蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

石枕について

今からちょうど10年前、高知県立美術館に若林奮さんが作品を設置するということで
工務店さんが土佐桜という石を組み上げた後の表面の加工を依頼され、僕はビシャンという金槌を使用し6月の約1週間、朝9時から午後5時まで石をハツり続けた。


座談会が行われた講義室には、平日にも関わらず用意された椅子は埋まり、
午後1時から4時まで限定公開された「石枕」には146人もの人が見学に来たそうだ。僕も10年ぶりに作品に触った。
b0052471_17342438.jpg

b0052471_20334388.jpg制作当時の映像も出てきたそうで、僕は10年前の自分を見かけた。タンクトップにタオルを頭に巻いた姿は今と変わらんが、まだまだ体が薄いなと、今の方がタフだぜと思った。

若林さんは鉄を使った作品で知られ、作品に対して非常に厳しく繊細なことで知られる。僕を雇う前、高知市内で夕食に招待してもらい、よろしくと言われたことを憶えてる。

僕を職人として、若い作家として大事にしてくれた初めての大作家だった。生きてたら、あの時みたいに今の僕の作品をゆっくり観てくれたろうなと思う。

このような機会を与えてくれた若林さん、関係者の皆さんに感謝します。
[PR]
by ryuzo3net | 2008-10-10 17:34 | アトリエ外活動 | Comments(0)