを僕はとても気に入ってる。

「川埜さん?」こんな風に普段こもりっぱなしの僕を気にかけてくれるなんて、大月さんもたづくりも皆さん優しい人ばかり。持ち帰ってしまった紙、もうしばらく蔵の壁に貼ってようかな、と。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-28 18:59 | 展覧会 | Comments(0)

良い話

夕方、ラガルトで待ち合わせ。本日はある企画の打ち合わせ。
昨年末あたりから、取りかかれそうな雰囲気があって始めたいなぁと考えていたところで、
制作の協力を申し出てくれた企業の方と、どんなものを作るのかという話をラガルトで。

打ち合せも、そのあとも楽しくて中華へ移動して、気が付けば全部で6時間も笑ってたことになる。

最後は決起集会の模様。

うれしい。


この嬉しさを、もうすこし閉じ込めてたいから詳細は、またそのうちに。
b0052471_19411460.jpg
写真は、本日のラガルトの常設展示より。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-27 23:37 | 犬島ハウスプロジェクト | Comments(0)

調布のあとは

約1カ月間、調布で開催していた「クリエイティブリユースでアート!」の
【展覧会編】も残り日数わずかとなった。

展覧会 『クリエイティブリユースでアート!』
期間: 2016年 1月30(土)~2月28(日) 
会場:調布市文化会館たづくりの1階展示室
b0052471_22392614.jpg
Photo by 田中くん


今回、調布で展示していた新作11点は、倉敷のギャラリーラガルトで
「クリエイティブリユースでアート!」のスピンオフ企画として
さらに作品数を増やし3月19日(土)から展示スタート予定



ラガルトは現在は常設展示中。明日は夕方から楽しい打ち合わせ。

川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F
協力 倉敷ジーンズ、(有)パウハウス

ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
ギャラリーラガルトFB → https://www.facebook.com/gallerylagarto

[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-26 22:50 | 展覧会 | Comments(0)

メンタル工作

このところ、6号で工作してた。
新作用の額を数個、傷んだ椅子や棚のサイズ変更と修理、折り畳み式の演台が終了。
b0052471_20432226.jpg
昨日は、1年間待てど暮らせど働けど、進めてくれない企画の電話が鳴る。
報告することが無いという中間報告。そんなんいらんわい。

イラッとして、必要なところや切らなくてもいいところを材料切るわ、
4箇所でいいところ5箇所穴あけるわ・・・夕べは遅くなってしまった。
メンタルが工作にあらわになるじゃないか、まったく。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-25 20:59 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

『クリエイティブリユースでアート!』の記事まとめ

展覧会 『クリエイティブリユースでアート!』の記事まとめ(2016/2/15)



【調布FM】2016.01.30
『ラジオボンバーWEEKENDレポート/レポーター樽川美穂(たるちゃん)』
http://www.chofu-fm.com/49814


【ChofuCity 調布市動画ライブラリー Youtube】2016.02.04
『クリエイティブリユースでアート!』
https://www.youtube.com/watch?v=VodcCOO8aYs


【調布経済新聞】2016.2.9
『調布・市内の端材・廃材でアート作品展 思い詰まった素材生かして』
http://chofu.keizai.biz/headline/1993/


【Stereo Sound ONLINE】2016.2.14
『廃材がアートになる瞬間を街ぐるみで共有する。「クリエイティブリユースでアート!」』
http://www.stereosound.co.jp/foyer/article/2016/02/14/44154.html

b0052471_22193853.jpg


展覧会 『クリエイティブリユースでアート!』
期間: 2016年 1月30(土)~2月28(日) 
会場:調布市文化会館たづくりの1階展示室
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-15 14:04 | 展覧会 | Comments(0)

思い出そう、看病とは

金曜日あたりからセイカさんが風邪で寝込んでしまった。

土曜日は僕は倉敷のラガルトへ、セイカさんは病院へ。
こんな風になるのは何年か前に2人揃ってインフルエンザになって以来、
それより過去にセイカさんだけが風邪をこじらせたのは・・・思い出せない。

だから看病ってどんなだったか、思い出すのに時間がかかる。困った。


「何が食べたいか?」と訊くと「野菜とかあっさりしたもの。肉は要らない。」
と言ったのに、自分が食べたかったカレーライスを10人分作ってみた。これは失敗だったと思う。
あらゆる面で調子が悪い時、カレーは望まないはずだ。
しかも、このカレーは匂いはするのに味があんまりない。不思議なのが出来上がった。

で、シャケのたくさん入ってる雑炊を鍋に大盛り作ってみた。白飯の量を間違えただけで食べられないことは無かった。洗い物が溜まる。


とりあえず僕は2日連続で出勤するのは難しいのでラガルトは無断欠勤した(すまぬ)。
セイカさんは、調子が悪いのにあまり眠れないというので、僕が本腰を入れて10時間近く寝てみた。目覚めて「何が食べたい?」と訊くと、もう数時間前に起きて食べたという。元気が出るように、僕は隣で話をしていたのだが、「(病人の不幸が)うれしそう」と言われるから、そんなつもりはないのに余計に嬉しくなってゲラゲラ楽しんでると「(龍三は)眠ってくれていた方が楽」と言われる始末。

モンゴが、セイカさんに差し入れゼリーを持ってきたから、眠れるように僕はモンゴと出かけた。
夜になり、帰宅後は風呂にお湯を入れたり抜いたりという作業を試みたり、今夜も晩御飯を作ってみる。
キノコの雑炊。やれば出来る、これがなかなか美味しかった。

このあと僕は、できるだけ静かにしていよう。もう腹が減ってきたけど。

b0052471_21353640.jpg
写真は、手塩にかけた今年の檸檬。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-14 21:36 | 菜園日記 | Comments(0)

瀬戸内市へ

足を延ばして瀬戸内市方面へ。
寒風陶芸会館で三浦大丸さんと大野文嗣さんの顔を見た後、
現在建築工事中の瀬戸内市立図書館へ行ってみた。
b0052471_2110626.jpg

3年近くのプロジェクトになった「寒風タイルプロジェクト」のタイルたちが新設される瀬戸内市立図書館の外装に貼られている。イヌ用タイルで僕がもっともロマンチックだと言ってたタイル。完成まであとわずかだ。瀬戸内市の市民が制作した3000枚のタイルをどう配置するかなどはもちろん、タイルは思いのほか大変だったりするとなあ。寒風の土を精製して粘土にする作業から、みんなが制作したものを細かい部品が取れないように接着し直したり、変形しないように裏側を整え乾燥させたり、窯を変え配置を工夫し微妙に異なる色に焼き上げたあとも、一つずつ洗わないといけない。なんでだろう、そんな裏方の2人の労働が目に見えるようにわかる気がする・・・。

このプロジェクトを進めた2人は自画自賛してたけど、僕もとても素敵だと思った。
いつかこの新築が朽ちても、みんなが作ったタイルは残るから、その時はまた別の建物に貼ってくださいと三浦大丸さんが言ってたそうだけど、なんか良いなぁと思った。6月ごろ図書館完成だそうだ。


2014年に特別に参加させてもらったセイカさんのイヌと僕のラガルト(とかげ)も見つけた。
以前は貼る側だったけどこうしてタイルを探す感覚がどんなんか少しわかった気がする。

犬島の島犬の足にも寒風陶芸会館や瀬戸内市立美術館でのWSで制作された寒風タイルがいっぱいなのだが、今回のタイルは非常に定型に収まっている。僕が全国のみんなにタイルは定型で送ってくれと頼んだときは想像以上にいろんな形で送られてきたものだが。それらを仕上げる苦労を間近で見ていた寒風の2人はキッチリやったわけだ。さすが!
b0052471_21231468.jpg
「寒風タイルプロジェクト」発表!| 2013-03-24 | http://ryuzo3net.exblog.jp/20197271/
犬島ハウスプロジェクト×寒風タイルプロジェクト

寒風という風土を生かした古代から現代、そして現代から未来へ。こんなプロジェクトを見せてもらえて、
あらためて三浦大丸さんと大野文嗣さんを中心とした本企画関係者のみなさんに感謝。嶋田さんも忙しいなか案内ありがとー。


現在、寒風陶芸会館のある寒風地域は備前焼のルーツとされる場所で1300年~1400年前に栄え、上質の須恵器を都に海上運搬していたが陶工は土を求めて北へ上がり備前焼へと変化し、1000年の間に寒風の穴窯は土で埋まり、現代まで地域の人たちにも忘れ去られた遺跡となった。現在は寒風陶芸会館が建てられ、20人程の陶芸家が近隣に窯を構えている。

寒風陶芸会館 →→http://www.sabukaze.com/
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-12 20:58 | アトリエ外活動 | Comments(0)

新作ポストカード6枚セット

「クリエイティブリユースでアート!」会場、調布市文化会館たづくりでは、川埜龍三の出品作品がポストカードとして販売されています。表にはタイトルやサイズの他、使用した主な廃材名も表記されています。
内容は、写真右から「ルワンダ」、「葬」、「幻犬 」、「さよならサーカス」、「明るい部屋」、「王様と絵描き 」の6枚セットで500円(税込)となっています。
b0052471_1949982.jpg
Photo by 田中くん

展覧会 『クリエイティブリユースでアート!』
期間: 2016年 1月30(土)~2月28(日) 
会場:調布市文化会館たづくりの1階展示室
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-09 09:48 | 展覧会 | Comments(0)

拓音機のプロトタイプ

蔵では、セイカさんにもらったお古のiphone(僕はTphoneと呼ぶ)をアンプに繋いで音を鳴らすことも多いのだが、出先でちょい聴きするのに携帯用スピーカーが欲しかったが、買うほどではない。

ということで、今日は、こないだ拾ってきたものを分解して掃除。
くすぶってしまっている蓄音機の部品等をピカールなど使って磨き上げるところから。

モンゴと「あーだ、こーだ」言いながら。
b0052471_2054793.jpg
仮組のプロトタイプながら、かなりの音量になった。
トロンボーンから管楽器の演奏聴くとかなりのリアリティだな。
同じ音を通常通りアンプ経由のスピーカーで流すと水中で聴いてるのか?
というくらい曇って感じる。ただトロンだと音量は凄いが低音が出にくい。

蓄音機のパーツは振動板を外してトーンアームあたりをつないで、
最後はホーン部分が無いから紙皿で。これが見た目にかっこ悪い。
しかし音はちょうどいい感じ。ライブ盤や音響系の音など良く似合う。
今日はそんなところまで。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-07 19:59 | 蔵④号日記 | Comments(0)

ボイラサービスハギオさん

調布から自宅に戻ってから、
蛇口を全開にしても、湯の出に勢いがなくチョロチョロと調子が悪い。

思い返してみると、昨年後半に生産元のボイラー屋を名乗る2人がやってきた。
留守番は役に立たない僕だけだったから、何の話かも分からなかったんだけどボイラーを見せて欲しいという。彼らが言うには我が家のボイラーは23年モノだそうで、通常10年くらいしかもたないのに立派だとのこと。褒められてるんだなー程度に「どーもありがとう」、そういえば相手の名前も分からんまま。

このところ寒かったからかな?とセイカさんが見に行くと、ボイラーに「ボイラサービスコーポレーション」とかいうシールが貼ってあるので電話すると翌日の朝はやく見に来てくれた。蓋を開けて覗いて「燃焼してない」とのこと。見に来たことに料金は要らないけど、「古いから20万円かけて新しくした方が良い」とのこと。僕はみんな親切だね、なんて言ってたんだけどセイカさんは何か「変だ」と思ったらしい。「ボイラーサ~」という業者は無断で家の敷地内に入ってシールを貼るとのこと。疑うセイカさんはさすがだなぁ。

そう思うと、突然褒めに来た2人も昨日来たボイラサーも怪しい・・・

その日の夜に不定期開催の無職鍋が6号であったから、ハギオさんに相談。
翌朝にはハギオさんがフィルターなど掃除して、
あっという間に以前より快適に湯が出るようになった。
ボイラサービスハギオさんありがとう。


↓写真は、我が家の居間の扉の窓↓
b0052471_1704791.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-05 17:04 | その他 | Comments(0)