蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ
さいたまトリエンナーレ2016
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
「無心に降る百年」(2014)
「常夜海」(2014)
ジャカルタ作戦
「異形の胎動」(2010)
「アナクロモノクローム」(10)
「ビエンナーレ大作戦」(09)
「グラン・ママの葬列」(07)
「沈黙にたまる雨」(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45
そしてまた色々アップされ..
by akie at 21:22
あはは、ハギオさんのこと..
by ryuzo3net at 18:20
龍三さん、ご無沙汰です。..
by akie at 10:10
ようこそでした!楽しんで..
by ryuzo3net at 23:45
22日の内覧会で研究ノー..
by 内覧会参加者 at 22:49

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

隊員は満員

発掘キャラバン隊員は満員です。

b0052471_023551.jpg


『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』
http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまトリエンナーレ2016
https://saitamatriennale.jp/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-07-04 23:00 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

「発掘キャラバン隊」隊員募集!の告知

「もう、ワークショップはすることもないだろうと・・・3年以上が経過して。再び作品を制作する上でみんなとやってみようと。今度は、タイル作るとかじゃなくて、作品に登場してもらう感じで、よろしくどーぞ。」


川埜龍三の歴史改変SF作品『犀の角がもう少し長ければ 歴史は変わっていただろう』に出演してみませんか?
さいたま市の歴史や古代の物語に着想を得た、幻想的な立体作品群を準備中です。すでに制作されたいくつかの立体物を使い、市内各所をロケ地に、架空の発掘現場を再現する写真撮影を行います。
そこで、作品に登場する発掘調査員、発見者、通行人など撮影エキストラ「発掘キャラバン隊員」を募集します。撮影された写真作品は、さいたまトリエンナーレ2016にて公開する予定です。皆さまのご参加をお待ちしています!(チラシより)

『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』→→→ http://www.ryuzo3.net/sai.html

b0052471_22501782.jpg


↓ 内容をさらに詳しく読む ↓
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-07-04 18:00 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

再評価

b0052471_22481250.jpg

昨日から、作り終えた新しい原型2つの型を作ろうとしてるんだが、
蔵4号も温度急上昇。今日は35℃の湿度70%無風~。


b0052471_22545965.jpg温度が高くなるのが今年は早い気がするな。けっこうしんどい感じ。
水筒増やしてもらって良かった。

FRP成型~脱型~再び2体目の型~粘土抜きなんてしながら、汗で目がしみるしみる。鳥などは台と上物を別々に成型。そのうち接着。7時半くらいかな、アクセサリーのシマさん来たら涼しくなった。もっと早くくればよかったのに。

今回の群像、何の失敗もなく、たんたんと作り続けてるところは自分を評価しても良いかな、と本日は突然思った。





『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』
http://www.ryuzo3.net/sai.html
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-07-03 22:52 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

過去を作り直す その④と⑤

テーマにピタと合う瞬間を見つけて、また新たに「過去を作り直すシリーズ」。
平面→立体に、立体→再度立体にするため、2つ準備した。

過去を作り直す その① → http://ryuzo3net.exblog.jp/25764640
過去を作り直す その② → http://ryuzo3net.exblog.jp/25768264
過去を作り直す その③ → http://ryuzo3net.exblog.jp/25801657

b0052471_15101354.jpg
「孤独なフラクタル (2007)」
b0052471_15102479.jpg
「青い青の中のカラス (2007)」



◎さいたまB発掘キャラバン隊の募集は、全日程のうち
※7/16・17・18日が定員に達したため募集を締め切りました。

● 7月12日(火)14:00~本太児童公園(さいたま市浦和区)
● 7月14日(木)13:00~さぎ山記念公園付近(さいたま市緑区)
    
の2日間のみ受付継続しています。
引き続きよろしくお願いします。


【発掘キャラバン隊員募集!!】
チラシダウンロード(PDFファイル)
http://www.ryuzo3.net/images/project_sai/sai_caravan.pdf

『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』
http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまトリエンナーレ2016
https://saitamatriennale.jp/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-28 15:27 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

【非公式ポスター3】

b0052471_18261570.jpg
「発掘キャラバン隊」隊員募集、7月17日、18日 の応募は定員のため終了しました。(6/26)


「発掘キャラバン隊」の活動によって出土する埴輪群。それらの全貌は、秋に旧埼玉県立民俗文化センター会場での公開となります。さいたま各所で行われる発掘ワークショップの時、各ロケ地で部分的に出土してくるのはどんな姿の埴輪でしょうか・・・!?


・・・それらを掘り出す【発掘キャラバン隊員募集!!】
チラシダウンロード(PDFファイル)
http://www.ryuzo3.net/images/project_sai/sai_caravan.pdf

『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』
http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまトリエンナーレ2016
https://saitamatriennale.jp/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-27 18:52 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

編集作業

今日は、過去のプロジェクトを本にするための編集作業(アー、ひさしぶり)。
内容が現在4部構成になっているけど、最終的に3部になるようにならないものか。
イメージははっきりしてるんだが、まとめる写真・文章が膨大なため削る作業が大変。
ほとんど削り落とすことになるんだろう。で、出来上がったら、「そうーこれこれ」と
いかにも「これしかなかった!」という風に見えるんだろう。
b0052471_14533576.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-27 17:13 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

並行世界「A」と「B」の似て非なる、例えば『島犬』

以前いくつか行っていた「過去を作り直すシリーズ」は、全て『犀角』企画のためのもの。

現在われわれが存在している世界を「」と仮定し、同時に存在する並行世界を「」と仮定する。


で、

「A」のさいたまでは 僕は美術家、

「B」のさいたまでは 僕は埴輪研究家として活動している。


パラレル世界の話のなかで、「A」の美術家の僕は無意識のうちに
並行世界「さいたまB」の古代に霊感を与えられて制作していたかも!?と想像してみたわけだ。
時空を超えてインスピレーションが交錯するような感覚で。

そんな仮定の話をテーマに「過去を作り直すシリーズ」をしていた。
だとしたら、こんなもの、あんな形のものが並行する別の世界では出土しただろう、と。



たとえば、「犬島の島犬」の体内に入った人には分かるあの感覚。
その始まりはも「B」の古代(5世紀~6世紀)に起因していたとしたら?

「B」のさいたまでは、今頃どんな「犬形埴輪」が出土しているだろう・・・
b0052471_061191.jpg
・・・それらを掘り出す【発掘キャラバン隊員募集!!】
チラシダウンロード(PDFファイル)
http://www.ryuzo3.net/images/project_sai/sai_caravan.pdf
b0052471_0534985.jpg

歴史改変 SF美術作品 『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』

・企画内容は・・・ http://www.ryuzo3.net/sai.html


さいたまトリエンナーレ2016
https://saitamatriennale.jp/

犬島ハウスプロジェクト
http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-24 23:58 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

『日本Bの美術 | はにわ | 川埜龍三 編』

さいたまトリエンナーレ2016非公式ハニワ本の登場。
b0052471_20445318.jpg

日本Bの美術 / 川埜龍三編

僕が今回の企画に合わせて準備した埴輪部分(初公開!?)




歴史改変 SF美術作品 『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』

・企画内容は・・・ http://www.ryuzo3.net/sai.html

【発掘キャラバン隊員募集】 チラシダウンロード(PDFファイル)
http://www.ryuzo3.net/images/project_sai/sai_caravan.pdf

さいたまトリエンナーレ2016
https://saitamatriennale.jp/


日本の美術 No.19 はにわ 1967年 11月号

東京国立博物館 / 至文堂


[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-23 20:44 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

さいたまトリエンナーレ2016 非公式ポスター2

SF=サイエンスフィクションなんだが、
藤子・F・不二雄でいうところの「すこし(Sukoshi)・ふしぎ(Fushigi)」がちょうど良かったりする。

・企画内容は・・・ http://www.ryuzo3.net/sai.html
b0052471_22411444.jpg

【発掘キャラバン隊員募集】 チラシダウンロード(PDFファイル)
http://www.ryuzo3.net/images/project_sai/sai_caravan.pdf

『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』→→→ http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまトリエンナーレ2016
https://saitamatriennale.jp/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-22 22:42 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

「さいたまB 発掘キャラバン隊」について

さいたまトリエンナーレ2016に参加するにあたり、
「イヌタイル」以来となるワークショップを開催する。
僕のプロジェクトという形も3年ぶりだな。


募集の「発掘キャラバン隊員」の内容は、発掘調査員、発見者、通行人、その辺で遊んでいる人、犬と散歩している人・・・・など撮影エキストラのこと。さまざまなシチュエーションの発掘現場の再現写真に老若男女みんなに写りこんで遊んでもらうというわけ。

本展で開催する展示に合わせて、僕はさまざまな立体作品群を制作してきたんで、それらの中からいくつかの立体物を使い、さいたま市内各所で写真作品の撮影を行う。ここに至るには、僕が伝えたイメージの風景を、さいたまのトリエンナーレサポーターの方々が時間をかけてロケーション・ハンティングをしてくれたおかげ。そんな素敵な風景を元に現場イメージを次々描いていった。どの場所も趣向が異なり面白い写真になると思う。

みんなに「発掘キャラバン隊員」として制作に参加してもらった写真作品は、さいたまトリエンナーレ2016の会場で、発掘した遺物や復元された遺物、記録絵とともに飾られる予定。

もちろん、僕も7月のWSは全日程参加。
カメラマンにはPhoto by 田中くんが来てくれるから心強い。

じゃー楽しもう。

b0052471_2131986.jpg
【発掘キャラバン隊員募集】 チラシダウンロード(PDFファイル)
http://www.ryuzo3.net/images/project_sai/sai_caravan.pdf

『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう』→→→ http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまトリエンナーレ2016
https://saitamatriennale.jp/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-21 21:06 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう

第1回となる「さいたまトリエンナーレ2016」で公開される川埜龍三の新プロジェクトは、現在われわれが存在している世界「さいたまA」と同時に存在する並行世界「さいたまB」で発見された埴輪群および発掘現場を創作し、視覚化する歴史改変SF作品です。
b0052471_2074539.jpg
さいたまBで結成された「発掘キャラバン隊」の調査により出土した埴輪群は、私たちの知っている埴輪と似て非なる不思議な造形物群。トリエンナーレ会場となる旧民俗資料館の展示室には、それらの発掘調査資料とともに「犀型埴輪」が復元展示されます。また、さいたまAでは美術家、さいたまBでは埴輪研究家として活動するそれぞれの川埜龍三を比べたとき、時空を超えてインスピレーションが交錯する姿が垣間見えてきます。

もし、「さいたまA」でも犀の角が長ければ、すでに考古学者が犀型埴輪を土の中から見つけ出していたかも知れません。実際の発掘現場で考古学者が耳を澄ませるように、<犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう>を覗いたとき、絶対的世界などなく、全てはほんの少しの何かで流動的に変わっていく情景作りだとも感じられるはずです。

川埜龍三



「発掘キャラバン隊」隊員募集!】について・・・http://www.ryuzo3.net/sai.html

http://www.ryuzo3.net/

さいたまトリエンナーレ2016
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-21 20:14 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

あたらしいプロジェクト

b0052471_2358164.jpg

http://www.ryuzo3.net/

さいたまトリエンナーレ2016
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-20 00:00 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

6月の常設ラガルト

「廃材創作」の展示、楽しんでもらえたようで良かった。
セイカさんも「続編をやりたいね」という感触の展覧会だったとか。
本展のきっかけをくれたみなさんに感謝。

今日は朝からセイカさんとギャラリーラガルトへ。
「廃材創作」での展示の片付けを終えて、セイカセレクション作品を展示作業。
20作品ほどを飾った。6月にちょうど良い展示になった。
b0052471_1733190.jpg
川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F
協力 倉敷ジーンズ、(有)パウハウス

ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
ギャラリーラガルトFB → https://www.facebook.com/gallerylagarto

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-04 23:28 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

緑の日

今日は快晴、半日庭仕事。
基本的にほったらかしなのだが、それでも草抜きなどの手入れもしばしば。
僕もセイカさんも好みの庭作り、それには何年もかかるものだなぁ。
最近、かなり好きな風景になってきた。
b0052471_23304713.jpg

夜に遅ればせながら、発売から一カ月、次の号に変わる手前に、雑誌「ソトコト 6月号」を購入。
セイカさん、大きく載ってるわ・・・ははは。


SOTOKOTO(ソトコト) 2016年 06 月号 [雑誌]

木楽舎


[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-03 23:31 | 菜園日記 | Comments(0)

なんとなく、今日ホッとした

今日は昨日作った型にFRP成型~割り出ししてバリだけ取っておいた。

僕は基本的に修正をしないで良いように作る。
電動工具で削るとかもしない。変な粉が舞うだけだから、事前に整えておけば要らない。
作業工程の通過点は、どれも次の作業や制作がしやすいようになっていればOK。
その都度、誰がどこを見てもきれいでなければならない。僕はそんな風に思ってる。

まーとにかく、今日も1日無事働けてホッとした。
しっかり重たい型も持ち上げて、動きも軽くなってきたし。

7月に必要な作品のほとんどが形になったことは嬉しい。
秋の展示では平面から立体、小さいものから大きなものまで、
今までよりジャンルも増やした全新作で50点以内かな。
b0052471_231417100.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-02 22:58 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

腰は大丈夫

型作り〜FRP成形〜脱型を繰り返した2日間。
2日目に腰がイマイチだったからペースがゆっくりになったものの、
作品はどれもうまくいってる。

ギックリじゃない、神経が突如なんか当たるんです。グッとこらえる。

昨日は、5号でハギオさんと大型作品の下地処理作業。
途中、いろいろと作っていた焼成用の作品を髙田さんがわざわざ引き取りに来てくれた。
僕は調子が今一つだったから、車に積み込んでもらったりして。どーもありがとう。

Photo by 田中くんも、朝からケーキ持って来蔵。夏の作品制作のWSの段取り。
シンガーさいとうさんの名前出したからかなぁ・・ご本人、ロールケーキ持ってフラッと来蔵
そんな4号、僕はロケ回りしてくれたみなさんの撮影写真を元に、
新しく絵コンテを次々と描いてみた。

今日は全身像の型取り。腰を気遣って粘土抜きまでにしてみた。
明日の準備を整えてから、試しに小品も15点ほど作り始めてみた。
腰も良くなってきてる、はず。

良いレタスが出来た。
b0052471_2259314.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-06-01 23:07 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

ゴールドバーグ

今日は、先日運んだ大型の作品をいったん連れて帰る日。
ハギオさんと出発ー。

昨日はトラブルということで、外注先に急遽出かけたり、
僕はすっかり気分が悪く仕事場でふて寝してたりと凹む半日。

そんな折に浮かぶ一昨日の『Xファイル シーズン7』 #06 「ゴールドバーグ」。
これも最良の仕事をするための何かの絡みなんだと前向きになる。(自分勝手に)
そう思うと次の手が見つかる。

作品の出来が良くなるにつれ、時空がゆがんでいくだろうの図。
b0052471_22131144.jpg
蔵5号でキャッチを手伝ってくれた髙田さんと大ちゃんありがとー。
みんなで作品に乗って楽しかったなー。

続いて、今日の4号では
過去を作り直すシリーズ「飛べない鳥のクラウン」の粘土原型が完成。
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-28 22:39 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

体内も作らんと

今日は、気分を変えて成型してからじゃないと作れない裏側や内部制作。

ある作品の裏側は、途中で作り直すものの無事に原型完了~。
続いて、再制作「島犬」の体の中も。(※写真はイメージ)

やっぱし作らんと。手が抜けないんだなあ。
b0052471_22571746.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-26 23:03 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

作風安定期

FRP成型された5体の修正作業も終了して、
昨日から本格的に「飛べない鳥のクラウン」の再制作。
さすがに時間がかかるが、原型制作は特に楽しい。

セイカさん的には、「よく自分の作品をこれだけ〇〇〇化できるね」とのこと。
ほんとにそう、ある意味これまでで一番の作風安定期か。
もちろん、今年限定で。

何に導かれたんだか、興味もなかったのに、
〇〇〇〇行って、自分で思いついちゃったんだから不思議なもんだ。
自分なりに研究し続けたから、嘘ばかりで良いなら今すぐ資料本書けそう。
b0052471_2336265.jpg
※写真と本文の関係は無し。
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-25 23:39 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

『廃材創作』も終盤です

b0052471_228564.jpg
終盤です、引き続きよろしくどーぞ。

川埜龍三の『廃材創作』

【会期】3月19日(土)~5月30日(月)(内の毎週土・日・月曜日)
【時間】11:00-18:00
【会場】 川埜龍三オフィシャルギャラリーラガルト
〒710-0055 倉敷市阿知 3-22-25 倉敷ジーンズ2F

協力 倉敷ジーンズ、(有)パウハウス

ギャラリーラガルト → http://www.ryuzo3.net/lagarto.html
ギャラリーラガルトFB → https://www.facebook.com/gallerylagarto

b0052471_2284122.jpg

倉敷経済新聞
【倉敷で造形作家・川埜龍三さん個展「廃材創作」 「幻犬」など物語性込めた作品37点】
→→ http://kurashiki.keizai.biz/headline/687/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-21 22:11 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

まだコレカラか

b0052471_2251042.jpg
16・17日は今月作っていた「過去を作り直す」関連5点を型取り。
18日は、陶芸家の髙田さんのサポートで、型を使った部品作り。
前日制作分と合わせて18点。このあと時間かけて作り込んで良いのを残そう。

19・20日は、5点をFRP成型~脱型まで。
筆で叩いた跡も、落ちた粘土のカスもそのままのディテールで出てきた。
上手く出来てホっとして、あー眠い。

ここまで来れば、「飛べない鳥のクラウン」の全身像再制作に集中~
・・・と思ったら、今回成型した「島犬」の体内!と「Xファイル」なアレの裏!
そして「不滅の標」の女版!を作るんだったんだ・・・と思い出して、また眠くなってしまった。
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-20 22:51 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

過去を作り直す その③

今日は久々に木組みの芯材作り。可動式にしておいてポーズを決める。
とはいえ決まっているからすぐ固定して、制作用の台座も作っておく。
今回は、2012年の「飛べない鳥のクラウン」の全身像を新たに作り直し。

夕方に、これまでの原型を型取りに向けて修正して、余った粘土で
ついつい胸から上あたりを荒付してしまった。相変わらず気持ちだけで先走る。
原型がたまってて、これ以上は混乱するから、型取り後に制作するつもりだったんだけど。

先走ってる頃、「飛べない~」の脚モデルをしてくれた友人が家族で突然来蔵。
僕が今、再制作をしていることなど知るはずもないのに。
なんで?と思うような不思議なこともあるもんだね。
b0052471_2234355.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-15 22:06 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

「Home」のアナザーストーリー

「Home」は2007年から、現在もときどき作ってるから、
「過去を作り直す」シリーズとは違ってくるけど、完全にアナザーストーリーな「Home」。

良い原型に仕上がったと思う。
今日は、他に先日工場入りしたモノの部分(実寸)を粘土で再制作完了。
大型の制作から始まって約1カ月。蔵には新しい原型がさらに5つか。

来週は型取祭りだな~。
b0052471_2332110.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-14 23:05 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

しのんで、はじめての散歩

先月作っていた造形物をはじめて散歩させる。
僕らの中ではとても大事な日。朝はハギオさんと卵かけ御飯。

6号大ちゃんも来てくれて、4人がかりで少しずつ蔵から出していく。
イヌの時と同じように生まれて出てくる光景だ。
ちょうど3年前の今頃も、同じようにドキドキしながら大きなイヌを蔵から出してたなぁ。
b0052471_2055362.jpg
2号線をしばらく走る間、行き来するドライバーのみなさんは2度見、3度見。楽しそうで何より。
でも写真を撮る間もなく通り過ぎてく。今日はしのんで走っているもので。
b0052471_20555348.jpg
こんな風に作業工程を外注に出すことは、僕のこれまでの制作では初めてのこと。
今回お世話になるサンテック株式会社に到着すると、みなさんが造形物を優しく迎えてくれた。
しばらくの間、ここの方たちの世話になるんだよ。よろしく。

ハギオさんも髙田さんもホッとしたね。
12時になり、そんな玉島まで来たということで、大月さんも誘って昼ごはん。


b0052471_212192.jpg帰蔵後は、ニュー5号の整備のハギオさん。大きなものが居なくなってしまった4号で、僕は次の立体作品の芯を作るために、実寸の原画を描いてた。

今回は、他にも作るものが多く時間が少なくて、1工程を任せている間に、僕がまた他のモノを作れる。止まらずに、がんばらんといかんなー。夜はハギオさんと髙田さんと「Xファイル」見ながら弁当食。

また、散歩します。今度は、もう少しあちこち・・・
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-12 16:47 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

5号再び

昨日、3つ目の原型が完成して、さらにもう1ついってみたところで材料切れ。

今日は、「犬島の島犬」制作以来、蔵5号の扉が開いた。
再びオープンした5号に6号の荷を移動させたり、
蔵4号の大きな原型を蔵から出すための片付けをしたり。

現在蔵の中は、原型が5つ整列してる状態で材料も切れてる。
12日に大物が移動後に、これまでの制作物の型取りとさらなる原型制作。
b0052471_20424192.jpg

[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-10 20:39 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

モルダー、あなた疲れてるのよ

b0052471_2038470.jpg今日は、作っている2体を仕上げたい日。ちょうど2001年「不滅の標」制作時のモデルが久々モデルとして登場。おかげさんで「犬島の島犬」もふくめ2体の粘土原型が完成~。

蔵4号もいっぱいいっぱい・・・
新たに蔵5号がスタートしたら型を作ろう。

引き続き、過去の・・・いやいや、それより最近は夕飯を食べるときに録りためた「Xファイル」を1話ずつ見ている。放送してた頃は、あんまり見たこと無かったんだが、今ハマった(いまシーズン6)。時には、自分たちを越えた存在を信じたいと思う気持ちで・・・作ろー。

「モルダー、あなた疲れてるのよ」とセイカさんが言ってくれるはずだ。

「Xファイル」も進めながら、さらに新作スタートー。
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-08 20:55 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

過去を作り直す その②

取り組んでいる過去を作り直すシリーズ。壮大なテーマを持って挑戦中。

2001年の「不滅の標」に続いて、2013年の「犬島の島犬」を再制作中。
さすがに島犬は実寸は無理なんで、1/10模型に近しいサイズで全長60cmほどと小ぶり。

猛烈に作る意欲がありすぎて、気持ちが先走り過ぎて、
初日は2作品とも粘土原型をひっくり返すという失態もあり。

拾い集めて、勢いつけて。

ラガルト帰りのセイカさんに、2体とも出来てるんじゃないの!?と言われるものの
どうも納得できないから明日中に原型を仕上げられたら良いかな、と思う。
b0052471_1942722.jpg
(2012~13年、蔵5号で制作中の「犬島の島犬」 )


犬島ハウスプロジェクト http://www.inujimahouseproject.com/
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-07 19:51 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

過去を作り直す その①

粘土練りを終えると、昨日から制作にとりかかってる。
回顧主義なわけじゃないけど、過去の自分の作品を自ら作り直す作業に取りかかる。

まずは2001年の「不滅の標」から。
b0052471_21434445.jpg
(写真は、お披露目の個展、高知のgraffitiでの展示より)

僕は自分の作品が大好きなんだけど、あらためて違う視点を持って作り進めると、
なるほど難しいことしてるな、とか自分にしか分からないだろう発見があるものだ。

同時に2013年に作ったある作品を再制作開始。
昨日練ったはずの120kgなんて、あっという間。

今年の秋の展示は、
いままで僕の作品を観続けてくれた人にとっても非常に面白いものになるだろう、と思う。


今日はマエストロ秋山さんとアカリコちゃんが来蔵。ありがとう!
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-06 21:46 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

粘土準備

b0052471_18494126.jpg
今日は快晴。

雨のあとの風も気持ちよくて、

外で作業することにした。

モンゴと120kgほど粘土作り。

思ったよりイイ音で鳴るなぁ。

ついでにテラコッタもひとねり。
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-04 20:49 | さいたまトリエンナーレ2016 | Comments(0)

スーパーミニバンド

去年の後半にモンゴに教えてもらって、予定を入れていたので
今年はGWらしいお出かけをひとつ。セイカさんとモンゴの3人で広島フラワーフェスティバル2016。

ただ渋滞と、恐ろしい人の数ということを知って、僕は夕べから腹の調子がいまひとつ。
だったのだが、渋滞に会うこともなく、人が多いのを避けて良い寄り道もできた。

目的は17時からのスーパーミニバンド。
井ノ口くんと田辺くんにダウンタウンズの小松さん。
ミニだけど8人もいる。雨にも関わらずの人だかりと盛り上がり。

本日終盤には雨も上がり晴れ間が見える。「あー、来て本当に良かった」と全員大満足。
b0052471_022591.jpg
イメージの詩~夏休み~マーク2~ともだち~こうき心~今日までそして明日から
[PR]
# by ryuzo3net | 2016-05-03 23:45 | 音楽のススメ | Comments(0)