人気ブログランキング | 話題のタグを見る

無心に降る百年の部屋

怒涛のスケジュールで京都個展「無心に降る百年」スタート。
2011年にラガルトで開催した「Homeroom」展の京都バージョンな雰囲気。
Gallery I の所有するアンティークと混在させた空間にしたくて、搬入展示日は赤い壁面の間で盛り上がり続けて、今回の展示も自分の大好きな感じになってきた。

これから約10日間、Iさんと俺の趣味の部屋。
できるだけ在廊する予定。ぜひ、みんなに遊びに来て欲しい。
無心に降る百年の部屋_b0052471_22471300.jpg



■川埜龍三個展 「無心に降る百年」
会期:2014年10月3日(金)~10月13日(月) *8日(水)休廊
時間:12時00分~17時00分 *最終日は16時まで 
会場: Gallery I  京都市中京区寺町通夷川上ル西側久遠院前町671-1寺町エースビル1F西
作家在廊日:3~6日、12、13日

-A hundred years falling to the mindlessness- Solo show
Fri,Oct.3rd - Mon,Oct.13th,2014
GalleryI
Teramachi Ace Bldg. 1F
671-1 Kuen inmaecho, Teramachi-dori Ebisugawacho Agaru,Nakagyo-ku,Kyoto city



by ryuzo3net | 2014-10-03 23:06 | 無心に降る百年(2014) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 無心に降る百年の風景 3ヶ月連続個展、仕上げに行きます >>