人気ブログランキング | 話題のタグを見る

郷土吉備の古代から現代にわたる収蔵品の展示を通じ、その歴史と文化の魅力を発信しているきび美ミュージアムの企画展として、この夏、川埜龍三のあたらしい個展がはじまります。「漂泊 / wandering」と題された本展では、新作《if》(2024)や《常夜海(とこよのうみ)》(2014)などを異なる3つの空間に展示します。各展示室に流れる音楽とともに、龍三の造形世界を旅していただければと思います。


川埜龍三展「漂泊 / Wandering」_b0052471_23015040.jpg
川埜龍三展「漂泊 / Wandering」
会 期 | 2024年7月12日(金)~8月18日(日)
会 場 | きび美ミュージアム 岡山県倉敷市中央1丁目4-22 (086-425-8080)
時 間 | 10:00~18:00
休 館 | 月、火曜日 (祝日の場合は開館し翌日休館、8月14日(水)は開館)
観覧料 | 無料 (川埜龍三展以外の展示を観覧する場合は別途入場料)


さらに詳しく川埜龍三展「漂泊 / Wandering」を読む
# by ryuzo3net | 2024-07-12 10:00 | Comments(0)

個展『 Drawings 1 』

「龍三が自身の幼少期の絵にインスピレーションを得て、制作した素朴な新作ドローイングを中心とした展覧会です。大きな画用紙に鉛筆、オイルステイック、白黒のペンキで描かれています。本展示では、筆致や質感を見やすくするため紙の状態で展示します。

この夏、きび美ミュージアムでの「漂泊 / Wandering」、ラガルトプラスでの「Drawings 1」が倉敷で同時期に開催されます。みなさまのご来場をお待ちしています。」


個展『 Drawings 1 』_b0052471_23331928.jpg



川埜龍三展「DRAWINGS 1」

会 期|2024年7月6日(土)~8月26日(月)
会 場|ラガルトプラス2Fギャラリー
住 所|〒714-0055岡山県倉敷市阿知3-22-25
開廊日|土・日・月曜日
時 間|11:00~18:00
入場料|無料


# by ryuzo3net | 2024-07-06 11:00 | ギャラリー・ラガルト | Comments(0)

if

音楽を聴くにもライブ、レコード、CD、カセット、サブスクといろいろあるように、
造形をするにもあれやこれやと選択肢は増えてたくさんになった。

アナログでもデジタルでもいい。何か得体のしれないものが宿ってるような、そんな熱量のあるものが興味深い。
僕は今回、イヤーモニターなしでゆったりした音楽を演奏して、リズムが少し揺れている。そんな風に作りたかった。
(イヤモニもそんな演奏もしたことないから、あくまでもイメージなんだけど)
それが叶ったかどうか分からないけど、僕が今できることはすべて指先から絞り出せたと思う。

if_b0052471_18225051.jpg

# by ryuzo3net | 2024-06-07 12:58 | 蔵④号日記 | Comments(0)

あと一息

35個のパーツを、グレーからホワイトのサーフェーサーに変えた。塗装前の最後の下地処理。

フォトグラファー森くんが、撮影の打ち合わせに来た。
デザイナーいいちろうさんとの組み合わせで作られる今回のデザイン物。
どうなるのかなあ、なんて考えながら、あと一息。

あと一息_b0052471_18211158.jpg

# by ryuzo3net | 2024-06-06 12:14 | 蔵④号日記 | Comments(0)

足②

爪が生えてる妖犬の足。
制作中、膝をついてばかりで右膝を打撲した。
友人が膝パッドを送ってくれた。ありがとう。

作品の後方から、女の子の足と妖犬の足だけをクローズアップしたときの距離感が好きだ。

足②_b0052471_18052519.jpg

# by ryuzo3net | 2024-06-05 16:05 | 蔵④号日記 | Comments(0)