人気ブログランキング |


蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2019年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

僕の菌

例年通りとなってる平日の昼間に無職が集っての味噌作り。

アカリコちゃんとこに女性が集まって味噌作りのはずが、このところ手の調子が悪いセイカさんに代わって僕が味噌作り、セイカさんが太陽光発電の組立。なんか逆のような気がするけど、どちらも僕は不得意。

みなさんに言われるがまま踏んだり混ぜたり。代理の初味噌。

僕の菌_b0052471_18382063.jpg
うまいもの食べて、フキを収穫して、作業して、
たくさんの野菜とソーラー発電もらった1日。



by ryuzo3net | 2019-02-27 23:37 | 菜園日記

パンチ&キック穴の穴埋め

本日は玉島マチヲ部屋徒歩すぐ、
チクちゃん部屋のパンチ&キック穴の穴埋め。
(※先住者の名残で彼女が開けた穴ではないと記しておこう)

どうして良いか分からないよな。ということで、
石膏ボードに大きく開いてる4つの穴を、
石膏で埋めて戻す。ただそれだけ。

アゲモラ定食は僕の好きなヒヨコマメが入ったうどん。
デザートはドーナツとネコ型クッキーとチクちゃんのブラウニー。
パンチ&キック穴の穴埋め_b0052471_19142216.jpg
玉島マチヲ http://www.ryuzo3.net/machiwo


by ryuzo3net | 2019-02-23 19:03 | 玉島マチヲ(2017-)

とりいそぎ壁

部屋を仕切る壁が必要というので、その場で作業。
時短簡単な仕様で、とりいそぎ壁。
とりいそぎ壁_b0052471_15380378.jpg

by ryuzo3net | 2019-02-16 21:37 | 蔵⑥号日記

鈴生り

改装用の材料の下調べのあと、
制作中の立体模型の切断した箇所を再接合。
これなら許せるという範囲までに修正。

平面作品を2点撮影。
鈴生り_b0052471_23075902.jpg
庭の芽キャベツが鈴生り。クリームシチューが食べたい。

夜は布のデザイン。この数日で6種類以上完成させないと。

by ryuzo3net | 2019-02-14 23:08 | 菜園日記

アート印刷株式会社

作品を抱えて福山の「アート印刷株式会社」へ。
全国の美術館に収めるカタログ作りなどアートを支え記録するところで、
2001年から僕の作品に興味を持って、過去に3冊の本を作ってくれた。

アート印刷株式会社_b0052471_21562944.jpg
アート印刷株式会社_b0052471_21564106.jpg
細川社長が忙しいなか時間を作ってくれて数年ぶりの再会。
さっそくテーブルに未発表の作品を積み上げて見てもらった。そして、これらをどのような「本」にしたいか話しながら、資料を見ながら触りながら。原本(作品)については、細川社長の直感で僕の想像よりも面白い装丁がほぼ決まった気がする。続きはまた次回に。



それから「スペース甦謳る(そうる)」へ。昨年末の話の続き。
アート印刷株式会社_b0052471_21565205.jpg

ギャラリーで話し込んだあとは、お好み焼き食べながら。
彼らが僕を出展させた東京アートフェア時のデヴィ夫人の話を聞いた。
良く知らない人だけど、良い話はも少し前に教えてよ。
甦謳る家族総出で楽しい夜だったな。


帰宅後、ティーを飲みながら、セイカさんが最近思ったことを一言で聞かせてくれた。
ここ数年、僕も説明しにくいけど本当の事のような気がしていることだった。
心のなかで時折り浮かんでた言葉を、そのまま相手に言われたようなドキリ。
そうだよなと2人納得して、アゲモラ土産の最後のブラウニーをいただく。

さて、もう一仕事。

by ryuzo3net | 2019-02-13 23:17 | 玉島マチヲ(2017-)

模型制作17日目だったかな・・分からなくなった。

足を切断して、形を修正して再び接合した。
模型制作17日目だったかな・・分からなくなった。_b0052471_18075359.jpg

by ryuzo3net | 2019-02-12 21:12 | 蔵④号日記

寒波中のマチヲ部屋

今朝の雨のような雪。大して積もらず、ただすこし寒いだけ。
寒波中のマチヲ部屋_b0052471_23253334.jpg
「さよならサーカス」を壁掛けアクリルケースに入れて渡した。自分でも好きな作品のひとつだから、頼まれた特製ケースふくめて喜んでもらえて良かった。

本日のアゲモラ定食は、ワカサギのトマトソースパスタ。
デザートはブラウニー(大豆珈琲、チョコ、文旦ピール、ナッツ、クランベリー、クコの実)。
アゲモラは棚付けなどやってる様子。

お隣さん、引き続き室内の壁塗装。
蔵から持ってきて調合した塗料、僕の狙い通りの分量だった。
誰も気づいてないかも知れないから自分で褒めとく。

寒波中のマチヲ部屋_b0052471_23401006.jpg
今日のアゲモラ部屋での将棋には、かなり頭を使い良く笑いました。



by ryuzo3net | 2019-02-11 23:44 | 玉島マチヲ(2017-)

アクリルケース作り(後編)

作品「さよならサーカス」をケース内に取り付けて、アクリルを被せてみる。
アクリルケース作り(後編)_b0052471_15330837.jpg

by ryuzo3net | 2019-02-07 15:17 | 蔵⑥号日記

キューバで感じた日本との「常識」の違い

ハバナで日本語を学ぶキューバ人が、ここが良いんだと声に出して「指さし会話帳」のまえがきを著者の西夏さんに暗唱して見せていた。初版の発刊(2001年2月21日)からずいぶん経ったが「この本が深い友情づくりの何かのきっかけになることを願って。」書かれたことが生きてると思う。

現在のキューバについてフリーライターの宮崎智之さんの記事がうれしかった。
きっと良い旅だったにちがいない。


by ryuzo3net | 2019-02-06 21:20 | お勧め等々

アクリルケース作り(前編)

6号で50cmくらいのアクリルケースを作ってるところ。
3mmのアクリル板に背面板は艶消し黒で仕上げた壁掛け立体作品の保護ケース。

木は突板仕上げ、ということは大ちゃんに任せるのが良い
はずが、今回は僕がやってる。
アクリルケース作り(前編)_b0052471_21574728.jpg

by ryuzo3net | 2019-02-05 21:57 | 蔵⑥号日記