蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:旅日記( 169 )

神田か倉敷か

1日、自由時間をつくった。
早朝から皇居周辺を経由して神田の古本屋へ。
今やってる制作の調べもの中心、それにしても良く歩いた。
20年ぶりのこの辺り、喫茶が増えて本屋は少し減ったかな。

夕方、ある古本屋のベランダで休憩していると階下の通りから「りゅーぞー!」と大声。
b0052471_18190044.jpg
偶然、同じ時期に東京に居ることは知っていたけどニーナさんとダイゴさん登場。
甥っ子が専門書を探すというので神田にやってきた。

偶然と偶然が重なって、それにしてもこんなに簡単に見つかってしまうのか。
ここが東京なのか倉敷なのか不明瞭なひとときを楽しんだ。

夜はさいたま、西川口駅周辺で就寝。



[PR]
by ryuzo3net | 2018-07-25 23:17 | 旅日記 | Comments(0)

台北で

母さんの誕生会、今年は台北へ。
b0052471_21581910.jpg
梅雨で雨との予報も、曇りと晴れに変わった。
2泊3日の旅は、布市場や服市場を中心に。

母さんと道端で麺をすする。
意外とこんなことはなかったかも。
b0052471_21580749.jpg




[PR]
by ryuzo3net | 2018-06-14 22:28 | 旅日記 | Comments(0)

島根歩き

野郎3人で島根。

蕎麦を食べてぜんざいを食べて。
アイスを食べてワインを飲んで。
たまにはいいよなあ。


最近の僕はといえば、

①「ダンスにはまってしばらく経つ」
②「タンスにはさまってしばし待つ」

さて、どちらでしょうか。

b0052471_15035451.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-05-30 19:03 | 旅日記 | Comments(0)

京都・大阪・神戸・姫路

3日間、京都での手伝いを中心に
京都→大阪→神戸→姫路という強行ツアー。

b0052471_12524067.jpg

b0052471_22442820.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-05-10 23:41 | 旅日記 | Comments(0)

222222

月曜日のギャラリーラガルト終わって、そこから東京へ。
セイカさんの運転で、ちょうど中間点の名古屋あたりまで一気。
翌日の作業に合わせて車内で4時間ほど就寝して、東京の目的地まで進む。

b0052471_22090115.jpg
着くなりすぐに、休む間もなく夜中まで作業。
翌日は朝から夜まで。さすがに20時頃から1時間ほど椅子に座ってウトウトしてた。
本来の予定はわずかなのだけど、つい一所懸命してしまう癖で、
時間いっぱい出来る限り。作業だけで、もう帰る時間だ。

まーあれこれとくたびれることも日々あるので、たまっていたのか、
帰路はこれまでで一番時間がかかったと思う。休み休み、休み休み。
首都高に乗って間もなく事故渋滞でスローダウン、運転中のセイカさんが僕を呼ぶ。

「222222」

b0052471_22091469.jpg
ゾロ目の走行距離。
日々の移動や仕事の出張、年に5回の東京往復等の遠乗りで年間2万キロ走るスバルの軽バン。次のゾロ目は期待できないかも知れないが、偶然停まって気が付いたまぐれ当り。

何か良い事あればイイなあ、なぁんて2人で思って。





[PR]
by ryuzo3net | 2018-01-19 22:31 | 旅日記 | Comments(0)

運を使ってる

大阪を経由して滋賀へ。

NO-MAでの展覧会も残すところ10日。
おかげさまで家族と良い時間を過ごせた。


『惑星ノマ――PLANET NO-MA』


会 期:2017年9月2日(土)~11月26日(日)
時 間:11:00~17:00
休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
観覧料:一般300円(250円)高大生250円(200円)中学生以下無料
    ※障害のある方と付添者1名無料、()内は20名以上の団体料金

会 場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
    滋賀県近江八幡市永原町上16

→→ http://www.no-ma.jp/

b0052471_22375562.jpg
帰り道、念のためにガソリンスタンドへ。
いつものとこより少し手前のスタンドへ立ち寄った。
店員さんから「タイヤがパンクしてますよ」との衝撃の一言。釘が刺さってた。
どうやら傾いて走ってきたのが見えたそうで「きっと何かのお告げです」と、
忙しいなか、3人の店員さんが至極丁寧に処置。それはそれは親切で助かりました。
あのまま高速に乗っていたらと思うと・・・。

昨日から近所の犬が目の前でウ○コするのを3度も見て、
朝食に入った食堂では窓際に金色のウ○コのオブジェ。
ついてる。ラッキーで、ますます滋賀の印象が良くなった。


[PR]
by ryuzo3net | 2017-11-17 22:37 | 旅日記 | Comments(0)

京都→徳島

夕べ深夜遅くまでバジルソース作りすぎていたせいで、やや眠いなか京都へ。
観光客が列をなしてる夜の店の奥の奥、小さな店での会食。
しばらくぶりに会った親戚とカウンターに並ぶ感じ。みな楽しすぎて飲み過ぎたよう。

3年ぶりに御所東のホテル軽バン。いわゆる高原さんの隣の部屋。
もう2度と11泊はしたくないな、と2人で話ながら就寝。

朝起きて、隣の喫茶店でモーニングのトーストセットを注文したところで
ドラマー・コージくんからのメールで、僕らが間に合わなさそうな状況に2人蒼白。
テーブルに届いたトーストだけを握って店を出ると、
軽バンは雨の中ノンストップで徳島へ爆走。

目的地のまで4時間半ほど、うち1時間半は、ナビが古いせいで落石も見える
細い細い山道をいくつも案内されて、たどり着いた駐車場からマイクロバスに
乗りかえ20分揺られた先、轟轟と沢の水が暴れるとなり拝宮農村舞台に着いた。

雨音とピアノとコラが鳴り響いていて、
舞台の天井から大きな梨の樹が釣り下がったところ、
グランドピアノに向かうオマール・ソーサが見える。

OMAR SOSA & SECKOU KEITA feat. Gustavo Ovalles JAPAN TOUR
キューバ、セネガル、ベネズエラ。言葉なんていらない至上の音楽。
b0052471_22385446.jpg

ライブ終了後、ひさびさの再会となった。
初来日(2000年)の通訳だったセイカさん宛てに、
オマールがコメントを書いた「BEMBON」のCDジャケと記念撮影。

今回のライブを教えてくれたコージくんと14キロ先の道の駅で遅い昼飯。
あとはゆっくり帰るしかないなと、ここまでの道中の疲れをとるため温泉。
コージくんとの再会も嬉しく、会うたび良い時間を過ごしてるなぁと。

それにしても今週も引き続き移動距離は長く、来週も移動は続く模様・・・




[PR]
by ryuzo3net | 2017-10-21 23:56 | 旅日記 | Comments(0)

原点に若い僕らがいる

朝起きて、僕は17年前と同じ服装に着替えると、
高知の星ヶ岡アートヴィレッヂのオーナー平岡望さんのところへ。
平岡さんは、僕の人生を変えてしまう旅に誘ってくれた人。

明るい平岡さんの人柄を偲んで、絶え間なく来場者が訪れていて、
会場には星ヶ岡のこれまでの23年間がちりばめられていた。

なかでも2000年のキューバの旅は大変なボリュームで展示されていて、
いろんな国々を経験した平岡さんにとっても大きな出来事だったんだなと思った。
平岡さんが撮影した写真や映像、とりわけ僕も見たことがなかった旅の映像に、
僕らは思わず17年前の出発地点へと引き戻されることになった。
b0052471_1415849.jpg
ハバナ滞在中は、なぜかずっと平岡さんと僕が同室だった。
野郎2人の部屋なのにベッドメイクがラブラブすぎたことが可笑しくて。
b0052471_142949.jpg
この日々は興奮してほとんど眠ることも出来なくなっていた。そして、芸術や人生に対する価値観が大きく変化することになった。あの時、平岡さんに声をかけてもらわなければ、セイカさんと出会うこともなかったし、今どんな自分だったか想像がつかない。

「初めてのハバナ」(2009-02-17)・・・ http://ryuzo3net.exblog.jp/10364857/


今からちょうど10年前、2007年の星ヶ岡アートヴィレッヂで個展
「グラン・ママの葬列」( 2007/7/28-8/5) を開催した。

展覧会中、平岡さんが毎朝作ってくれる熱い味噌汁と白飯を、
汗を吹き出させながら食べていたこと、忘れられないなあ。
b0052471_14142262.jpg
遠くから近くから、人との縁を作ってくれていた人のように思う。
損得でなく、自分が損をしながら楽しいほうを選んで喜ばせてくれるものだから、
星ヶ岡では今日もみんなが笑ってるんだろう。


原点に若い僕らがいて、旅はまだ続いてる。
b0052471_13561981.jpg


[平岡望メモリアル展]
2017年8月1日(火)~8月20日(日)
10:00~18:00 *会期中無休
星ヶ岡アートヴィレッヂ 高知市横内153-1
http://hoshigaoka-art.at.webry.info/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-08-05 23:56 | 旅日記 | Comments(0)

旅の記録-2007

美術全集もようやく5冊目に。
全集の化粧箱に収納してる絵は4箱になった。
貼りあわせたサイズの異なるものは、全部まとめてコンパネの下でプレスされてる。


探し物してると、
懐かしい、そんな僕らの旅の記録が出てきた。

いつも自分たちにしか出来ないことを探して、やり続けたい。
b0052471_20181396.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2017-01-22 20:28 | 旅日記 | Comments(0)

つま恋問題

昨年9月に、セイカさんの両親と「つまごい」に旅行に行った。

僕のなかで「つまごい」とは、75年に日本で初めてオールナイトコンサートが開かれたという場所。その名前を聞いただけで、出不精の僕も「あーそれそれ!行ってみる!」ということになった。

高田馬場からレンタカーでリゾートっぽい自然いっぱいの道を走り、ホテルに到着。
僕はソファに寝転んで『吉田拓郎ライブ コンサート・イン・つま恋』を流しっぱなしで良い気分♪
明日はフロントの人に訊いてステージのあった場所見に行こうかな、とかソワソワ。

浮かれた気分でモンゴにメール「今、つまごいで拓郎聴いとるで♪」
すると、「ええな、調べたら静岡にあるんな、つま恋。」と返ってきた・・・・アレ
・・・「おい、今、群馬のつまごいなんじゃけど?」以降、心中察してか返事もなく。

〇 静岡のヤマハリゾートつま恋=吉田拓郎
× 群馬の嬬恋村=野菜が美味い




あれから、ちょうど一年。さいたまの帰り、拓郎ライブの帰りに僕らは3人で静岡へ。
モンゴの案内で、ついに静岡のヤマハリゾートつま恋にたどり着いた。
b0052471_23135837.jpg
ずいぶん遅れてやって来たけど、よかったな。
b0052471_23142295.jpg
最後は、帰岡するためにつま恋温泉で汗と眠気を流す。売店のおばちゃんと客の会話で聞こえてくるのは閉園を惜しむ声ばかり。ヤマハリゾートつま恋は12月25日に一般営業が終了することが決定している。


吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋
[PR]
by ryuzo3net | 2016-09-27 23:13 | 旅日記 | Comments(0)