人気ブログランキング |


蔵をアトリエに制作をする アーティスト川埜龍三


by ryuzo3net

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

カテゴリ

全体
蔵④号日記
蔵⑥号日記
ギャラリー・ラガルト
作品集・写真集・記録集
玉島マチヲ(2017-)
さいたまB(2015-)
犬島ハウスプロジェクト
おにぽっくるプロジェクト
RAVEN
展覧会
無心に降る百年(2014)
常夜海(2014)
ジャカルタ作戦
異形の胎動(2010)
アナクロモノクローム(10)
ビエンナーレ大作戦(09)
グラン・ママの葬列(07)
沈黙にたまる雨(05)
旅日記
お勧め等々
菜園日記
音楽のススメ
デク・クラ
アトリエ外活動
トラブル
倉式+蔵式
Jazzy night
その他

タグ

最新のコメント

わたしも~ Nos v..
by akie at 13:20
気を使わなくても大丈夫。..
by ryuzo3net at 22:40
あきえさん、僕は元気です..
by ryuzo3net at 22:52
ゆきをさん、ほんとに!?..
by ryuzo3net at 22:39
今日はありがとうございま..
by ゆきを at 23:40
お!確かに近所だ。aki..
by ryuzo3net at 20:49
滋賀お待ちしております!
by akie at 05:40
滋賀行きますよー。 お..
by akie at 07:42
アメリカの25のギャラリ..
by ryuzo3net at 23:49
おーーおめでとうございま..
by Wada at 20:02

リンク

ライフログ


まっぷる京阪神ペットといっしょ! (マップルマガジン)


Artcollectors (アートコレクターズ) 2014年 01月号 [雑誌]


えるん島


忽骨 ~ ko-tsu-ko-tsu


挫けない力


アートコレクター 2011年 09月号 [雑誌]


アートコレクター 2011年 04月号 [雑誌]


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

画像一覧

6月2日(月)

b0052471_113261.jpg


次の型取りのために壁面の原型を外しました。

やっぱり今日も一人で外しました。

これで蔵の壁は半分以上がもとの板に戻ってしまい、

なんかさみしい感じです。(セイカ)
# by ryuzo3net | 2003-06-02 22:28 | 蔵④号日記 | Comments(0)

6月7日(土)

b0052471_11505866.jpg本日とうとう最後の粘土原型が外されました。

これで壁面は制作前の状態に戻ってしまいました。

それにしても最後の牛の部分は外すのに苦労した…。

棟梁のおかげさまで無事下ろせました。

感激とともに疲れでぼーっとなっている龍三です。

(セイカ)
# by ryuzo3net | 2003-06-01 22:49 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月31日(土)

壁の型取りも4つ目まで行きました。

しつこいですが、重いです。

でも3つ目からはだいぶ慣れ、ペースが上がってきました。

夜に大学の後輩の藤野君が来蔵しました。

昨日松江駅に行くつもりで出かけて、いつのまにか笠岡に来てしまったそうです。(セイカ)

b0052471_2313171.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-31 23:12 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月30日(金)

今日も引き続き壁面の型取りをしました。

この型が…重いです。

ひとつ80キロぐらいあるのではないでしょうか?。

朝から晩まで作業が続くので犬のデクも連れてきています。

これはデクなりに参加しているところです。(セイカ)

b0052471_23104530.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-30 23:10 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月28日(水)

みなさんびっくりして下さい!

今日から制作を再開して壁面の原型にとりかかったのですが

以前から壁面がうまく外れるかどうかが一番の気がかりでした。

ところがなんとその原型を龍三は一人で外してしまったのです。

それを聞いてみんなびっくりしました。

すばらしいー!!!

ひとつ取れてしまえばあとはもっと楽に外せるといって

2列分を一気におろしてしまいました。

壁面用の作業台も作ったし、これで明日から壁の型取りができます!(セイカ)

b0052471_2391955.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-28 23:08 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月26日(月)

少年の型が無事とれたところで壁以外の部分の

型取りが終わり、今日は細々した修正と

次の作業のための片付けをしました。

いよいよ次は壁面の型取りです。

が、今まで詰めて作業してきたので一日休みます。

やったー!久しぶりの休みです!(セイカ)

b0052471_235477.jpg


                            ↓↓

b0052471_2353420.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-26 23:04 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月25日(日)

b0052471_233446.jpg


今日無事に少年の型ができました!

胴体の部分はちょっと石膏を外しにくい所もありましたが、あとはバッチリ。

特に頭はきれいに外れました。

これだけ粘土原型に忠実にとれたらうまくいくでしょう。

ちなみに写真の白い部分が石膏となります。(セイカ)

b0052471_2313194.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-25 22:57 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月23日(金)

昨日から続いたふくろうの型取りも

補強の木材をつけて無事外すことができました!

型を8つのパーツに分けていたので

心配でしたが、うまくいってよかったです。

なかなか順調。

明日からは少年の型取りに入ります。(セイカ)

b0052471_2256487.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-23 22:55 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月22日(木)

今日からふくろうの型取りを始めました。

ふくろうは巨大なので勢いつけてがんばりました。

でもやはりでかかった。いくら石膏を塗っても終わりません。

b0052471_22542532.jpg

連日の型取りで本人は少し石膏に飽きぎみでした。

そして途中でこんなになってしまいました。

b0052471_22544216.jpg
# by ryuzo3net | 2003-05-22 22:52 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月21日(水)

これまでに小さいものも含めて50個近いパーツを型取りしてきました。

いよいよ明日からふくろうの塔の型取りをはじめます。

簡単に片付けもすませ、このふくろうをどう切って

型を取り出していこうか二人で相談しています。(セイカ)

b0052471_2252937.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-21 22:51 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月20日(火)

小さなパーツの型取りもほぼ済み、

今日は少年の台座の植木鉢の型取りをしました。

特に幹の先端の部分が細いので外すときに

折れてしまうのではないかと心配していましたが

びっくりするくらいうまく外れました!

これは調子がいいぞ!(セイカ)

b0052471_22492462.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-20 22:48 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月19日(月)

b0052471_22431834.jpgさて、大きなパーツはどうやって型取りするのでしょうか?

大きいのではがすのに相当力が要るので

手で型同士をはがすわけにはいきません。

そこで木を貼り付けて持ち手を作るのです。

最初は細かくゆすりながら最後一気にはずします。

その時の力加減が難しく、大きいだけに力を入れないと外れないし

かたよると重みでヒビが入ってしまいます。

このかたつむりは成功。

いまのところ順調に外せていっています。(セイカ)

b0052471_22435322.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-19 22:43 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月18日(日)

b0052471_22375692.jpg今日は立体的な原型の型取りについて説明します。

小さいパーツがわかりやすいので足を見てみます。


①キリガネを入れる

②片面に石膏を塗る

③硬化したらひっくり返してもう片面を塗る

④型同士をはがしたときに石膏が割れるといけないので布を切ったものを石膏にひたして両面に貼る

⑤慎重にはがす。この時の力加減が難しいです。力を入れないとはがせないし、入れすぎたり偏ったりすると割れてしまうのです

⑥完成!型の中身をほじくり出したらできあがりとなります。


今日ももくもくと作業は続いています。(セイカ)
# by ryuzo3net | 2003-05-18 22:36 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月17日(土)

b0052471_22345966.jpg今日からいよいよ型取りが始まりました!

これから真剣勝負の時期が続きます。

ここでちょっと「型取り」についてご説明。

これは粘土原型から石膏型を取る作業です。

雲のパーツの工程を写真で見てみると、

①まず粘土原型に「キリガネ」という薄いプラスチック板の仕切りを差し込む

②原型に石膏をかける。最初に手でかけたあと、ヘラである程度の厚みに均一に塗る

③石膏が硬化したら型から粘土と土台のスタイロ(非常に目の細かい発砲スチロール)を取り除く

④完成!

となります。技術もいるので気が抜けない作業ですが、基本的に

地味です。これをこれからコツコツとやっていくのみです。

私も③の作業をしましたがなかなか大変でした!

今日は細かいパーツを中心に型取りしました。

明日は両面から型を取る場合について説明をします。

明日もがんばるぞ!!(セイカ)
# by ryuzo3net | 2003-05-17 22:33 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月16日(金)

おかげさまで体力も戻ってきて、これまでも

少しずつ蔵で作業をしたりしていたのですが

今日から無事制作に復帰しました。

午前中はテレビせとうちのカメラマンで

この壁画の制作を最初から追ってくださっている

山本さんの撮影がありました。

そして午後からは明日から始まる型取りの準備をしました。

「棟梁」とデク(犬)とともに気合の入っている龍三です。(セイカ)

b0052471_22183713.jpg

b0052471_22185126.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-16 22:18 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月13日(火)

謎の腹痛は腸炎&腹膜炎でした。

一時は入院一歩手前のところまでいきましたが

なんとか痛みも治まってきました。

6日目にしてやっと食べられるように

なってきたところです。

というわけで制作開始はもう少し先になりそうです。

今日は2歳のまだかわいい頃の龍三をお届けします。(セイカ)


BBSに龍三からのメッセージがありますので
あわせてお読みください。

b0052471_22153369.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-13 22:13 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月9日(金)

おとといの夜から龍三は

謎の腹痛でダウンしています。

原因は不明ですが、これから大仕事の

型取りが始まるというのに大ショックです。

というわけで本日は機関車のように煙を吐く

龍三をお楽しみください。

ちょっとタバコを吸いすぎですね。(セイカ)

b0052471_22124239.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-09 22:12 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月7日(水)

今日が本番の写真撮影でした。

大変でした…。

なにしろ奥行のない蔵で巨大な壁画なので

どうやってもレンズにうまく入らないのです。

不可能を可能にして下さったやぎゅう写真館の

皆様、どうもありがとうございました!!!

おかげさまでいい写真が撮れたようです。

見るのが楽しみです!(セイカ)

b0052471_22101069.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-07 22:09 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月6日(火)

今日は明日の写真撮影に備えて

セッティングをしました。

本日の蔵はいろんな人が集まりました。

やぎゅう写真館の館長夫妻、

大学時代の高知の友人ファミリー、

近所の本屋さんと「棟梁」というメンバーでした。

みんなでやると準備もさっさと進みます。(セイカ)

b0052471_228326.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-06 22:08 | 蔵④号日記 | Comments(0)

5月4日(日)

この連休は実家に帰る

「棟梁」の車に乗せてもらって

思いがけず大阪に来ることができました。

おかげさまで前から欲しかったシリコンが買えました。

さらに京都まで足を伸ばして

見たいと思いながらもあきらめていた

「空海と高野山」展と三十三間堂まで見て感激です。

やっぱり間近でみる運慶・快慶の彫刻は

すごいなあ。(セイカ)

b0052471_2255270.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-04 22:02 | 旅日記 | Comments(0)

5月1日(木)

今日は足の仕上げをやりました。

膝のあたりがよりリアルになった気がします。

粘土原型もほぼ仕上がり、

明日から大阪へいってきます。

ので、3日間休蔵となります。



6日に原型の写真撮影が終わったらいよいよ型取りの

作業に入ります!!!(セイカ)

b0052471_2265647.jpg

# by ryuzo3net | 2003-05-01 22:05 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月29日(火)

今日は笠岡にある老舗写真館のやぎゅう写真館の

カメラマンの方が撮影のため来蔵されました。

実は粘土原型がほぼ終わった段階で一枚

ちゃんとした写真を残しておこうということになったのです。

今日は2回目の下見と仮の撮影。

しかし蔵の面積に対して壁画が大きすぎるため

全体が入らない…。

いろいろ試した末、次はプラン4まで用意していただくことに。

やぎゅう写真館のみなさま、よろしくお願いします!

どんな写真になるか楽しみです。

b0052471_2148553.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-29 21:47 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月28日(月)

少年の手がつきました。

とても苦労して粘土もつけました。

粘土はこの暑さで、いくらつけても前のが指についてきて困りました。

蔵にこもった冷気を逃がさないようになるべく扉を開けないようにしても

この状態なのです。

なのでここ数日のポカポカ陽気も今年は蔵からたまに覗くだけです。(セイカ)

b0052471_21472357.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-28 21:47 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月27日(日)

今日も一日のフライトを終え、笠岡市の干拓地に無事直陸。

クルーのみんなもいい人だった。(セイカ)

b0052471_21443249.jpg

b0052471_21445743.jpg

b0052471_21451111.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-27 20:43 | 旅日記 | Comments(0)

4月26日(土)

いよいよ少年の手です。

手の表情はかなり重要で、何度も作り直しました。

仮に少年の体にとりつけてみると

一気に緊張感が増してきました。(セイカ)

b0052471_21431015.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-26 22:41 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月25日(金)

膝が出来てきました。

このごろは少年も相当な重さになっているので、

動かすのにもひやひやします。

台座の植木鉢に載せて全体を見ながら作っているのですが

それも難しくなってきました。(セイカ)

b0052471_21414512.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-25 21:40 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月23日(水)

見た目にはわかりにくいですが

だんだんと作りこまれていっています。

残るは膝から下と腕の部分です。(セイカ)

b0052471_21402070.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-23 22:39 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月22日(火)

少年のヘルメットの部分もだいぶ

作りこまれてきました。

腕から背中にかけても

粘土がついてきています。(セイカ)

b0052471_21384495.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-22 21:37 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月21日(月)

今日はOH!くんでおなじみのOHKテレビのスタッフの方が

来蔵されました。

撮影はしていかれましたが、まだ取り上げられるかどうかもわかりませんし

壁画も完成までは非公開なのですが、いつか放送されたらいいなあ。(セイカ)

b0052471_21371817.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-21 23:35 | 蔵④号日記 | Comments(0)

4月20日(日)

苦労しながらも少しずつ粘土がついてきました。

いままでの粘土の固さと違うので

なかなか思うようにはかどりません。

試行錯誤を繰り返しながら作っています。(セイカ)

b0052471_2133655.jpg

# by ryuzo3net | 2003-04-20 21:32 | 蔵④号日記 | Comments(0)