蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09
おめでとう~! ラガル..
by akie at 18:44
ちょっとずつね。akie..
by ryuzo3net at 20:45

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:旅日記( 165 )

たいわん(2)

直前まで制作するから下調べもせず着替えをリュックに詰めただけの僕は、
観光に行ってきますの1日にしようと…セイカさんの後を追う。
b0052471_224168.jpg
チョウさんと朝飯食って農村公園で遊んで、MRT江子翠→龍山寺→剥皮寮で周記肉粥店→新富市場→清水厳祖師廟→西門紅楼→台北天后宮→誠品書店西門店→中山堂→西門紅楼→MRT西門→中山→グァバ食べて~麺とワンタン→台北當代藝術館(MOCA)、光點台北電影館、MRT中山…
b0052471_236588.jpg
休みだというのに動き過ぎる悪いくせ。
フランスでの貧乏バテバテ旅を思い出すーから明日からちょいゆっくりめにしようとか思いながら。
b0052471_23205292.jpg
で、最後はチョウさんと台電大楼駅で合流して、
彼の友人のモモとミラージュとフランクとテレンスと晩飯。いや~楽しいわい。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-15 22:40 | 旅日記 | Comments(0)

たいわん(1)

昨年、犬島で台湾人のチョウ(周)さんと知り合ってから台湾に強く興味を持ってた。

で、台湾へ行ってみた。
b0052471_2157276.jpg
しょっぱなから笑うことが多くて、ほんと楽しい。
到着した日はチョウさん宅の向かいのお寺に各地の寺が集まって行進してた。

年に一度の農暦(3月15日)のお祝い。
中には露出度の高い女性がポールダンスするニュータイプも行進してたりして。
b0052471_2222432.jpg
夜、セイカさんと地元の客で溢れた食堂に入ったら、注文の方法が分からない…
でも、すぐに隣のお兄さんが頼み方とオススメを教えてくれた。
ホントこんな風にみんな親切なのだ。
[PR]
by ryuzo3net | 2014-04-14 21:56 | 旅日記 | Comments(0)

1750kmの旅

東京経由山梨行き。セイカさんの両親と。予定より1日長い滞在となった。
セイカさんは思いもよらない大変なこともあったけど、
それも含めて全員にとって、思い出深い思い出深い旅になりました。
b0052471_23123061.jpg
朝にはデクの飲み水が氷になってたり、木々が風に揺れたまんま氷になってたり。
僕も約3日間、いろんな角度で富士山を見続けてた。
そんなの初めてだった。本当に良い時間を過ごせました。
[PR]
by ryuzo3net | 2013-12-25 23:13 | 旅日記 | Comments(0)

無職友の会、弾丸バスツアーin 別府

弾丸は忘れた頃にやってくる。

昨年の神奈川以来のバスツアー、今回の行き先は大分県の別府。
月曜の日付が変わる頃に出発~水曜日の早朝に帰ってくる0泊2日の弾丸ツアー。
b0052471_22344879.jpg
こういうの楽しくて、中腰の姿勢で別府入り。
茶房信濃屋でだんご汁定食を頂いたら、駅前高等温泉へ♨
b0052471_2235841.jpg
BEPPU PROJECTがやってる別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」をみたり。
ただ、こないだ熊本の「河原町」が面白すぎたからなー...
ちょっと電車乗ると楽しい。
b0052471_22353275.jpg
何より♨行かねば!ということで、喫茶店しんがいで茶飲んだら竹瓦温泉へ。

無職は、みんなならんで砂風呂♨ 溜まった理不尽をデトックス。
b0052471_22354831.jpg
続いて、九州まで来たらハンズマン寄らないわけにはいかん!ということで移動。
宮崎の店舗のサイズに比べると、やや小ぶりだけど輝いてるホームセンター。

海鮮いづつという店で晩飯をたらふく食べたら、0泊2日の弾丸ツアーは時間いっぱい。
またもや、僕は中腰のまま盛り上がって蔵4号に着いたら朝の2時半。

無職のみなさん、連休の終わった平日にありがとでした♨

さー今日もがんばろ~!
[PR]
by ryuzo3net | 2012-11-28 03:00 | 旅日記 | Comments(0)

12年目の1日目

昨日は結婚11回目の日。ということで今日は12年目の1日目だ、出かけよう。
b0052471_1754484.jpg
広島東で下りて、森林公園へ。

ここ一ヶ月程の間に、思いつくだけで茨木、東京、大坂、熊本と移動してるものの
仕事以外で出かけるとなると珍しいので「どのくらいぶり!?」セイカさんも大喜び。
秘書も斜面が好き...
b0052471_1763379.jpg
運動した後は、宇品天然温泉ほの湯へ。
ここの炭酸泉は大分のラムネ温泉を参考に人工的に作ったらしい。
建築の面白いラムネ温泉は炭酸を残すためにかなり低温だった。
ほの湯は39℃はあるのにかなり炭酸が強くて楽しい。

そこから広島市内に移動。湯上りでかなり眠い2人はフラフラ散策。
昨夜の食事(下のくまもん)に続いて、今日は食べるぞー!
b0052471_17651100.jpg
何年前だったか広島で雨の日に入ったフルーツパーラーで食ったクレープが美味くて
そこで次回使える「雨の日割引」なる券をもらった。
ひょっとしたら5年くらい前かもしれないその券をセイカさんは持ってきていて
ようやく「雨の日割引」券を使えた。以前と同じメニュー食べて100円引き~。

普段関西風しか食べないし基本家で作るから、
たまには広島風お好み焼きを食べてみよーということで、もう本日満腹。

幸せな一日でした。

聞いてみると、セイカさんは僕の仕事で年間2万キロ以上は車で走るとか。
12年目も2人、前のめりで走っていきます!
[PR]
by ryuzo3net | 2012-11-16 22:04 | 旅日記 | Comments(2)

河原町のギラギラした名前の食堂で

河原町で2泊3日。

他に行った観光っぽい場所といえば熊本城にタッチして来ただけ。でも、もう腹いっぱい。
この町の面白さや問屋街の住人の不思議さを、誰かに伝えたい。

セイカさんと帰ってからも2人で話すんだけど、誰かに説明しようと思っても
言葉に直した瞬間に「普通のこと」になってしまいそうで、うまく話せない...

だから、ここ数日僕が書いていた日記に添えられた写真を見て
少しでも興味を持ってもらえたらと思う。


ここ最近は、アートイベントだNPOだとやってるけれど、
それを行うことだけが目的になってたり、主催者の顔が目立つだけ。
どこでも見ることが出来る有名作家以外、作家が見えないものだらけ。
主催者側のコマーシャルと、ただ大きなものにぶら下がるコマでしかない作家たち。
例えば瀬戸内がアートで賑やかだって世間に知られてたって
岡山や香川で生産者と言える作家たちが育つのか。みんな消費者じゃないか。

まだ試せることがあるはず。ひとりでもやれることがあるはず。

b0052471_21253868.jpg
...アワードの片付けが行われる中、
僕らはギャラリーADOの斜め向かいにあるギラギラした名前の食堂でチャイを頼んだ。
しばらくすると、僕が持ち歩いてる模型イヌが気になったオッチャンが
イヌの鼻の下を撫でながら「ここフェチ」と嬉しそうに笑ってる。

そのオッチャンおもむろに紙で出来た犬のお面を付けて自作のオルゴールを演奏し始めた。
これが意外といい音で、小さい店の中、みんなで聴き入る。
オッチャンは犬になりきってるし。


にんげんってイイなぁ....
明日が待ち遠しぃよな...
[PR]
by ryuzo3net | 2012-11-07 21:44 | 旅日記 | Comments(2)

年に1度の

今日は、母さんの誕生日。毎年その日は日帰りの旅行へ。

朝9時に出発して向島~因島へ渡り、白滝山と五百羅漢と水軍城に立ち寄る。
土生港から上島町生名まで2、3分のフェリーで渡ると、そこから車で弓削島へ。
フェスパで昼食して乾杯とお風呂。

帰りも上島町生名(立石港)~土生港~因島~ 向島を通って
尾道でフラフラした後、ケーキを食べて乾杯。
b0052471_2218518.jpg
写真は「五百羅漢」。ここは十字架を持った仏様でも何でもあり教。
水軍の見張り塔だったという場所だけあって、水軍城よりずっと眺めもいい。
b0052471_22185795.jpg
楽しんでもらえてよかった。
良い年になりますように。
[PR]
by ryuzo3net | 2012-06-05 22:17 | 旅日記 | Comments(0)

九州湯治旅行〜最終日〜国東半島

b0052471_17411474.jpg

b0052471_17412295.jpg

b0052471_1741256.jpg
b0052471_17413870.jpg

b0052471_17414168.jpg

b0052471_17414649.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-06 23:39 | 旅日記 | Comments(2)

九州湯治旅行〜6日目〜別府

民宿水分で腹いっぱい朝食を食べて、早朝の間に2、3度湯治。

湯布院に立ち寄ったあと、別府の町に向かう。

b0052471_2012515.jpgここでは、まず「BEPPU PROJECT」の事務所へ。
05年あたりから、アートと町をつなぐ興味深い活動を行っているところ。事務局の方や、山出さんと話をした後、もらったマップ片手に別府の町へ。

なにせ別府の町は温泉だらけ。
「BEPPU PROJECT」のプラットホームを見ながら湯治もこなせる。

まずは「竹瓦温泉」。
1879年創業当時には竹屋根葺きだったが、瓦葺きに改装されたから竹瓦温泉らしい。
現在は1938に建設された建物が使われていて、昭和の趣。
僕らはせっかくだからということで、砂風呂へ。浴場の天井の高さがすごい・・・
b0052471_20121284.jpg

湯上りに別府湾を眺めながら少し歩く。
つい数日前は錦江湾から桜島を眺めてたんだなぁと考えながら。
b0052471_20121793.jpg

別府駅から徒歩3分。「駅前高等温泉」へ。
大正洋館風外観で宿泊もできるらしい。ゆっくり浸かりたくなるところ。
それにしてもさすが別府。いたるところで湯煙。銀行前も足湯完備。

この湯治旅、意外と温泉費用は安い。地元で健康ランドみたいなところに行くよりずっと安い。
が、別府は別格。街中の風呂のほとんどが100円で入浴できる。素晴らしい。
ここに住むなら俺家に風呂要らんなーと思った。
b0052471_20122752.jpg

b0052471_20123133.jpg腹が減って夕食を探す。この旅は土地土地の郷土料理を中心に食べてきたんだけど、そのどれもが意外と安い。良さそうな店を見つけて今回も千円で豪華な夕食にありついた。

そんな定食屋で竹瓦温泉で記念撮影を手伝ったカップルと再会。大阪から結婚の挨拶に来て、帰るまえの腹ごしらえに来たという。
奇遇だなぁ。お幸せに。


僕らは、それから国東半島方面へ車を走らせる。今回の旅、最後の宿泊先「道の駅 くにさき」。

向かいのコンビニでビールとおやつ。慣れ親しんだ車内で3匹車座になり乾杯!
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-05 20:02 | 旅日記 | Comments(0)

九州湯治旅行〜5日目〜阿蘇

道の駅 阿蘇で目覚める2回目の朝は雲もないよな秋の晴天。
今日は阿蘇の山々に出発。
b0052471_19142975.jpg
セイカさんの希望で米塚に向かう。
山の高さ80メートルの小ぶりな山だけどかつては立派な火山。
伝説では、健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、収穫した米を積み上げたから米塚。
b0052471_19143753.jpg

b0052471_19144698.jpgその少し離れたところでデクが大はしゃぎ。まーそりゃ楽しいわな。
弾けて走りまわっとる。

それから火山口に向かうと、
みんながゴホゴホ辛そうだ。
出来るだけ吸い込まないように火口を覗いていると警報が鳴った。
ガスが多くなったようで下山してくれというもの。見れて良かった。

それから草千里など観光。
次は緑の頃、健康な頃
また来てみたい。
b0052471_1914446.jpg


続いて白川水源へ寄り道。
米塚で会ったオジサンが言うには、そうは見えないが毎分60トンが湧き出ているとのこと。
確かに水底の土がぶつぶつと静かにわいている。旅用の飲料水として汲む。
b0052471_19444811.jpg

b0052471_19445928.jpg続いて大分県に寄り道。
九重町豊後中村から飯田高原に通じる県道40号線(飯田高原中村線)沿いにある九酔渓を走る。途中の桂茶屋で足湯して団子を食べる。なかなか美味い。

というところで、本日はこの旅唯一の宿泊先、「民宿水分」へ。
ここは露天風呂以外に掛け流しの温泉が各部屋に付いている。
しかもデクも一緒に泊まれるという自由な宿。
一軒家が並んでいて、各家に一家族泊まれる広い宿。
ここで今日はゆっくり湯治するのだ。

宿泊代も安めなのに、夕食も豪華。
これで足りないという人はいないだろう。
b0052471_1945346.jpg
部屋に付いてる掛け流しの温泉も広いなぁ。
車中泊が快適過ぎて、宿はいらなかったかなとも思ったけど、
これはこれで良いもの。オススメの宿。
[PR]
by ryuzo3net | 2011-12-04 19:16 | 旅日記 | Comments(0)