人気ブログランキング | 話題のタグを見る

犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう

第1回となる「さいたまトリエンナーレ2016」で公開される川埜龍三の新プロジェクトは、現在われわれが存在している世界「さいたまA」と同時に存在する並行世界「さいたまB」で発見された埴輪群および発掘現場を創作し、視覚化する歴史改変SF作品です。
犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう_b0052471_2074539.jpg
さいたまBで結成された「発掘キャラバン隊」の調査により出土した埴輪群は、私たちの知っている埴輪と似て非なる不思議な造形物群。トリエンナーレ会場となる旧民俗資料館の展示室には、それらの発掘調査資料とともに「犀型埴輪」が復元展示されます。また、さいたまAでは美術家、さいたまBでは埴輪研究家として活動するそれぞれの川埜龍三を比べたとき、時空を超えてインスピレーションが交錯する姿が垣間見えてきます。

もし、「さいたまA」でも犀の角が長ければ、すでに考古学者が犀型埴輪を土の中から見つけ出していたかも知れません。実際の発掘現場で考古学者が耳を澄ませるように、<犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう>を覗いたとき、絶対的世界などなく、全てはほんの少しの何かで流動的に変わっていく情景作りだとも感じられるはずです。

川埜龍三



「発掘キャラバン隊」隊員募集!】について・・・http://www.ryuzo3.net/sai.html

http://www.ryuzo3.net/

さいたまトリエンナーレ2016
by ryuzo3net | 2016-06-21 20:14 | さいたまB(2015-) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 「さいたまB 発掘キャラバン隊... あたらしいプロジェクト >>