蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:その他( 177 )

夜勤の仕事

依頼されてるチャリTを刷るのに手が足りない
ということで、冷茶のタンク持って児島のパウハウスへ。
他のプリントの邪魔にならないように夕方到着。
社長とさゆりさんとセイカさんと作業。

初日は日付が変わるころに帰宅したんだけど、
2日目はパウハウス出たのが朝3時、立派に楽しい夜勤でした。
b0052471_15542492.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-08-09 23:53 | その他 | Comments(0)

夏の夜

髙田さんの工房でバーベキュー。
夏の酷暑続きだったのに、この日夕刻からは過ごしやすい空気に。
手作りのジュースやアイスクリーム、店に来ているみたいだ。
もちろん焼肉も美味いし、よく焼いたし、よく笑った。

田中くんが花火も豪華に上げてくれた。
子供たちの成長がめざましい、驚いた。
元気が出る。なんだかとても楽しかった夏の夜。

b0052471_16421134.jpg
b0052471_16422253.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-08-06 23:41 | その他 | Comments(0)

日日を大切に

この1年間のセイカさんの積み重ねは、
僕が知る限り、彼女のこれまでで最も大きな変化となった。

たった一日が、すぐに過ぎてしまわないように粘り、
一日が終わるころ、まだ足りないと惜しがるように、
日日を大切にして楽しめたらいいなあ。

b0052471_14453377.jpg
ラガルトが終わり、夜は中庄で友人たちに祝ってもらった。

西夏さん、誕生日おめでとう!

[PR]
by ryuzo3net | 2018-07-22 23:42 | その他 | Comments(0)

ちょっとゴミ出してくる

乾いた砂色、水害のあとの町の全景。

真備では、まだ復旧していない道路もあるため
大きな車は通れるはずもなく、軽自動車がやはり便利。

片付け中の家から見える近隣の学校の校庭にはVFXかというくらいゴミの山。近づくと見かけない色んな液体が飛び散っているから最初の1、2度はオエッとなる。通うほど(場所にもよるけど)多少慣れる。重たいゴミを放り投げると、目の前で自衛隊の重機が豪快に握りつぶしていく。ただただ、その繰り返し。

片付けてる場所は、どうやら災害後の真備の撮影スポットらしく、カメラマンが集まってくる。僕は終始楽しそうに作業してるから被写体にはなれないみたい。

ああ、もう全身変な汁まみれ。

飲めないけど、水が出るようになった。
みなさん御免なさいよと、僕は庭先で(恒例?)パンツ姿で水浴び。

b0052471_12512984.jpg
今回、被災者でない僕らには、帰る家も仕事場もある。
ゴミにまみれて動き続けても、じゅうぶん疲れを取ることが出来る。
だけど、今日会った人たちは大丈夫だろうかと思ってしまう。

この災害で、亡くなった方たちの冥福を祈りながら、
一日も早く、日常が帰ってくることを願うばかりだ。


[PR]
by ryuzo3net | 2018-07-19 22:49 | その他 | Comments(0)

合宿

新しい作品作りに向けた一泊二日の合宿。
b0052471_16391109.jpg
翌日はラガルトに出勤して、
終わりに社長にメガネを買ってもらうというしあわせ。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-06-24 22:33 | その他 | Comments(0)

盛り場流し唄/新宿の女

これまでPhoto by 田中くんと不定期で行ってた倉敷某所で撮影の仕事。
今日から写真家の石本均志さんにも協力をお願いした。
コーディネートは引き続き僕がするけれど、
現場での僕の作業を石本さんに引き継いでもらうことになる。

b0052471_23453683.jpg
上の写真もいちおう倉敷。





[PR]
by ryuzo3net | 2018-06-19 18:42 | その他 | Comments(0)

13個の作品説明文

ここ数日、寝る間を惜しんで作成していた資料が仕上がった。
b0052471_23141483.jpg
もっとも時間がかかったのは、13個の作品説明。
昨日の夕方から夜にかけては友人たちに協力してもらいながらの英文見直し作業。
曖昧な日本語は、的確な表現にあらためながら作品写真と向き合う。
並んでいく言葉たちを見れば、自作への「やや明るくなったかもしれない」なんて思い始めていた事が、まるで嘘のようにどっぷりと暗闇に浸かるような感覚。

この数日の作業は、どうあれ財産になった。
[PR]
by ryuzo3net | 2018-06-18 23:49 | その他 | Comments(0)

ストリートビュー

今日は思い切って児島へ。
刷らないのにパウハウス。
社長の顔も見たかったし。
閑散とストリートもビュー。
b0052471_22441139.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-06-08 22:43 | その他 | Comments(0)

文化芸術交流実験室「文化芸術の仕事で生きる」

この日の呼吸は雰囲気にまかせて、欲を出さずに適当に。

岡山大学のJテラスカフェにて装丁家の矢萩多聞さん、だっぴ代表の柏原拓史さんとトーク。お題は「文化芸術の仕事で生きる」、この日の僕は流れに任せて乗っかって。

僕はイベントの何が楽しかったかというと、ふだんやることのないスライドショーの準備。ここ25年分をざっくり70枚の画像で振り返る準備をしたこと。


b0052471_15133129.jpg
b0052471_23003834.jpg


[PR]
by ryuzo3net | 2018-06-02 22:12 | その他 | Comments(0)

ワークショップの準備というか、終了。

文化交流実験室というところでトークのほかに本作りのワークショップするというのだが、
僕は当日、自由に作ってたらいいよと言われたからそのつもり。

ところで、準備するモノってなんだったっけ?もう本番は数日後なのにだれも知らない。ということで、授業的なものが苦手な僕はWS直前に26ページの本作っちゃった。

b0052471_23393932.jpg
トーク日のランチ内容、多聞ちゃんの本から引用していろいろアイデア出したからな。
いつだったか僕がブラックベリーを生春巻きに挟んだ時の回りの反応の苦々しさ。
気が付けば、だれもが美味いと食い始めてた。いつだってそんなもん。
という食いあわせの想像がつかないというのが今回のランチの課題。
選び手次第で不味いかもしれんし、美味いかもしれん。

性格がいじわるなシェフなら面白そうだ。
これは色で言えば全色混ぜれば黒っぽくキチャなくなるもの。
並んだ食材全種類混ぜて美味くなるなら失敗ということ。


詳細はこちら→『
文化芸術交流実験室

[PR]
by ryuzo3net | 2018-05-31 18:30 | その他 | Comments(0)