蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:玉島マチヲ(2017-)( 80 )

見上げはじめた3日間

3月3日に丸い窓付けて以来、
玉島での作業はあったもののマチヲ部屋での制作は中断してた。
半月ほどで、周辺も随分ぼうぼうとしてきてる。

土曜日は、アゲモラでホットサンド。
石本さん、途中から腰痛で安静な姿勢キープ。お大事に。


続いて日曜日、月曜日と今週は3日間連続の予定で作業。

静だ・・・

そんな午後、マチヲさんが立てた看板を音読して笑ってく若いカップルの声。

翌日も、マチヲが立てた看板を音読していく子供と母親の声。

・・・以上が2日間で聞いた近所の人の声。


b0052471_20254189.jpg
僕は見上げっぱなしの作業3日間を楽しく終えた。
女性だらけの部屋と写真館の部屋、変化あり。

そろそろペンキ買わなんといかんかな、ボンドだけでよくここまで来たものだ。




[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-16 20:45 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

未発表の平面160点イッキ撮り

火曜日はPhoto by 田中くんと出張。
薄暗い空間を作り、依頼された美術品を5時間で次々撮影。

帰宅後は、ここ数年の自分の作品整理2日目。
さらに、翌日の撮影の準備。
b0052471_18422299.jpg
水曜日、Photo by 田中くんと僕の自宅で午前中から撮影。
昨年秋ごろに個展を挟んで制作していた未発表の平面160点を一気撮り。
こんな枚数の作品撮影を1日に行うのは初めて。
やれば出来た、しかし苦行。

珍しく僕自身1枚も撮影してない秘蔵品たち。
調整後の仕上がりを見るのが待ち遠しい。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-04 18:49 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

偶然のうんちぶりぶりくん

文化芸術交流実験室が行うトークセッション&ワークショップの
「文化芸術の仕事で生きる」と題した回の打ち合わせに向かうため、
大月さんの運転で11時に玉島を出発。岡山大学内にあるJテラスカフェに向かった。
ほどなくして『偶然の装丁家』の矢萩多聞さん、岡山県文化連盟の髙田佳奈さんと合流。

昼飯を食いながら。不思議だけど多聞さんについて、彼が子供のころから良く知ってる気がする。
カフェの方とトーク日のオリジナルメニュー案も固まってきた。
時間が経つのが早い。多聞さんの家族も合流して玉島へ移動。

夜は夜で、ラボ飯。多聞さんとも「天ぷら」という初の共同作業。
食事中から予期せぬ展開・・小さなケモノたちに「うんちぶりぶりくん」と呼ばれて動かされ、短時間でやつれるというアクシデント。多聞ちゃん止めるタイミングがいっつも遅い。僕は次の企画を持ちだすものの体力の限界。もー眠ってしまおう・・続きは翌朝。

b0052471_18142245.jpg


6時過ぎ、打ち合せしてる夢で目覚めた。

朝ごはんを頂き、セイカさんが捨て身で小さなケモノたちのイヌと化している間に、多聞さんと話がスルスルまとまっていく。大月さんの声掛けで始まった玉島での1年間が無ければ見れなかった作品や、これまでの僕には作れなかった作品が見えはじめてる。そして繋がった多聞さんの「やりがいがある、やりましょう」の一言。

今日に行きつくまでの速度と不測が気持ちいい。

今まで僕が作ってきた立体作品にも偶然や思いもしなかった表現はあるけど、はじめのイメージに向かってまっすぐ進まなきゃならないことの方が多い。昨年描いた絵やマチヲ作品は、その行程のほとんどを頭で処理する前に「わけもわからず」やっている。立体感覚に囚われ過ぎてきた僕を少し解放するために、彫刻や塑像の手を止めて1年以上が経過した。

現在は立体制作にも戻っているんだけど、この期間にフラリと回帰した子供の頃のような自由さは、これからの僕の時間に密度を与えてくれるような気がする。

大月さんと多聞さんとの打ち合わせは、新鮮な魚を買い漁るまで24時間を超える記録的なものになった。僕は今も小さなケモノたちに、うんちぶりぶりくんと呼ばれ、寄りかかられているような気だるさがある。良くがんばったとみんなが褒めてくれたし、今夜はぐっすり眠れる。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

「文化芸術の仕事で生きる」

出会いや、アクシデント、壁が、人や仕事をどう作っていくのか。

文化芸術の世界で暮らす人は、どんな道筋をたどってそこに至ったのでしょうか。一般的なルートだけではないのが面白いところです。インドと日本を行き来しながら仕事をする矢萩多聞さんは著書『偶然の装丁家』の中で、子どもの頃から今に至るまでの美術や人との関わりを綴っています。美術家の川埜龍三さんは学校の中で独自の立ち位置をとっていました。若者の活動を支える柏原拓史さんとともに、出会いが、人や仕事をどう作っていくのか考えてみたいと思います。ワークショップでユニークな本作りを楽しみます


内 容   トークセッション&ワークショップ(ランチ付)
日 時   2018/6/2(土) 11:00-16:00
会 場   Jテラスカフェ
住 所   〒700-0082 岡山県岡山市北区津島中1丁目1−1
料 金   食事代1,000円(当日お支払いください)
定 員   30名

詳細はこちら→『文化芸術交流実験室

Jテラスカフェ / 
jtcafe.jp
矢萩多聞 / tamon.in
NPO法人だっぴ / dappi-okayama.com


[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-27 15:59 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

寸法直し

土曜日は、オレンジハイムの階段回りの整頓清掃。
床置きされてる物を段を切って並べ直して、
要らなくなった下駄箱を組み立て直して置いたり。
ついでに近所のゴミ拾い・・何やってんだろとか思いながら、つい。

マチヲ部屋の配電盤カバーを加工したあと、午後3時にはLABの東蔵へ。
作り付けの大きな本棚の寸法直し。

置くモノのサイズに合わせてホゾをカットし直して、出来るだけ古材も使う。
せっせっせと組み直し作業を終えて掃除機かけてこの日の玉島は終了。




日曜日は、裏側から五寸釘が叩きこまれてた箇所をネジに変えて、
大月さんに手伝ってもらって色塗り&掃除して寸法直し完了。

昼はアゲモラ部屋でホットサンド。
お好みをアレコレ、焼き立て美味いなぁ~ほんとうに。
食後に僕はアゲモラにあるスーツを試着。
涙流れるほど可笑しかったかな?ふだん着ないからかな。

b0052471_19224991.jpg

2時からは場所を変えて、アカリコちゃんも交えて〇〇な話。
運んだり移動させたり、運んできて並べたり、持ちだして返したり。
裏のドアから南田さんがアイスの差し入れ持ってきてくれて、
加瀬野さんがカウンターで、土筆の袴を取っている状況。
時実さんからケーキのお裾分け。良い兆しだ、たぶん。

最後に大月さんとアカリコちゃんと、
使いやすく大容量になった本棚へ、モノを収めた。
なかでも露出の多いモノは手前に。

そんな2日間。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-18 20:22 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

フキが大好きです

日、月はこないだ名古屋で仕入れたものや、
ゆうべ段ボールで作った箱(そりゃ、段ボール箱だろ!?)とマチヲ部屋入り。
このダンボール箱、けっこう丈夫で壁に掛ければ本棚にもなる。
昼は石本さん時実さんに外で豪華な定食を御馳走になった。

午後、以前に玉島マチヲ宛てでポストに手紙をくれていた記者と会った。
それから朝市を終えた倉敷ジーンズチームやモンゴ、加瀬野さんら。
甘いものを食べて、アゲモラで甘いものを食べて、フキを採る。
b0052471_19362587.jpg
b0052471_19361334.jpg
翌日は、1時間ちょっとかけて古い本棚を分解。
力ずくで引っこ抜くと、見えにくいところにびっくりするほど太い釘が打ちこまれてた。
この日の制作は、バラバラに千切れてしまった紙くずや、
ゴミ箱に捨てそこなってた紙くずを貼ってただけ。

夕方は拓郎の「フキの唄」をリピート再生させながらフキを採る。

短い旬の味は その季節まで待てばいい
人の世は 常に満たされなくていい
何かが足りないからと それが今ここになくても
大丈夫 心が貧しくならなけりゃ

フキの唄 2009年
作詞 吉田拓郎 作曲 吉田拓郎
アルバム「午前中に・・・」/アルバム「18時開演」

[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-12 19:57 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

ライトアーム・エクササイズ

今日はマチヲ部屋の一室、扉に丸い窓を取り付け作業。
これまたアクリルも含めて全部あるものででけた、よしよし。

昼は福祉の店あかつき。カレーうどん大盛り。
大月さんのススメでたまに来る店。
ひょっとしたら、このあたりで最も僕には楽な食堂かも。
スタンプカードを作りましょうかと勧められるが、
僕はすぐに無くすと言うと店に置いててくれるとのこと。
さっそく名前を書いて頼むことにした。

帰り道々、ツキヤマパンで揚げたてアゲパンの買い食いサイコー。

b0052471_21003356.jpg
マチヲ部屋に戻ると、手元にあったニスをほんの少し試塗り・・
のつもりが何だか動きが止まらなくなって、あっちの部屋こっちの部屋へと。
筆を持つ右腕の上下左右の運動ひたすら5時間。

変わったなあ、分かる人には分かる。壁、グッときた。

今度は左腕にも運動させてやらないと。



[PR]
by ryuzo3net | 2018-03-03 21:22 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

厄祓い

土曜日は玉島マチヲの部屋で襖の続き。
たまに訪れる非常に静かなオレンジハイム界隈。僕はせっせと制作。
外して加工していた木枠の続きをするものの、最後の最後で珍しい凡ミス。

日曜日は朝からモンゴが迎えに来て、Photo by 田中くんと厄払いへ。
世話になるのは結婚式を挙げたお馴染み笠神社。そう、趣味は神頼み。

蔵で田中くんとスクリーンの仕上がりを見たあと、昼からはモンゴと玉島へ。
襖の模様7枚貼り直し、成功。昨日の失敗があるから、余計に今日がうれしい。

b0052471_00125307.jpg
その後、モンゴと到着したラガルトは楽しそうな会談中。
横田さんと魚井さんも加わって気が付けば、もうすぐ20時。
横田さんおすすめのうどん(これが美味い!)を食べて、僕とセイカさんは再び玉島へ。

この襖、肉眼で見て、カメラ持って移動しながら見て、グッド。





[PR]
by ryuzo3net | 2018-02-26 00:39 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

目で見るよりも

少し早めに起床して、玉島マチヲ部屋に向かう途中のコンビニでコピー。
昨日作った画像、たった36枚、失敗なしで1時間コピー機の前・・・つらいが我慢。

出力されたものを見たら、まるで全部失敗かっ!
と思うがコレで良し・・たぶん。落として順番狂ったら2度と分からんだろな。
b0052471_21125938.jpg
目で見ても何が何やら、順番通り左から右、右から左に置いていくも何が何やら。

全貌を早く見たくてしょうがないから昼飯抜いて、
ぶっ続けで5時間半。36枚貼り終えて222cmx163cmを壁に立てかける。
肉眼でぼんやりと何となく、見えたところでカメラ越しに覗くと「ハッキリ見える!」
ラガルト帰りのセイカさんから拍手ー。サンキュー。

平均化されたピクセル画像とカメラのデジタルピクセルが、
人間の目よりも程好い加減で画像を浮き出させてくれる。
そんな不思議なバランスの襖を作っているところ。

b0052471_21131463.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-02-19 21:39 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

Масленица

この時期、ロシアでは冬を送り春の訪れを祝っているとのこと。
土曜日のアゲモラ食堂は、クレープに似たブリヌイを焼いてきてくれて、
そこにお好みで黒豆やオリーブの入ったポテトサラダやインゲンマメ、
またはデザートにチョコケーキとイチゴジャムをのせて包む。
各自好きなものをストーブでバターたっぷり温めながら包んで食べた。

ブリヌイにバターと黒糖だけというのも美味い。

そういえば先週から家の裏庭で、去年も見かけた鳩が枝切れを集めている。
動物たちは良くわかってる。もうすぐ春だ。

この日も特別な昼食だというのに、僕は猛烈に眠い。
時実さんと石本さんが何言ってるか半分は聞き落としてる気がする。
春が近いというのに今さら冬眠かい。足元がフラフラしてる。

ふわりふわりとする体、今寝ると夜に眠れなくなる。

夕方4時頃にようやく起床。おはよー。襖を解体。

b0052471_22055451.jpg
翌日は自宅で作業。次の制作物の準備。
b0052471_22060308.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-02-18 22:27 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

マチのクマさん

日曜日は、10時前にTamaya.Tamashima内の倉敷ジーンズブースに到着。
昼は社長やサユリさん藤本さん南田さんたちと廣珍。
雪がちらちらと舞うなか、マチヲ部屋と商店街を往復。
昼寝を終えた社長がマチヲ部屋に来たころ、僕はクマ制作中。
b0052471_19024150.jpg
月曜日の昼は、LABで栗と鹿肉のパスタとスープ。
それからマチヲ部屋でPhoto by 田中くんとスクリーン作り。
写真部屋の背景の残りをカットして2種類作成してみようというもの。
なにせ古いものだし、シワがシワでどうしてもシワシワなところはスチームアイロン。
明日もその作業の続きをして、伸ばして伸ばしてみよう。

そうして夕方から、再びマチのクマさんを。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-02-12 19:14 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)