人気ブログランキング | 話題のタグを見る

1時間30分

今夜トークショーの会場は、市民会館おおみや地下食堂。
広くないスペースだが、雰囲気がとても良い。僕は少し早めに到着するとカーテンを開けることにしたり、撮影に合わせた席の配置やマイクの確認など。

こんな様子の僕だとイベントへのやる気を感じるし、あるいは毎度この様に準備しているかの如く見える。過去の僕がしたことと言えば不機嫌に口を閉ざす、タバコを吸いに席を立つ、持ち時間は他の人に任せる、結果3分以上もたないため半ば事故のような有様ばかり。故、個展でもトークなどするわけないし、人前に出るのは正直照れ臭い。

この夜の出来事を映像用カメラ3台と手持ちカメラ1台で撮影する田中くん、
僕のトークについて「引出しは多いんだけど立て付けが悪い」と・・・上手い事言う。

だけど今回は、芹沢さんはじめ昨年から世話になっている人たちに対しての
自分なりにのっぴきならない感覚で、「今夜は話すぞ」と心に決めての

『川埜龍三氏x芹沢高志氏のトークイベント』スタート。

1時間30分_b0052471_16012780.jpg

芹沢さんのリードで、数分間僕が褒められているので、2分は越えたぞ!と心ん中でつぶやきながら、このまま1時間褒められて終了したらいいのにと思っていたところでマイクが振られ、その後どんなことを話したか正確には余り覚えていない。

噂となっていた③トイレットペーパーの選び方には触れることなく、
ここ数日の出来事から、長い期間作品を販売しなかった理由や、プロジェクトの終わり方やお金のこと、今年の滋賀県での展示からさらに強まった日々の制作、続けること等について話したはず。そんなトーク中は、どうして真面目な顔して僕の話を芹沢さんが人前で聞いてるのだろうとか、ふと疑問に思ったりしながら。

1時間30分_b0052471_16022893.jpg
気が付けば用意された椅子は埋まり、トークのみで1時間30分オーバー。

いざ話してみると言葉足りない部分も多々あったとは思うが、秋雨と台風の間に晴れた1日、芹沢さんのおかげでいくつか引き出しはガタガタと動いたかもしれない。

終了後の来場者の方々、笑顔で良かったとか言ってくれる。みなさん良い人だからなぁとか思いながら、僕はセイカさんに2分越えたぞ!と意気揚々と感想を聞きに行くとすごく良かった、映像でもう一度見たいと言う・・・どうしたことか、今日はみんなが僕を褒めてくれる。


22時を回る頃、12人くらい集まって晩飯を食いに行こうということになり、僕がきっと気に入るだろうと勧めてくれた24時間営業の「伯爵邸」、入店するなりお気に入り。僕にトークという新しいチャックを開いてくれた芹沢さんと企画者の方々、来てくれたみんなに心から感謝。さいたまの人たちにますます愛着が湧いてくる。

翌日、岡山に帰らなければならない僕たちは、
終電まで楽しいさいたまの夜を過ごしたのでした。







by ryuzo3net | 2017-10-27 23:58 | さいたまB(2015-) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ラガルトに「孤独なフラクタル」... サイのモニュメント接客マニュアル >>