蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

あと一週間で「グラン・ママの葬列」

La gran mama 
-La vida y muerte de la gran mama-
b0052471_1303349.jpg
2年ぶりの新作個展。最高の作品達と物語を届けられると思います。
この後は25日まで追い込みかけて、高知で搬入と設置を2日間の後、完成。

では、会場で!!

b0052471_23451164.gif

会場 星ヶ岡アートヴィレッヂ  
〒780-0964 高知市横内153-1 TEL(088)843-8572
日時 2007年 7月28日(土)~8月5日(日)
時間 AM10時~PM6時まで  〈休館日 7月31日(火)〉
by ryuzo3net | 2007-07-21 01:15 | グラン・ママの葬列(07) | Comments(4)
Commented by ノッポ高校生 at 2007-08-01 22:28 x
2回行きました´`
すごい感動しました。自分の中に一生残る作品ばかりでした。
ありがとうございました^^
Commented by Reiko F.N. at 2007-08-06 11:25 x
素晴らしい作品を見せていただきありがとうございました。心の中に直にしみ込んでくるパワーとメッセージ。本物の龍三さんと作品に会えた喜びでまだ体がほかほかしています。龍三さんと同じ時代に生まれ、リアルタイムで作品を見て行くことができるのは本当にラッキーな事です。次の展覧会楽しみにしています。
P.S. メフィストのケーキすごく美味しかったです。ごちそうさまでした。夜にメフィストで有機栽培コーヒーとマフィンでお茶しましたよ。素敵な喫茶店ですね。
Commented by ryuzo3net at 2007-08-10 21:27
ノッポ高校生、楽しんでくれたかな?僕も高校生の時、いろんなモノを見ようとして、いまだに制作する上でも生活する上でも、その時期見たものを思い出すことが多くあります。僕の作品もノッポ高校生のそんな一つになれば幸いです。
Commented by ryuzo3net at 2007-08-10 21:38
Reikoさん、はじめて会場で会えましたねー今回、最も遠い場所から来てくれたお客さんです。感謝しています。作品を介して会えることをとても楽しみに、それに責任も感じてました。ブログも見ましたよ。とても深く観察してくれてること励みになります。次回の展示作品は何になるか、時期はいつか、まだ決定はしてませんが、今回以上の情景が出来ると思います。お楽しみに!