人気ブログランキング |


蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

<   2019年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

鍵を忘れて良かったよ

昨日は片道25分の蔵4号と家を、徒歩で2往復。その途中、気掛かりより心配より以前に、僕は何も知らんまま心配事が終わってたという報告。うっかり鍵を忘れて取りに帰って良かった。

話は変わる。右側がダメージだらけになった愛車の代わりに
届いた代車の乗り心地に慣れ始めてる。良いのか悪いのか。


また話は変わる。マチヲ関連の資料作りの順番としては、
<マチヲ式レンブラント>は内容的には2017年のものがほとんど。
最初に持ってくる予定ではなかったんだけど、良しとした。
僕の気に入ってるヤコブ関連のシリーズも初登場するし。
もともとの画集の汚れや、糊の汚れもそのまま、できるだけ実寸。

もう2冊、同時進行で製作が進んでる。


 RYUZO KAWANO OFFICIAL ONLINE STORE 

http://shop.ryuzo3.net/



今夜はクラちゃん4号のお泊り。

b0052471_22410026.jpg

by ryuzo3net | 2019-03-31 09:11 | 蔵④号日記 | Comments(0)

新刊「マチヲ式レンブラント」

岡山県倉敷市玉島で行っているプロジェクト『玉島マチヲ』の作品集第一弾の発刊です。

「マチヲ式レンブラント」は、画集『Rembrandt』(美術出版、1967年)のはり込み図版が抜け落ちた箇所に、マチヲさんが憶測で雑誌を切り抜きを糊付けしてしまって出来た20作品を収録。
b0052471_21223025.jpg

「タイトル・解説・写真を見比べたとき、レンブラントの有名絵画がマチヲ式に脳内でゆるく反芻され、クスッとした笑いがこぼれてくる。マチヲさんの作品はいつも、作ることへの衝動的な欲求と心地よい切実さを感じさせてくれる。」(まえがきより)


発行日 2019年4月1日
著者 玉島マチヲ
執筆・撮影・編集 川埜龍三
発行者 川埜龍三
発行 ラガルト出版
仕様 A4版 カラー24頁+モノクロ2頁
価格 1500円 (税込)

初回付録として、マチヲさんの部屋に飾られているゾウのステッカー(10x10cm)付き。

ギャラリーラガルト または ラガルト通販ページで購入可。

 RYUZO KAWANO OFFICIAL ONLINE STORE 


http://shop.ryuzo3.net/



by ryuzo3net | 2019-03-30 21:33 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

フクロウの10年

立体作品<見知らぬところに立ち入る者は、思わぬものを見つける>(2009)が屋外設置されて10年が経った。倉敷市天城の天城高校前の家具ギャラリーの敷地内に設置された後、現在は倉敷の大橋家住宅にある「倉敷中島屋」敷地内へ引越し設置されている。 

これまでの経年変化の修復依頼を受けて、今月は蔵4号に帰ってた。僕を見込んで注文してくれた平山さんを思い出し(美味しいもの食べさせてもらったとか)ながら、
2009年時の状態に近づけたと思う。セメントとFRPと木で出来た作品を洗浄、細かな傷をパテ埋めして彩色して、トップコート2層+艶調整。
b0052471_16140288.jpg
今回はうまく出来たけど、屋外作品を所有した場合は個々に合わせたメンテナンスは必須。まぁいいかと見て見ぬ振りしてると、僕もお手上げになる事も。完成時のプランや内容を確認して、くれぐれも気をつけておくんなさい。

by ryuzo3net | 2019-03-29 16:14 | 蔵④号日記 | Comments(0)

「前」と「後ろ」

蔵の作業は休んで、今日は玉島。
マチヲ部屋のトイレの中。
次回は制作物もいくつか持ち込んでみようかな。
b0052471_22010497.jpg
アゲモラ定食は、ほうれん草のクリームパスタ。具材が豊富。
レンコンやシイタケ、添えてあるタンドリーチキンもうまい。
沙美海岸で採ってきて乾燥させた青のりをアゲモラ土産にもらった。
今夜は焼きそばにふりかけたい。


そう、気付かないんだよな、服の前と後ろ。良く間違えて着てる。
服に「前」「後ろ」ってプリントしたら?って言われてる。
それも良いな。

by ryuzo3net | 2019-03-25 22:10 | 玉島マチヲ(2017-) | Comments(0)

Seaside Tracks no.14

作品の設置に。

すでに飾ってある僕の作品も移動して設置。
新たに<Seaside Tracks no.14>を設置。

1枚の絵が部屋の壁に入るだけで気分がグッとなる感じ。
b0052471_21463917.jpg
本日も早朝から、良く食べてよく動いて良く笑った。アイデアも浮かんだ。
さすがに今日は体のエネルギーが切れそうになったけど、
夜も良く食べて良く笑ったら元気になった。みなさん、ありがとう。


by ryuzo3net | 2019-03-21 22:00 | 蔵④号日記 | Comments(0)

クレマチスの丘


朝飯食べて、8時頃にバスタから静岡のクレマチスの丘へ出発。
連日、夜が遅くて朝が早いからバスに乗ると同時に1時間くらい即寝。

沼津に到着する時間が大幅に遅れているというアナウンス。
まったく動じてない僕の隣でセイカさんは時刻表調べまくるものの、
どうやっても約束より1時間半くらい遅刻するらしい。

予定では、①バスで新宿→沼津、②電車で沼津→三島、③シャトルバスで三島→クレマチスの丘。今は①の途中ということだ。

車窓の向こうをじっと見ていたセイカさんにとつぜん「降りるよ!」と言われて、知らない場所で途中下車。どうやら「道沿いにホテルが見えたから」降りたようで、ひとりホテルに走っていった。フロントで訊くと、ここからクレマチスの丘へはたった3km!!しかもすぐにタクシーを呼んでもらえた。

土地勘も無いのに、こんな時に車内からホテルを探すというひらめきと運に驚くばかり。僕だったらのんびり1時間半遅刻してた。②と③が省略され、手ごろな費用で予定より20分早く現場に到着できてしまった。セイカさんは見事だ。

もうこれだけで十分な1日だったのに、クレマチスの丘はすばらしいところで、案内してくれた大月さんと副館長と学芸員さんと、併設されてる美味すぎるレストランで昼食とヘルニアセッション。この日は、この場所で3人も笠岡を知る、笠岡に縁のあるひとに出会った。もう気持ちが悪いほど。屋外と事務室でこれからの話をしたあと、見送られながら15時半のバスで三島駅へ。次は5月に来ようかな。

そうして僕らは再び帰路のためバス移動。③→②→①で新宿に戻って、乗り換えてもう一度静岡を横目で見ながら倉敷へ。もう国境を超えるんじゃないかというくらい、17時間はバスに乗った。飛行機ならキューバにたどり着いてる頃だ。




by ryuzo3net | 2019-03-19 13:23 | Comments(0)

再会続き

東京。

ぐうぜんタイミングが良くて菊池さんと再会。
新宿で待ち合わせてコーヒーを飲みながらあれこれブツを広げる。
その勢いで銀座に移動。数か所飛び込みでブツを広げ続ける。

翌日は蔵前と日暮里。ひっきりなしに歩き続ける。
夜は新宿のポルトガル料理屋で友人たちと集合。
ブツを広げて意見交換。虎と狼に囲まれてる感じ。

2日間で、西夏さんは変な汗かき続けた様子。
日付が変わるころ新宿のBook and Bed Tokyo到着。
b0052471_13161876.jpg


by ryuzo3net | 2019-03-18 23:49 | Comments(0)

315

今日は朝からさいたま。
浦和駅で迎えられて市役所へ。
文化担当の全員と再会。そして打ち合わせ。
いつもみんなからの熱意が伝わってくる。

桜区のプラザウエストへ移動。
お世話になってる方に挨拶と、犀形埴輪たちのメンテナンス。
b0052471_12435606.jpg
昼飯は、全員一致で「ウエスタン」。
昨年の発掘現場「千貫樋水郷公園」に写りこんでいる気になる看板の店。満足。

さいたま発掘 DAY7】 https://ryuzo3net.exblog.jp/28773730/

午後は、よしかさんの道案内で「にじ屋」と「さいたま市桜区環境センター」。
ゆっくり風呂に浸かってから、大宮のサポーターミーティング会場へ。

遠山監督と僕のトークは、雨森さん、浅見さん、三浦さんと続々登壇で盛り上がった。昨年の発掘キャラバン写真作品も初公開。終了後は夕食と飲み会、西川口のお気に入りの宿に到着する頃には日付が変わりはじめた長い一日。



犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう 
http://www.ryuzo3.net/sai.html

by ryuzo3net | 2019-03-15 23:37 | さいたまB(2015-) | Comments(0)

修理の1日

屋外設置されていた作品を預かってる。
長期間に傷んだ箇所の修理など、蔵でやってる。

それから僕が長く使ってるキャリーバッグの修理。石畳を延々引きずられたり、容量オーバーな重量で持ち歩いたりでタイヤの劣化が激しい。

近所のホームセンターで合いそうなタイヤを物色。・・少し違うけど、まあいいか。
ゴムを削って泥除けフェンダーの形に合わせて取付け。
走りはバッチリだ。試運転をかねてコンビニまで。

コンビニ脇でキャリーバッグ見ながら、
ひとりで座ってるところを田中くんに見られた。

b0052471_00451688.jpg
夜はカレーうどん。去年の秋からカレーうどんがやけに美味い。

日付が変わるまでには、もうひとつ作業をやりとげられそうだ。

by ryuzo3net | 2019-03-13 18:44 | 蔵④号日記 | Comments(0)

打ち合せの1日

b0052471_01172003.jpg
昨日の夜中に、「明日の昼はうどんです」と発表され
腹が減って眠れなくなった。

まずは現場を通り過ぎて、
うどんの現場へ行ってしまうが、
引き返してほんとの現場へ。

打ち合せてうどん食べて、また移動。
本日は打ち合せの一日。

そして夜の作業が終わらない苦悩。


by ryuzo3net | 2019-03-12 22:04 | 蔵④号日記 | Comments(0)