蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:蔵⑥号日記( 57 )

海深くなる

午前中のうちに「続~」を蔵に運んで、6号では大ちゃんが額の裏側の最後の仕上げ。僕は4号で、FRP成型し終えたばかりの立体物の色塗り。

午後には立体の色塗りが終わり、続いて絵を額入れする時間。僕もたいがい気分が良いのだが、額のデザインも行った木工担当者がいちばん熱が入ってる。

「続~」が額にはまると一段と海深く潜ったような、青い絵に。これは写真じゃだめだ。

額込みで約130x100cmとなった。そのまま車に積み込んで保管場所へ移動して終了。この絵は11月にギャラリーひらたで行われる「萌」関連の展示に2日間だけ展示しようと今思ってる。

b0052471_22205757.jpg
撮影:大ちゃん、 下左写真:口を開けて見入る大ちゃん
b0052471_22210307.jpg
帰宅して、飯食って、また違う作品の色塗り、色貼り。
今夜も1時を過ぎて、グッと制作物と何か繋がった感じだ。
部分を見ながら全体を見てる、そんなわくわくする気分。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-10-03 23:20 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

日曜大工で良ければ

真備の人が額を作ってくれる大工さん探してるとのこと。
ほとんどの絵は水に浸かり廃棄したが、「今描いてる2点だけは今度出品したい」という話。無償で引き受けた僕は日曜大工さん。
b0052471_19121566.jpg
これまでは旦那さんが作ってくれてたそうなんだが、場所も無く電動工具関係もすべて壊れたそうだ。僕も一度全部無くしたから分かるような。いろいろ良いものあったんだけど、僕はこだわりがないから大したことないか。それでも、あの時は海水と下水に僕のやる気は折られたもんで、水害の廃棄場で拾ったミニ四駆のコースを持ち帰り遊んでばかりいた。作れないし貧乏暇だらけ。誰かに力を借りようとか考えもしなかったのかな、忘れてしまった。

午後から、もらった寸法と図面見ながら、160cmオーバーの額2つ。木材と板を切ってヤスって接着、またヤスる。夕方帰宅。
次回、色塗って仕上げたら真備の矢田に運んで組み立てる予定。

夜は描きかけの絵を進める。
日付が変わるまでに、なんとか1枚完成。明日のぶんを引っ張り出してお終い。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-09-05 19:18 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

引出しだらけ

大ちゃんに呼び出されて、今日は朝から蔵6号。
引出し100個作る手伝いを髙田さんと。

本日の作業は、各部材をヤスリがけからの組立て。
ほぞ穴を微調整して少量のボンド入れてビスで固定。
急ぎらしいから、1時間に20個ペースで。
単純な木工作業、ただただ楽しい。
b0052471_20442275.jpg



[PR]
by ryuzo3net | 2018-01-22 20:46 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

新作を10点前後選ぶところから

ギャラリーラガルトでの12月からの新作個展用の
作品をあっちこっちから引っ張り出して蔵4号に運んだ。

メキシコな感じの作品を集めて、ゴツゴツした男っぽい作りの作品集めて、
ついつい遊びで個展を数種類・・それらはどこかに仕舞って。

今度の展覧会タイトルになんとなく合わせての候補選び、
一点ごと大きさもあるもので未発表の新作を10点前後と決めて揃える。

額装のため、選んだ作品を6号に運ぶ。
デカイ・・・と嫌がる大ちゃんをなだめて計測と余白の裁断から。
b0052471_18205798.jpg
b0052471_18211385.jpg
絵の裏。

ギャラリーの「孤独なフラクタル」は、今月いっぱいで再び収納して、12月2日くらいから新作が並ぶようにする予定。今月も、すげー忙しんだけど大丈夫かな、

まーいいか、あまり考えまい。
あたらしい作品を見るのが楽しみだ。



[PR]
by ryuzo3net | 2017-11-07 18:32 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

NO-MAに向けた準備もしています

眠い日が続いた数日の、昼間は6号で台座作り。
世間は休みが続いていた様子で、熊本からの来客もありにぎやか。
短い時間ながら、ひさびさとあたらしい顔ぶれで楽しかった。

そんななかでも20個ほどたまっている小品の準備を進めなければ、と。
b0052471_18372551.jpg
ボーダレス・アートミュージアムNO-MAでの企画に向けた制作なのだが、
新作はもちろん、昨年のさいたまでは発表しなかったものも仕上げた。
b0052471_18373533.jpg
かなり細長い富士山の絵は材料が尽きた感。次週に回して違う絵を描こうかな。

惑星ノマ――PLANET NO-MA http://ryuzo3net.exblog.jp/27042274/
[PR]
by ryuzo3net | 2017-08-18 18:52 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

まず、同じサイズの額20個

今日は蔵に復帰、6号で作業。


最近描いているもののなかでは特に小さい平面の額(長辺41cmくらい)作り。
僕は数字にめっぽう弱いから、大ちゃんに計算してもらってテキパキ作業。
ひとつふたつ作ることはなんてことないのだけれど、
同じサイズの額を20個とかは、大ちゃんもはじめてという。

さいたまの会場で廃棄予定だった垂木を製材。
手間はかかったけど見違える額材として生まれ変わった。
大ちゃんもこういう材の使い方が上手いもんだ。

思いのほか短時間で面倒臭い部材製作は完了。
第一段階の希望個数に達した。あとは一つずつ丁寧に。

まだまだ描いた絵がたくさんあるから、追いつかない(今夜も増やすし)
けど、ひさびさの額作り楽しかったなあ。
b0052471_18234144.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2017-03-08 18:33 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

メンタル工作

このところ、6号で工作してた。
新作用の額を数個、傷んだ椅子や棚のサイズ変更と修理、折り畳み式の演台が終了。
b0052471_20432226.jpg
昨日は、1年間待てど暮らせど働けど、進めてくれない企画の電話が鳴る。
報告することが無いという中間報告。そんなんいらんわい。

イラッとして、必要なところや切らなくてもいいところを材料切るわ、
4箇所でいいところ5箇所穴あけるわ・・・夕べは遅くなってしまった。
メンタルが工作にあらわになるじゃないか、まったく。
[PR]
by ryuzo3net | 2016-02-25 20:59 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

「コーヒー袋の絵 (仮)」の額作り

調布のお土産シリーズ⑧-2

珈琲袋を刻んだ絵の額には、捨てられていたキャンバスの木枠がいい。
こういう木枠は大学に良く捨てられてるから、いつも買わずに拾うか自分で作るものだった。

今回も誰かさんのを活用。ハンマーで殴られて痛んでる箇所もあるから、まずは6号でカット。
調布では、珈琲袋の質感を見るためにもアクリル類はかぶせないことにした。
後日、アクリル板を差し込めるように絵の厚み以外に2mmのほぞ穴もカット。
額の下側の木枠を外して抜き差しできるようにした。
ダボ木は不要となった筆の軸が便利、蔵4号の改装の時と同んなじ。
b0052471_2081431.jpg
4号では、セイカさんが平面作品の箱作りが完了。ダンボールを提供してくれた企業とセイカさんに感謝。立体作品の木箱3つも形はほぼ出来上がったから、あとは内部の細工だな。
b0052471_2082664.jpg
僕が搬入時期を早めたから、作品数は10個で終わりそうな気がする。
まだまだ作れるけど、展示するとなったら半端なものは出せない。
厳しく見直すことになるし、最後の仕上げを徹底するからこれ以上新しいのは難しいな。
でも、良い作品が展示できると思う。


「コーヒー袋の絵 (仮)」の制作 調布のお土産シリーズ⑧-1 →→ http://ryuzo3net.exblog.jp/25201806/


展覧会 『クリエイティブリユースでアート!』

期間: 2016年 1月30(土)~2月28(日)
会場:調布市文化会館たづくりの1階展示室
(作品制作者トークイベント 1/30(土)予定)


「クリエイティブリユースでアート!」vol.2のお知らせ (2015-08-31)
→→→ http://ryuzo3net.exblog.jp/24843244/#24843244_1
[PR]
by ryuzo3net | 2016-01-15 20:29 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

作品の収納・運搬箱(「神話の運命」編)

毎回、作品の運搬・収納箱作りは大切。
8角形で、それ自体が箱ものの立体「神話の運命」の専用ケース作り。

作品サイズを計測したら、6号大ちゃんの箱プログラムで計算されるわけだけど、
今回は作品自体の寸法の精度が高いから、売られている角材の厚みのわずかな誤差が、箱の完成度を落とすという大ちゃん的理由から、6号で製材し直され使われるという念の入れよう。
b0052471_06260.jpg
もちろん今回もプチプチなどの梱包材は使用しないが、
アクリル面の埃の付着を防ぐため、シートを一枚巻いておくのみ。

収納・運搬時に作品を守る完璧な寸法的な余裕加減と美しさ。


蔵6号・・・http://kura6go.exblog.jp/
[PR]
by ryuzo3net | 2015-12-15 07:40 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)

時計と作品箱

少し肩の荷が下りて、普段の生活的一日。
作品を収納する箱の組立と、文字盤のない時計作り。

箱プログラムから木材の切り出しなど、組み上げ前まで大ちゃんがしてくれていたから
僕がしたのは組立ての手伝いくらい。あとは梱包材を使わないから箱の内装のみ。
b0052471_1845295.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2015-12-08 18:45 | 蔵⑥号日記 | Comments(0)