蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02
akieさん 今、もう..
by ryuzo3net at 17:09

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2018年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

細かいことは気にするな

台所でふいに「奥にあるのが手洗い用だから」と言われた。
何年ものあいだ、手洗い用と思ってた洗剤が中性洗剤だった。
僕が間違えないようにと手を洗うほうにシールを貼ってくれてたようだ。

「顔も洗ってたよ、ショックだなあ」という僕に、セイカさんが
「私は洗濯用洗剤で全て済ませてた時期あるから、そのくらいなんともない」
もう言うまい、大したことじゃない。むしろ自ら食器用を選んでも良し。

そんなこんなで、6号で工作したものを運んだマチヲ部屋。
土曜はアゲモラでトマト素麺。具のクレソンと大豆も美味い。
食後は手作りドーナツ。午後はアカリコちゃんと用事して、さらにドーナツ。

日曜と月曜で下ばっかり向いてる作業、最後に床の上をゴロゴロして楽しんだ。

b0052471_21583265.jpg

[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-30 22:29 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(4)

緑色のストライプ

b0052471_22063300.jpg
先週は2部屋、今週も別の2部屋を進める。


土曜日は白い部屋の作品をすべて壁から外すところから見上げる作業。
日曜日は台所のある広い部屋へ。夏みたいな気候、外はにぎやか。
昼はラボで冷製うどん、ワラビのタタキやゴボウのサラダ。デザートはオレンジピール。
モンゴがやってきて、利休について学びながら見上げる一日。

月曜日は台所の続きから、
夕べ作っておいたマチヲさん好みの緑色のストライプが部屋を一周するところまで。
b0052471_22064335.jpg
壁面の制作を始めてから心待ちにしてた事の1つ、
灰色のストライプと緑色のストライプまで行けた。

先週と今週の計6日間、見上げ続けると良い気分転換になった。



[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-23 22:23 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

SEIKA PHOTO STUDIO

これまでに、ここで3523件も日記を書いてた。
たどれば多くが愚にもつかない内容かもしれない。
たまに「全部読んだ」という声を聞くと、ほんとびっくりする。
書くという作業である程度忘れてしまうものだから、
いつか読み返せば、反省点ばかり見えてきそうで怖い。

僕には食うこと寝ること以外に、日々続けられることは少ししかない。
b0052471_19095847.jpg

セイカさんには数か月続けてきた事があって、
今日はその手伝いで2400x1400mmの白い壁を準備した。
これから日々必要になるだろう撮影時のちょっとした背景。
今後、撮影する品によって背景の色を変えられるようにする。

なんにもないところから、想像もできなかったことを
日々蓄積して楽しんでる、速度感と充実感。


[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-19 19:15 | その他 | Comments(0)

やんこちゃん、17歳

耕して、先週から植えつけて、また足らずを植えて。

僕は良く食べるから、やらなきゃ。


今年も卵を産み始めたカメのまさやん、17歳。
セイカさんは「やんこちゃん」と呼ぶようになった。

週に一度は水槽の掃除をして、そのあいだは庭に放すのが習慣になってる。デクが居るころは、お願いすると必ずまさやんを探し出してくれるからほったらかしてて良かった。

いつかの夏の暑い午後に僕はまた見失ってしまって、決して家から出たくないデクに無理やり「やんこちゃん」の捜索を頼んだ。裏庭の崖で見つけてくれたんだけど「暑い中、手間かけさせやがって!」なんて風にポカーン!と「やんこちゃん」はデクに頭を叩かれてたっけ。(セイカさんが見た時は、ガブリと甲羅に噛みついてたらしい)

今は絶対に目が離せない。カメの歩みは意外と速いゾ。

b0052471_22120082.jpg
b0052471_22121283.jpg


[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-18 22:27 | 菜園日記 | Comments(0)

Flashとchronicleを更新

こないだまで続けてたパソコン作業によって、今は若干パソコンと僕の頭との同期感アリ。そんな作業から出たいくつかをセイカさんに送ってホームページ更新してもらった。

<Flash>に作品の36画像。続けて見てると支離滅裂だな。
全部僕なんだ。それが笑えるし、気に入ってるところ。
未発表で気に入ってるものも2~3点入れた。
近いうちに平面など数点追加したいと思った。

Flash→ http://www.ryuzo3.net/

b0052471_21250174.jpg


そして<chronicle>には、以下の9件の記録と画像を更新。


■個展 あるがままの私の現実を見てはいけない 
会期:2017/12/2-2018/1/29 会場:ギャラリー ラガルト|岡山県倉敷市

■グループ展「惑星ノマ――PLANET NO-MA」
会期:2017/9/2-11/26 会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA | 滋賀県近江市

■イベント「広島・キューバ展 チェ・ゲバラの視点を通して」
会期:2017/9/16-9/24 会場:旧日本銀行広島支店 | 広島県広島市

■「犀の角がもう少し長ければ 歴史は変わっていただろう さいたまB」
会期:2017/6/15-2018/3/30、2018/4/2-2019/3/30 会場:さいたま市プラザウエスト | 埼玉県さいたま市

■個展「未完成の絵」
会期:2016/12/27 会場:改装中の龍三の自宅 | 岡山県笠岡市

■さいたまトリエンナーレ2016 
プロジェクト「犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう」
会期:2016/9/24ー12/11 会場: 旧埼玉県立民俗文化センター | 埼玉県さいたま市

■個展 「廃材創作」
会期:2016/3/19-5/30 会場:ギャラリー ラガルト|岡山県倉敷市

■公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団設立20周年記念事業
クリエイティブリユースでアート!-市内の端材や廃材をアートな目線で見直そう- 
会期:2016/1/30-2/28 会場: 調布市文化会館たづくり1階 展示室 | 東京都調布市

■立体レリーフ「SOUL」
場所:スペース甦謳る(そうる) | 広島県福山市 制作年:2015年



chronicle→ http://www.ryuzo3.net/exhibition.html



[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-17 14:53 | その他 | Comments(0)

見上げはじめた3日間

3月3日に丸い窓付けて以来、
玉島での作業はあったもののマチヲ部屋での制作は中断してた。
半月ほどで、周辺も随分ぼうぼうとしてきてる。

土曜日は、アゲモラでホットサンド。
石本さん、途中から腰痛で安静な姿勢キープ。お大事に。


続いて日曜日、月曜日と今週は3日間連続の予定で作業。

静だ・・・

そんな午後、マチヲさんが立てた看板を音読して笑ってく若いカップルの声。

翌日も、マチヲが立てた看板を音読していく子供と母親の声。

・・・以上が2日間で聞いた近所の人の声。


b0052471_20254189.jpg
僕は見上げっぱなしの作業3日間を楽しく終えた。
女性だらけの部屋と写真館の部屋、変化あり。

そろそろペンキ買わなんといかんかな、ボンドだけでよくここまで来たものだ。




[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-16 20:45 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

ロングランさいたまB

「さいたまトリエンナーレ2016」で創作した僕の歴史改変SF美術作品「犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう」。さいたま市民と発掘キャラバンを結成し、さいたまの土地や歴史を掘り起こし、「ハニワ大発掘展」を開催。


このプロジェクトは、2016年の12月11日で終了・・・
・・・はじめたころは、そこで完結すると思ってた。


翌年から、さいたま市桜区のプラザウエストで「さいたまB」延長展示が始まることとなり、僕は新たに巨大な台座に「犀形埴輪」「犀引き」「犀引かない」を再構成。ほかのハニワたちも倉敷のラガルトだけでなく、滋賀県にも出張。さいたまで芹沢さんとトークすることになったり、ひょんなことは続き、今年は岡山歴史研究会に声かけられたり。


何せ、派手じゃない埴輪たちのあの姿だから。
さいたまの日常に、あまりに自然に横たわってるパラレルが
ジワリジワリ続いてる感に、僕は楽しくなってる。


b0052471_01065891.jpg
3月末にプラザウエストでの延長展示は期限終了となってたんだけど、
なんと「さいたまB」は、トリエンナーレから数えて、さいさい延長となった。
もう「ロングラン」と言ってみたい。

プラザウエスト周辺でもハニワたちが居なくなるとか、このまま居るんじゃないかなど噂が立ってたみたいで。も少し早めに伝えたい気持ちはあったんだけど、契約とか都合とかあるもので報告が少し遅くなってしまった。離れていても現場のおもしろい情景が届いたりする。先日は「犀形埴輪」たちが移動している時期に来た子供が「ハニワがいない!」と探していて、また別の子供が「こっちにいるぞ!」と見つけている様子だった。ハニワたちを見守ってくれている人たちから、そんな日常の様子を教えてもらうことも楽しみのひとつになってる。

僕はさいたまが好きになり、行くことも楽しみになってる。
「犀の角」を通じて知り合った人たちと、また会いたいなぁという感じ。


だからもう一回、今年アレをやりたいと考えはじめてる。
みんなでオニギリ食べてアレをやって、帰りに食べるアイスが美味いんだぁ。
さいたまの、まだやってない場所でやってみたいという気持ちが出てきた。
そう呟いたからには、実現に向かって。




犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう

http://www.ryuzo3.net/sai.html

さいたまBハニワ研究ノート
ギャラリーラガルト通販SHOP・・・ http://shop.ryuzo3.net/




-------------------------------------------------------------------------

■2019年3月末まで、約1年間の延長となります。さいたま市民の方も市外の方も、引き続き『さいたまB』のハニワ達をよろしくお願いいたします。
プラザウエストの詳細はこちらへ→http://www.saitama-culture.jp/plazawst/

期間   2018年4月2日(月)~ 2019年3月30日(土)
会場   さいたま市プラザウエスト
住所   〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
入場料  無料
連絡先  TEL.048-858-9080(プラザウエスト)

--------------------------------------------------------------------------


[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-11 21:06 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

予想もしてなかったこと

出張で来ていたMiss田さん、東京に帰る前に来ラガルト。
そこへセイカさんの「クバニスモ」の生徒さんもキューバ帰りに来ラガルト。
キューバやメキシコの話で盛り上がってた。・・行こうかな。

b0052471_17554084.jpg
Miss田さんとも話してたセイカさんの近況。
家に居て時間がわずかあれば、楽しそうに作ってる。
日々いろいろと忙しいんだけど制作が止む気配はなく、
日付が変わってもアトリエを離れたがらない日も多い。

昨日、数か月ぶりにセイカさんの作業テーブル回りの棚などを
最近の制作スタイルに合わせて、使い勝手が良くなるよう一緒に手を加えた。
夢中になれるってのは、こんなに楽しいものなんだなと思う。
最近、日によっては僕より制作時間が長かったりするんじゃないかな。
作ってるモノが、みるみる良くなってく。

数年前なら予想もしなかった展開。
転機って、こういうことなのかもな。


夜はキューバ定食。
[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-07 20:01 | その他 | Comments(0)

自分の整理整頓

ここ数日は過去の整理が作業の中心。
これがなかなか苦行なもんで、ふだん手が出なかった。
2010年の竹喬美術館での回顧展以降のもろもろ。

それまでの分は、展示やカタログ制作時に総まとめしたけど、
以後は自分の記事や資料を見るのが楽しくなくなってしまって、
確認はするのだけど積み重ねてほったらかしてた。

2年かけて、ようやくひとつ見えてくる作品もあれば
数百点をイッキに作る時期もある。プロジェクトとなれば気が遠い。
2010年以前と以後を合わせて、いろんな人格が存在してるみたい。

自分が作るものを想定できなかったから仕方ない事だけど、
過去に制作されたカタログでは遅すぎるし、
名刺代わりに作っているパンフには立体しか載ってない。

まず、自宅のデスクに並んでいる90年代から2017年までの太いファイルからはじめた。
仕事に関する大事な書類や手紙、海外への輸送資料、各展示のプロセス、記事など。
最近はデータ化を進める人も多いだろうけど、それはそれで。
結局、僕には紙モノの原本のほうが断然面白い。
ここ数年、PCから打ち出していない書類や資料が多い事のほうを深く反省。

続いて、2010年~2016年までに出品した展示物の画像まとめ。
今の時点で220ページ、330点以上揃えたところで休憩。

しかし、そのうち多くの現物が僕の手元に無い。
僕が証明書用に撮影したスナップショットしか写真が無いもの多し。

「田中くんが撮り忘れてるからだ!」と
人のせいにする理不尽な僕に、
「今在るものから早めになんとかしよう」
と言うやさしいPhoto by 田中くん。

b0052471_19085473.jpg


[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-05 18:34 | 蔵④号日記 | Comments(0)

未発表の平面160点イッキ撮り

火曜日はPhoto by 田中くんと出張。
薄暗い空間を作り、依頼された美術品を5時間で次々撮影。

帰宅後は、ここ数年の自分の作品整理2日目。
さらに、翌日の撮影の準備。
b0052471_18422299.jpg
水曜日、Photo by 田中くんと僕の自宅で午前中から撮影。
昨年秋ごろに個展を挟んで制作していた未発表の平面160点を一気撮り。
こんな枚数の作品撮影を1日に行うのは初めて。
やれば出来た、しかし苦行。

珍しく僕自身1枚も撮影してない秘蔵品たち。
調整後の仕上がりを見るのが待ち遠しい。

[PR]
by ryuzo3net | 2018-04-04 18:49 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)