人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鳴釜の神事と血吸川の砂鉄

数時間前まで総社に居たはずなのに、再び総社。
9:30に吉備津神社に13人が集合して、まずは御祓い。
このところプロジェクトごとに、それにまつわる神社で祓ってもらってるなあ。

境内を移動して鳴釜の神事へ。
なかでは湯を沸かした釜の上のセイロからモクモクと湯気が目に入る。
でかい釜戸の火が焚かれ続けられたせいかテカテカと光る真っ黒い柱、
釜戸の背壁には同じく炭色になった巨大なしゃもじが掛けられている。

鳴釜の神事とは、願いが叶えられるかどうかを釜の鳴る音で占う神事。

鳴釜神事について詳しくは→→吉備津神社HP http://kibitujinja.com/about/narukama.html

神官が祝詞を奏上するなか、阿曽女(あぞめ)がセイロのなかで玄米を振ると、
すごい音が長く鳴り響いた!その音に僕らみんなホッとしたんじゃないかな。
鳴釜の神事と血吸川の砂鉄_b0052471_21214644.jpg
さらに吉備津彦神社→温羅 (うら)神社→御陵(中山茶臼山古墳 )と見学。

午後からは、古代たたら操業で使用する鉄の材料となる砂鉄集めのため、
昼飯は軽くコンビニ弁当で済ませて、すぐさま砂川公園へ集合。

川の流れる岩岩が赤く見える血吸川の源流まで長靴で上り、
各々が準備した磁石などつかって川床の砂をさらう。大人も子どもも盛り上がった。
僕は靴を脱いで裸足を冷たい水に浸し石の上を歩くのが気持ちよかった。
鳴釜の神事と血吸川の砂鉄_b0052471_21215747.jpg
想像してたよりもたくさん砂鉄が集まったように思う。

こんな風にして「古代から現代に火を運ぶ」というロマンチックな出来事が始まったわけだ。


★おにぽっくるプロジェクトとは(概要編)・・・・http://ryuzo3net.exblog.jp/23638947/
★古代の火を現代に運び込もう(予定編)・・・・http://ryuzo3net.exblog.jp/23649868/
名前
URL
削除用パスワード
by ryuzo3net | 2014-11-08 21:37 | おにぽっくるプロジェクト | Comments(0)