人気ブログランキング |


蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

仙酔島での毒出し

母さんの誕生日ということで、日帰り旅行。今年は鞆の浦・仙酔島へ行きました。
鞆の浦は、3年前まで良く通ってぷらぷらしてたんだけど、島に渡るのは初めて。といっても船で5分ほどの距離。
最近雨が多かったのに、この日は晴れてくれたんでヨカッタ。

なんか、いい感じの島。国立公園に指定されてるらしくて野外にゴミ箱なし。灰皿有り。
普段あびてる電磁波やら何やらからも解放されるべくテレビも無し。海キレイ。

僕らは江戸風呂といわれる洞窟蒸し風呂と昼弁当のコースを予約。
混浴なんで短パン・シャツかりて、この島で天日干しされた塩舐めて洞窟へ。
作法がありまして、海藻蒸し風呂→胎内風呂(海水塩分濃度が高いから浮いて寝る)→ヨモギ蒸し風呂→露天風呂(目の前の海のこと)→砂浜を歩く→びわの葉蒸し→風呂歳時記風呂(その日はドクダミ)。
これを一通りやれば、汗もすっきりして確かに悪いもんが出て行く感じになる。
フリードリンクもヨモギ茶やら浄化作用に良さそうなものばかり何種類も置いてある。

さらに母さんは砂風呂やりたいというので砂浜に穴を掘ってもらった。
これは毒素を抜くのにかなり効くらしくて、国立公園だからキレイだし、満干差4Mで前日までの雨も止み、砂浜が海水で浄化された引き潮時。すごくいい時期だそうです。

砂に埋もれること1時間我慢。オイラは毒が出るあたりが痒くて埋められてる感が堪えられなくて気が変になりそうだ。
埋められること合計8時間の3日間コースがいいようですが僕には無理。
でも、これはかなり効く。
b0052471_22315996.jpg
洞窟で合席した人は名古屋から1週間コースで来てたリピーター。
接客する人たちの感じもすごくいいから、また来たくなるんだろう。

他にも何箇所か風呂あったけどギブアップ。
またいつかデカイ仕事終わったりしたら、泊まりで休みに来よう。また来たい。

とにかく体に良い島なんだな。スゲー楽しかった。
ちなみに野生狸も70匹ほど居るから、普通に遭遇出来るが餌やっちゃ×。

帰る前に、鞆に来れば必ず立ち寄る喫茶「友光軒」でコーヒー飲んで帰りました。
by ryuzo3net | 2008-06-04 22:32 | 旅日記 | Comments(1)
Commented at 2008-06-06 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。