人気ブログランキング |


蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:蔵④号日記( 997 )

わからないからいい、わからないままでもいい

わからないからいい、わからないままでもいい。
b0052471_20210286.jpg

by ryuzo3net | 2019-06-12 20:43 | 蔵④号日記 | Comments(0)

満喫

蔵での作業中、閉め切りの扉を開けるとやけにまぶしい。
そとは初夏だが、まだ冬が抜けきってないアトリエの居心地がいい。
扉を閉めて束の間のこの時間を満喫しよう。
b0052471_19272849.jpg

by ryuzo3net | 2019-05-07 21:21 | 蔵④号日記 | Comments(0)

九九

b0052471_21074353.jpg
現在の制作に出てきそうな掛け算を間違えないように書いておいた。
想像では難しそうな計算も目で見ると大したことない気がしてきた。
そもそも計算・計測をそれほどやってないか。肝心なのは勘だ。

小学生の頃、九九がいつまでも覚えられなかった。
祖母に訊かれるたびに間違えてた日々のある時、
勘で答えた7の段のひとつが当たった喜びは今も忘れられない。
その後、暗記したものが正解しても、さほどうれしくなかった。


by ryuzo3net | 2019-05-04 21:23 | 蔵④号日記 | Comments(0)

全開で歩いてる

都会でなければ、わずかな距離も人は習慣で自動車を使う。
こんなさびれた港町ではなおさらだ。

僕は制作以外で怪我をする気がないから、スポーツや運動はしない。
ウォーキングとかジョギングなんてする暇あれば何か作っていたい。
大体そういう流行のかっこうも好みじゃない。

ただ、制作をするための往復1時間の徒歩が僕にちょうどいい。
好きなアルバムを聴いたり、制作の段取りしたり、それすら忘れて考え事をしたり。
だらだら歩くスピードがいい。たまに陸橋の階段を全力で走って上がってしまう。
興奮してる、作れることがうれしくて。
今日も全開で歩いてる。

 
b0052471_19391576.jpg


by ryuzo3net | 2019-05-04 21:05 | 蔵④号日記 | Comments(0)

古い薬棚の扉

石膏の成型が終わる。今日はぼちぼちだったけど、
外で干してある昨日の分と合わせてひとつにしよう。

絵の額作りが溜まってる。
午後はアゲモラでモラった古い薬棚の扉の、
コの字の木枠を再利用。絵に似合いそうだ。
切って組んで、足りない部分は適当な木材を使って組み合わせ。

夜は5種類のデザインの仕上げ。
それからラガルトの新ステッカー発注しよう。
b0052471_17081638.jpg

by ryuzo3net | 2019-04-15 19:19 | 蔵④号日記 | Comments(0)

平面撮影2

前回撮影できなかった平面を運び込んで全開で撮影。
調子が良かったから、展示予定がまだ先(未定)のものまで撮影。

昼飯を食いに行った先で、上薗さんとばったり。
一緒に食べて話して、コーヒー飲んで。
財布を忘れてきた僕の分も払ってもらって。

夜は、前回の撮影分の編集のあれこれを田中君とやりとり。
b0052471_21255020.jpg

by ryuzo3net | 2019-04-11 21:25 | 蔵④号日記 | Comments(0)

平面撮影1

朝から蔵で平面作品19点の撮影。
昼飯を挟んで(よく分からん祈りのポーズも挟んで)、7時間ほど田中くん頑張る。
おかげでラガルトから持ち帰り忘れたものを含めても、撮り残しはわずかとなった。

視覚では整って見えてても一枚の写真にするのは意外と難しい。
鉛筆や起伏のある乱反射モノも綺麗に撮れるようになった。

立体だと、このくらい時間かけても1~2枚の日もあるから、
平面だと枚数が撮れて楽しい。続きは、また近日。
b0052471_18453891.jpg
夜は、明日の型取りの準備をしてからパソコンでステッカー作成。

by ryuzo3net | 2019-04-03 18:57 | 蔵④号日記 | Comments(0)

鍵を忘れて良かったよ

昨日は片道25分の蔵4号と家を、徒歩で2往復。その途中、気掛かりより心配より以前に、僕は何も知らんまま心配事が終わってたという報告。うっかり鍵を忘れて取りに帰って良かった。

話は変わる。右側がダメージだらけになった愛車の代わりに
届いた代車の乗り心地に慣れ始めてる。良いのか悪いのか。


また話は変わる。マチヲ関連の資料作りの順番としては、
<マチヲ式レンブラント>は内容的には2017年のものがほとんど。
最初に持ってくる予定ではなかったんだけど、良しとした。
僕の気に入ってるヤコブ関連のシリーズも初登場するし。
もともとの画集の汚れや、糊の汚れもそのまま、できるだけ実寸。

もう2冊、同時進行で製作が進んでる。


 RYUZO KAWANO OFFICIAL ONLINE STORE 

http://shop.ryuzo3.net/



今夜はクラちゃん4号のお泊り。

b0052471_22410026.jpg

by ryuzo3net | 2019-03-31 09:11 | 蔵④号日記 | Comments(0)

フクロウの10年

立体作品<見知らぬところに立ち入る者は、思わぬものを見つける>(2009)が屋外設置されて10年が経った。倉敷市天城の天城高校前の家具ギャラリーの敷地内に設置された後、現在は倉敷の大橋家住宅にある「倉敷中島屋」敷地内へ引越し設置されている。 

これまでの経年変化の修復依頼を受けて、今月は蔵4号に帰ってた。僕を見込んで注文してくれた平山さんを思い出し(美味しいもの食べさせてもらったとか)ながら、
2009年時の状態に近づけたと思う。セメントとFRPと木で出来た作品を洗浄、細かな傷をパテ埋めして彩色して、トップコート2層+艶調整。
b0052471_16140288.jpg
今回はうまく出来たけど、屋外作品を所有した場合は個々に合わせたメンテナンスは必須。まぁいいかと見て見ぬ振りしてると、僕もお手上げになる事も。完成時のプランや内容を確認して、くれぐれも気をつけておくんなさい。

by ryuzo3net | 2019-03-29 16:14 | 蔵④号日記 | Comments(0)

Seaside Tracks no.14

作品の設置に。

すでに飾ってある僕の作品も移動して設置。
新たに<Seaside Tracks no.14>を設置。

1枚の絵が部屋の壁に入るだけで気分がグッとなる感じ。
b0052471_21463917.jpg
本日も早朝から、良く食べてよく動いて良く笑った。アイデアも浮かんだ。
さすがに今日は体のエネルギーが切れそうになったけど、
夜も良く食べて良く笑ったら元気になった。みなさん、ありがとう。


by ryuzo3net | 2019-03-21 22:00 | 蔵④号日記 | Comments(0)