蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

壊れた頭ガイコツ

b0052471_19092752.jpg
1993年頃の僕は頭ガイコツが好きで、美術室にあった石膏製の頭ガイコツをこっそりとカバンに入れて、脇に抱えて、持ち歩いていた。ずいぶんと遠い学校に通っていたんだけど電車の中でも家の部屋の中でも頭ガイコツと一緒で、触ったり眺めたり絵に描いたりしていた。僕の悪い癖なのか、気に入ったものは既に自分のもののように思い込んで。

そんなある日、僕の不注意でお気に入りの頭ガイコツを落っことしてしまった。僕はバラバラになった骨を拾いはじめ、周囲の同級生たちが「やっちまったな」という顔つきで見ているのを感じた。子供のころから怒られない日は無いというくらいに何をやっても叱られてたから、誰よりも「またやっちまったな」という気持ちだったし、宝物を壊してしまった罪悪感で落ち込んだ。

集めた破片を手に、備品を壊してしまったことを美術の植月先生に告白した。当時の僕から見た植月先生のイメージはというと、あんまり話したことがない大きくてちょっと怖い感じの人。入学する前から知っていたし、僕の回りで一番絵が上手くて嘘がつけない相手のような存在だった。バラバラの骨をチラと見た先生は怒る気配すらなく、さらりと「ものはいつか壊れる」とだけ言い残してスリッパを静かに鳴らしながらどこかに行ってしまった。

高校3年生になると、植月先生と話すこともたまにあった。奔放な僕の気質を理解してくれていたのか、受験用の絵も2枚以上描かなくて済んだし、受けたくない授業は拒否した。男同士の約束も交わしたし、美術室の中に個室を作って好きなように作らせてもらえたのも嬉しかった。僕が高知に向かったのは、「お前には高知が合う」と先生に言われたのがきっかけだった。

元の形に戻らなくなってしまった頭ガイコツは、その後3度の引っ越しにも同行し相変わらず僕のそばにいて、2007年に<グラン・ママ>という作品の右袖に埋め込まれて今も在る。


先生という職業を少し早めに終えて、尾道で一画家として暮らし始めていた植月英俊さんと2011年から作家として交流が始まった。アトリエに行き来したり、互いの作品を購入したりした。植月さんは僕のアトリエやギャラリーに来るたび、おすすめの麺と出汁と大量に刻んだネギを持って来てくれた。短い期間だったけど、作ることや暮らすことを楽しんで生きてる様子だった。いつだったか実物の<グラン・ママ>を見て「良い作品を作るなぁ」と言ってくれたのが嬉しかった事を覚えているのに、そのとき袖の頭ガイコツの事を明かしたかどうか、僕の記憶が定かでないのが残念でならない。

先生という存在が大キライな僕が、好きになった先生に作品を見せることも褒めてもらうことも今は叶わない。そう思うとちょっと寂しいけれど、あの日僕が怒られずに学んだ「ものはいつか壊れる」ということ、それは「使い切ってやる」という僕の生き方をより強靭にしてくれた気がする。


[PR]
by ryuzo3net | 2017-12-12 18:57 | その他 | Comments(0)