蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:さいたまB(2015-)( 135 )

ロングランさいたまB

「さいたまトリエンナーレ2016」で創作した僕の歴史改変SF美術作品「犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう」。さいたま市民と発掘キャラバンを結成し、さいたまの土地や歴史を掘り起こし、「ハニワ大発掘展」を開催。


このプロジェクトは、2016年の12月11日で終了・・・
・・・はじめたころは、そこで完結すると思ってた。


翌年から、さいたま市桜区のプラザウエストで「さいたまB」延長展示が始まることとなり、僕は新たに巨大な台座に「犀形埴輪」「犀引き」「犀引かない」を再構成。ほかのハニワたちも倉敷のラガルトだけでなく、滋賀県にも出張。さいたまで芹沢さんとトークすることになったり、ひょんなことは続き、今年は岡山歴史研究会に声かけられたり。


何せ、派手じゃない埴輪たちのあの姿だから。
さいたまの日常に、あまりに自然に横たわってるパラレルが
ジワリジワリ続いてる感に、僕は楽しくなってる。


b0052471_01065891.jpg
3月末にプラザウエストでの延長展示は期限終了となってたんだけど、
なんと「さいたまB」は、トリエンナーレから数えて、さいさい延長となった。
もう「ロングラン」と言ってみたい。

プラザウエスト周辺でもハニワたちが居なくなるとか、このまま居るんじゃないかなど噂が立ってたみたいで。も少し早めに伝えたい気持ちはあったんだけど、契約とか都合とかあるもので報告が少し遅くなってしまった。離れていても現場のおもしろい情景が届いたりする。先日は「犀形埴輪」たちが移動している時期に来た子供が「ハニワがいない!」と探していて、また別の子供が「こっちにいるぞ!」と見つけている様子だった。ハニワたちを見守ってくれている人たちから、そんな日常の様子を教えてもらうことも楽しみのひとつになってる。

僕はさいたまが好きになり、行くことも楽しみになってる。
「犀の角」を通じて知り合った人たちと、また会いたいなぁという感じ。


だからもう一回、今年アレをやりたいと考えはじめてる。
みんなでオニギリ食べてアレをやって、帰りに食べるアイスが美味いんだぁ。
さいたまの、まだやってない場所でやってみたいという気持ちが出てきた。
そう呟いたからには、実現に向かって。




犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう

http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまBハニワ研究ノート
ギャラリーラガルト通販SHOP・・・ http://shop.ryuzo3.net/




-------------------------------------------------------------------------

■2019年3月末まで、約1年間の延長となります。さいたま市民の方も市外の方も、引き続き『さいたまB』のハニワ達をよろしくお願いいたします。
プラザウエストの詳細はこちらへ→http://www.saitama-culture.jp/plazawst/

期間   2018年4月2日(月)~ 2019年3月30日(土)
会場   さいたま市プラザウエスト
住所   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
入場料  無料
連絡先  TEL.048-858-9080(プラザウエスト)

--------------------------------------------------------------------------


[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-11 21:06 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

岡山歴史研究会からの依頼

岡山歴史研究会からの依頼で、座談会に参加することになった。
考古的なことに若い人にも関心を持ってもらいたいとの趣旨。
正直に、古備前や、たたら製鉄、埴輪が好きなわけじゃないし、
もともと興味も無ければ趣味趣向もないと伝えたら、それで良いとの事。

変な話かもしれないけれど、作品と僕自身は少し異なる。
プロジェクトで掘り下げた歴史的なこと、あるかも知れないけれど
どちらかというと僕は新しいものが好きで、古いものはかなり選り好みする。
ただ、直感霊感の結果が「さいたまB」「おにぽっくる」「犬島の島犬」として形を現すことがある。

イメージや絵が先。思いついて、それらを始めるとき
僕に知識が無いから最低限の情報収集は楽しい。
まだ試してない事をするのが大好きだから、
あくまでも、やりたいことの手段のひとつとしてだ。
そんなとき古いか新しいかは大した問題じゃない。

先日タイトルを見ると「日本人が置き忘れてきた大切なもの・・」とのお題が。
これは難しそうだ。黙秘権を行使したような僕になるかもしれない・・・

b0052471_19571253.jpg

スピリット オブ オカヤマ

日時 | 2018年3月31日(土)
内容 | 13:30~15:00 臼井洋輔氏による基調講演「スピリット オブ オカヤマ」
15:15~16:15 若手文化関係者との座談会「日本人が置き忘れてきた大切なもの・・」
(川埜龍三、川島ゆか氏、榮久美子氏、臼井洋輔氏)

参加料 | 一般 1000円、会員 500円
(※申し込みは岡山歴史研究会まで→ http://b.okareki.net/)

場所:岡山国際交流センター8階
岡山市北区奉還町2丁目2-1
電話086-256-2905

主催 | 岡山歴史研究会
後援 | 一般社団法人岡山経済同友会 高梁方谷会 熊山遺跡調査研究会 おかやま歴史探訪の会 吉備歴文会 吉備学会 造山古墳蘇生会 楯築サロン 先史古代研究会 古代吉備を語る会
協賛 | (株)山陽設計 積水ハウス(株)岡山支店 中国建設工業(株)




[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-13 00:16 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

作者が消える作品たち

そこへ行くと、さいたまB世界の埴輪たちが、
どんな風に可愛がられてるのかなんてことを
感じたり、教えられる。

同時に我ながら良く考えたなぁと自画自賛。

作品には日常の風景に溶け込むように、
ある地域の人たちのモノになって出来上がるものもあると思う。
例えば「島犬」や「さいたまB」。今やってる「マチヲ」にもそんな雰囲気はある。
また、それらは作者が存在しているということが気にならないのも共通してる。


b0052471_22062865.jpg
b0052471_22064243.jpg

さいたま市の桜区で展示作品の状態チェックと、
大宮でのサポーターの集まりに参加した。
こっそり新人サポーターの風貌で着席していたんだけど、すぐにバレるわな。
川柳で「さいたまB」を書いて発表してくれた方と偶然にも会えてうれしかったし、
さいたまのみんなの変わらずあたたかい空気にホッとしました。ありがとう。

今回は移動しながら他に数か所立ち寄っていたんだけど、本当に充実した時間を過ごせた。旅の仲間「甘辛先生」の、移動中も停止中も絶えず甘辛を繰り返す様子はお見事!でした。



■ 今回の展示用に新バージョンとして犀形埴輪、犀引き埴輪、犀引かない埴輪の3点で構成した並行世界「さいたまB」をぜひご鑑賞ください。

期間   2017年6月15日(木)~ 2018年3月30日(金)
会場   さいたま市プラザウエスト→http://www.saitama-culture.jp/plazawst/
住所   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
入場料  無料
連絡先  TEL.048-858-9080(プラザウエスト)



犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう
http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまBハニワ研究ノート
ギャラリーラガルト通販SHOP・・・ http://shop.ryuzo3.net/


[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-08 22:06 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

現在のさいたまB

現在、並行世界「さいたまB」の「犀形埴輪」「犀引き埴輪」「犀引かない埴輪」が、
さいたま市桜区のプラザウエスト玄関ホールに展示されてる。


期間   2017年6月15日(木)~ 2018年3月30日(金)
会場   さいたま市プラザウエスト→http://www.saitama-culture.jp/plazawst/
住所   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
入場料  無料
連絡先  TEL.048-858-9080(プラザウエスト)
b0052471_13563628.jpg
発掘キャラバン隊の説明の最後に、<「発掘キャラバン隊」の隊員のなかには、発掘調査現場の近隣住民も多く在籍しています。よく地域を掘り下げると言いますが、実際に掘ってみることが自分たちの町を知り、興味を持つきっかけになるのかもしれません。発掘現場の多くは調査後に埋戻しますが、なかには調査当時のまま保存され、その後も市民らによって大切に守られている場所もあります。>とあった。

トークDVDの中にも記録されてたけど「発掘キャラバン」の活動が無ければ、
この企画にここまで熱はこもらなかったように思う。

暑くなれば、もう1、2枚撮ってみたくなるかも知れない。
b0052471_13570029.jpg
Photo by 田中くん






[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-01 14:02 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

トークDVD

先日、Photo by 田中くんから
「川埜龍三氏×芹沢高志氏のトークイベント」DVDを受け取った。
昨年の10月27日にさいたまで行われた1時間35分がまるごと収録されている。
尺だけで言えば映画見るくらい時間がかかる。

当日は固定3台+1台の計4台もカメラを使って撮影された。
編集の過程で、「発掘キャラバン」をはじめ「さいたまトリエンナーレ」や
現在の埴輪たちの展示の様子を追った映像や写真が挿入されてる。
b0052471_00310300.jpg
かいつまんで幾つかのシーンを見たんだけど、
ほとんど覚えていなかったから新鮮といえば、そうかな。
僕はほんとクダラナイ事しゃべってる。まぁ面白いけど。
見たシーンがたまたまそうだっただけで、芹沢さんや
他のトークは聞きどころ満載のはずだ…思い出せないけど。

憶えているのは、当日に田中くんが
「龍三さんは、引出しは多いけど立て付けが悪い」
と言っていたこと。


[PR]
by ryuzo3net | 2018-02-27 00:14 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

1時間30分

今夜トークショーの会場は、市民会館おおみや地下食堂。
広くないスペースだが、雰囲気がとても良い。僕は少し早めに到着するとカーテンを開けることにしたり、撮影に合わせた席の配置やマイクの確認など。

こんな様子の僕だとイベントへのやる気を感じるし、あるいは毎度この様に準備しているかの如く見える。過去の僕がしたことと言えば不機嫌に口を閉ざす、タバコを吸いに席を立つ、持ち時間は他の人に任せる、結果3分以上もたないため半ば事故のような有様ばかり。故、個展でもトークなどするわけないし、人前に出るのは正直照れ臭い。

この夜の出来事を映像用カメラ3台と手持ちカメラ1台で撮影する田中くん、
僕のトークについて「引出しは多いんだけど立て付けが悪い」と・・・上手い事言う。

だけど今回は、芹沢さんはじめ昨年から世話になっている人たちに対しての
自分なりにのっぴきならない感覚で、「今夜は話すぞ」と心に決めての

『川埜龍三氏x芹沢高志氏のトークイベント』スタート。

b0052471_16012780.jpg

芹沢さんのリードで、数分間僕が褒められているので、2分は越えたぞ!と心ん中でつぶやきながら、このまま1時間褒められて終了したらいいのにと思っていたところでマイクが振られ、その後どんなことを話したか正確には余り覚えていない。

噂となっていた③トイレットペーパーの選び方には触れることなく、
ここ数日の出来事から、長い期間作品を販売しなかった理由や、プロジェクトの終わり方やお金のこと、今年の滋賀県での展示からさらに強まった日々の制作、続けること等について話したはず。そんなトーク中は、どうして真面目な顔して僕の話を芹沢さんが人前で聞いてるのだろうとか、ふと疑問に思ったりしながら。

b0052471_16022893.jpg
気が付けば用意された椅子は埋まり、トークのみで1時間30分オーバー。

いざ話してみると言葉足りない部分も多々あったとは思うが、秋雨と台風の間に晴れた1日、芹沢さんのおかげでいくつか引き出しはガタガタと動いたかもしれない。

終了後の来場者の方々、笑顔で良かったとか言ってくれる。みなさん良い人だからなぁとか思いながら、僕はセイカさんに2分越えたぞ!と意気揚々と感想を聞きに行くとすごく良かった、映像でもう一度見たいと言う・・・どうしたことか、今日はみんなが僕を褒めてくれる。


22時を回る頃、12人くらい集まって晩飯を食いに行こうということになり、僕がきっと気に入るだろうと勧めてくれた24時間営業の「伯爵邸」、入店するなりお気に入り。僕にトークという新しいチャックを開いてくれた芹沢さんと企画者の方々、来てくれたみんなに心から感謝。さいたまの人たちにますます愛着が湧いてくる。

翌日、岡山に帰らなければならない僕たちは、
終電まで楽しいさいたまの夜を過ごしたのでした。







[PR]
by ryuzo3net | 2017-10-27 23:58 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

サイのモニュメント接客マニュアル

重過ぎるカメラバッグを下げたPhoto by 田中くんと新宿で待ち合わせて、
さいたまの武蔵浦和駅を降りて市の車でプラザウエストへ向かった。

作品のメンテナンス。
留学生たちからの要望が区役所に多数届いているということで、
これまで表記していた英訳内容に加えて、さらに1枚英語表記のパネルを取り付ける。
各所確認して、アクリル板でも拭こうと思うが施設の職員たちによって磨かれている。

館内での昼食を挟んで作品の写真撮影:Photo by 田中くん。

b0052471_14521564.jpg

作品撮影中にプラザウエスト入口の受付の方と雑談。
受付には「サイのモニュメント接客マニュアル」なる
4ページほどの書類が作成されて置かれてるのがうれしい。

たまに質問があるんですか?と尋ねると、笑顔で「しょっちゅうです」と言われた。
付箋内の修正も楽しい。

b0052471_15030868.jpg
移動の合間に立ち寄ってくれた芹沢さんとしばし雑談。

区役所や図書館やスポーツジムなどの複合施設となっている本館エントランスに置かれた「犀形埴輪」の回りでは、館を出ていく女の子が埴輪たちに「バイバイ」と手を振っていたり、撮影のため作品を移動していると「昨日はここにあったのに」と大きなものが動いたことに不思議そうな顔のお年寄りたちがいたり。久しぶりに区役所に来て作品に驚いて時間を忘れてみているおばさんや、ウケて笑っているお姉さん。記念写真を撮る若者たち・・・日常の「さいたまB」が見える。

こうやって犀や犀引きたちは毎日にぎやかにやってるんだなあと。

b0052471_13462307.jpg
さいたま6区では「発掘キャラバン」の撮影が行われたけど、
実はプラザウエストの所在地である桜区では撮影を行っていない。
もし今後、撮影するならどこ?なんて話も盛り上がった。

それから、僕らは大宮のトークイベント会場に移動。





犀の角がもう少し長ければ 歴史は変わっていただろう

期間   2017年6月15日(木)~ 2018年3月末

会場   さいたま市プラザウエスト
住所   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
入場料  無料
連絡先  TEL.048-858-9080(プラザウエスト)



[PR]
by ryuzo3net | 2017-10-27 16:46 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

③トイレットペーパーの選び方

さいたまでの芹沢さんとのトークイベントが10月27日(金)の夜にある。
現時点で特に題目が決まっているわけではなくて、まぁ好きなようにという風。
とはいえ、今回2分を越えなければさいたまに置いて帰るとセイカさんに言われている。


僕が話せること大真面目に考えて、

①「芸術家/無職の日々と制作ー無職友の会の暮らしー」
②「プロジェクトの作りかたー頼まれたことはしないー」
③「トイレットペーパーの選び方ー初めてのお買い物ー」

どれにしようかなあ。


こないだ思い出してみたら僕はこの5年間に、犬島ハウスプロジェクトを皮切りに、
おにぽっくる、犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう、玉島マチヲと進んだ。
部屋の中でただ引きこもって絵を描いてられたらそれでいいと思っていた
10代の頃の僕には全く想像できなかった未来だと思う。

人と関わるのは非常に面倒だ。

現在進めているマチヲさんでは、これまでの経緯を踏まえて、
最小の地域の中で、ヒトと上手に交流出来ない人物像を描こうとしている。

僕が想像した作品の登場人物たちは、
壊れて欠けている部品を修理して僕を直してくれる。


だから、③でいきますか。

b0052471_14392295.jpg


『川埜龍三氏×芹沢高志氏のトークイベント』


【日 時】平成29年10月27日(金)19:00~20:30

【会 場】市民会館おおみや旧地下食堂
     (さいたま市大宮区下町3-47-8)
【登壇者】川埜 龍三(芸術家)
     芹沢 高志(さいたまトリエンナーレ2016ディレクター)
【その他】入場無料・申し込み不要



[PR]
by ryuzo3net | 2017-10-19 14:03 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

さいたま市の図書館で「さいたまB」研究

b0052471_20361085.jpg

今年、さいたま市の協力のもと、さいたま市内の25箇所ほどの図書施設に
プロジェクト「犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう」をまとめた冊子を寄贈した。だから、図書館で「さいたまBハニワ研究ノート」を借りることができる。
現在「犀形埴輪」を展示しているプラザウエストは図書館でもある。



【展 示】   犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう
【期 間】   2017年6月15日(木)~ 2018年3月30日(金)
【会 場】   さいたま市プラザウエスト
【住 所】   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
【入場料】   無料
【連絡先】   TEL.048-858-9080(プラザウエスト)

https://urawa.keizai.biz/headline/312/




古代の筋書きは最新の研究などを下敷きにしているけれど、
現地視察や協力者があったことで、ところどころ実際にある慣習を膨らませたり、
ロケ中に知った魅力的な風景の本当の理由など入り混じってる。


文章が割と多い、それもそれらしくするために必要だった。このノートを書いている時、わざと「らしくない」表現をして捏造感だしたりするのも楽しかった。今あたらめて見てみると、短い時間によくこれだけの設定資料を組んだものだなと思う。埴輪に興味を持ってなかった僕自身が、思いついたプランのために実物を見たり本を集めたり、図書館で本を借り続けてたから、今年さいたまAの図書館にBの埴輪研究家としてノートを収められたことはけっこう嬉しい出来事だった。

でもまあ、写真などは実際に展示した大きなサイズで見る方がずっと面白いから、
滋賀県のボーダレスミュージアムNO-MAで開催中の「惑星ノマ」で見て欲しい。




【グループ展】 惑星ノマ――PLANET NO-MA

【会 場】   ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)
【会 期】   2017年9月2日(土)~11月26日(日)
【開館時間】  11:00~17:00
【休館日】   月曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
【観覧料】   一般300円(250円) 高大生250円(200円)中学生以下無料
        ※障害のある方と付添者1名無料、()内は20名以上の団体料金

http://www.no-ma.jp/

  




[PR]
by ryuzo3net | 2017-10-05 20:50 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

川埜龍三氏×芹沢高志氏のトークイベントのお知らせ


■ 昨年、さいたま市で初めて開催された国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」に参加し、現在もプラザウエスト(さいたま市桜区)にて当時の出品作品が展示されている芸術家の川埜龍三と、「さいたまトリエンナーレ2016」ではディレクターを務めた芹沢高志さんを迎えたトークイベントが行われます。


日 時  2017年10月27日(金) 19:00 - 20:30
会 場  市民会館おおみや旧地下食堂
住 所  埼玉県さいたま市大宮区下町3-47-8
登壇者  川埜 龍三(芸術家)
     芹沢 高志(さいたまトリエンナーレ2016ディレクター)

b0052471_1159265.jpg





という情報出ました。


トーク・・・思い出してみれば、昨年の開催前「発掘キャラバン」の最中に、ロケハンしてくれたサポーターに会いたくて少し雑談した記憶あり。その時にも途中から芹沢さんとトークが少々あったような。それ以前といえば、調布でトークを1分半ほどで切り上げた僕がセイカさんに怒られたという記憶も未だ鮮明。常々「ワークショップ」とか「トークイベント」とか嫌いと言ってるくせに。人前に出ることは出来るだけ控えた方が自分にはよろしいかと思うのだけど、今も「さいたまB」展示が続いているというみなさんへの恩義もあり。今回は、お客さんが終電の時間を気にするところまで・・・いや、まずは調布の自己記録更新を目指して。





[PR]
by ryuzo3net | 2017-10-03 18:41 | さいたまB(2015-) | Comments(0)