蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

変身 2017 《DRY WOOD編》

こないだまで玉島マチヲの向かいの部屋に「R手芸部」なる表札が入り、
賑やかな室内では、女子たちが舞台で使う衣装を廃材や端材など有り物で作ってた。

「R手芸部」とは「IDEA R LAB」の大月さんの呼びかけで、ダンサー兼演出振付家の平井優子さん最新作の舞台の衣装や舞台装飾を作るために集まった人たちのこと。そこにセイカさんも混じって、蜘蛛やらワニの衣装を担当して一時は家でも忙しく縫ってた。

僕は24日に観に行けたらと思ってる。

b0052471_21170777.jpg

変身 2017 《DRY WOOD編》

どこから来たとも知れない旅人の語る、「ヒト」と「ヒトでないもの」の間を移ろう奇妙な生き物の物語。かつてあらゆる象徴として顕在化されてきた動物、獣人などは共生を目指せなくなっている世界で行き場を失くしさまよっている。


今回ははじまりにアフリカ(ヨルバ)の神話を元とした戯曲「DRY WOOD(干木悼)」をもとに多様な手法でのワークショップを実施することからはじまりました。

かたちを変えながら生き抜く存在たちがダンスや映像、光などの要素がブリコラージュ的に絡み合う色彩豊かな世界で狂宴を繰り広げる。
今作品をきっかけに大月ヒロ子氏の呼びかけで集まった「R手芸部」によって廃材などマテリアルライブラリーから生み出される衣装や映像アーティストの山田晋平氏との初めてのコラボレーション

穂の国とよはし芸術劇場でのレジデンスを経て岡山天神山文化プラザにて3月、世界初演。


演出構成 / 平井優子

出演 / クリエーションワークショップ参加者

衣装 / R手芸部(IDEA R LAB)
大月ヒロ子 石川さゆり 石本均志 岡亜希子 滝口西夏 時実月夜 永岡かずみ 橋本文江 樋口晄子 安原梨乃

映像技術/ 山田晋平
引用戯曲:Alfred Birnbaum「Dry wood」
​ワークショップ協力 / 白井剛 山内朋樹
プロジェクトマネジメント / 木下志穂
制作 / R40 M.A.P.


●場所:天神山文化プラザ1階ホール(岡山市北区天神町8-54)
●日時:3月24日(土)19:00 / 25日(日)14:00 開演
   ※25日の公演後、アフタートークあり。
●チケット:全席自由、一般2,000円、高校生以下1,000円
<チケット予約・取扱>
*「チケットを入手」のリンク先にあるウェブフォームにてお申し込みください(当日受付にて精算)。
*r40dance@yahoo.co.jp(担当:山口)
*岡山県天神山文化プラザ 2階情報センター Tel:086-226-5005
 (9:00~18:00 / 月曜休)


主催:R40 M.A.P. 岡山県天神山文化プラザ
助成:公益財団法人 福武教育文化振興財団
協力:IDEA R LAB 穂の国とよはし芸術劇場PLAT

Facebook https://www.facebook.com/henshinproject/
Webサイト https://yukohirai.wixsite.com/map-okayama/henshin-project



他の県も似たようなものだろうけど、岡山はイベントが多すぎる。
ひとつひとつが低予算過ぎるから、やる人はどうなっているんだろう。
公務員たちは月給もらって管理してるんだろうけど、やる人たちは数か月もの間を自腹を切ってやるしかない。タダみたいな金でやすやすOKする副業、兼業たちが居るから面倒臭いんだけど、本業の人は本業以外の事にも息切れしながら挑んで疲弊していく。
僕は嫌われるくらい言ってるし実際減らしてるけど、みんなも声に出してくれればいいのに。もっとイベント数を減らして、1本1本ちゃんとした予算付けてやれば良いのにと思う。数じゃねぇんだぞ。感の悪い人たちにはわかんねぇだろうなぁ。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-22 21:16 | Comments(0)