蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

アレイダ・ゲバラ来日~知られざる医療技術と国際人道支援~

今日は東京展示後、2人そろって初の休日!(僕はチョイチョイさぼってますが)
ということで朝から畑。種から育ててる大量の植物を小さいポット→中くらいのポットに移す肩のコリそうな作業から草抜き、野菜の苗の手入れ。やりだすとキリが無い。

蔵でも土いじりだけど、畑での土いじりは1日の中で唯一制作を忘れる時間。みんな順調に育ってる(特に雑草)。
b0052471_1161145.jpg
午後3時からは広島に向けて出発。英雄チェ・ゲバラの娘、アレイダ・ゲバラさんが来日して原爆資料館で公演があるというんでGO。車の中ではかわの制作所の会議が到着まで続く(秘書のデクも同乗)

マイケル・ムーアの「シッコ」でも取り上げられているけど(アレイダさんも出演)キューバの医療は技術のみならず、体制や考え方も現在世界の注目の的だ。実は僕も関心があることで是非聞いてみたかった。

原爆資料館メモリアルホールに着いたとき、ちょうど入り口前でゲバラさんたちとバッタリ遭遇。(なんかいつもこんな感じでタイミングよすぎるんだよなー)今回の実行委員の人とは、松山、東京、広島と短い間に3回も会っちゃうし、松山で会った大使館の人ともバッタリ。会場でセイカさんはキューバ滞在時代の大家さんともバッタリ。
僕らはそんなこんなで最前列関係者席で大使館の方とならんで着席。

事前に知っていることもあったけど、あらためていろいろ驚いた。
キューバ医療にはグローバルな多くのメッセージがこめられていると思う。
医療費が0円なのは有名だけど、以外にも自分の国だけと思わず金は無くても世界に困っている地域があれば様々な国に何万もの医師を派遣し、生まれてくる子供を死なせない医療、予防を充実させる医療、老人が決して孤独に死なない国・・・ここでは僕はうまく書く事が出来ないから省くけど、医療関係者のみならず、多くの人に知って欲しいと思う。

チェ・ゲバラはアレイダ・ゲバラさんが6歳の頃にボリビアでゲリラ活動中に死んだが「平和のために闘うのなら訪れる必要がある」と広島を勧めたそうだ。英雄の父と同じく医師となったゲバラさんも思いを受け継いで日々闘い続けてる。
b0052471_1162797.jpg

公演終了後、セイカさんと僕は少々お話しすることに。

毎日1日の中に2回1日があるような濃い日々が続くけど、またまた今日はオイラにとってもイイ話があったり。
ますます時間を無駄に出来ない。
[PR]
by ryuzo3net | 2008-05-16 01:27 | 旅日記 | Comments(2)
Commented by muna-muna at 2008-05-17 23:14
KIYATAです

そんなにいい国だったんですねーキューバって。

母が介護の仕事をしているのですが、昨日も利用者のおばあちゃんが朝行ったらなくなっていたそうです
そんな話が日常茶飯事名この国で『老人が決して孤独に死なない国』
ってすごさを実感します
お金ってそういうふうに使ってもらいたいと心から思います

いいな、キューバ、行ってみたい!!!
龍三さん、うらやましいです

ところで私のブログのコメントにも書いたのですが、他にも音楽のCDありましたら購入希望なのです

もっと聞きたいなあ〜〜ぜひともよろしくおねがいいたします

Commented by ryuzo3net at 2008-05-18 00:20
僕もセイカさんに聞いたり本で読んだり程度で詳しいわけじゃないんだけど、どの国にもいいところと悪いところがあるだろうし、キューバはお金も乏しく物資は経済封鎖で閉ざされたからこその知恵や思想に学ばなければならない事は多いような気がする。

それ以外にも有機農法なんかも発達してて自給率も高いんだよ。

それよりなによりCDの話なんだけど、あれはたまたま「グラン・ママの葬列」という展示会場に流す音は自分で作るしかない!と思い立って去年友人と2人で即興でやったもんで他には無いのです。

とはいえ、曲作りは楽しかったから早ければ今年中に再度トライしてみたいなと・・・考え中。
人の曲やるより楽しいしね。
なんとなく予定ではキーボード、テルミン、魔法のハープ、エレキギターなんかでやりたいなーと想像中。
期待せず待っててください。